2009年07月25日

今年も行きました!八千代でブルーベリー摘み(ブルーベリーファームサクライ)

おととしに初めて行ったブルーベリー摘み(→そのときのレポートはこちら)
あれ以来なび息子はブルーベリーが大好きになったようで、自分の誕生日ケーキもブルーペリーがのっているフルーツタイプを選ぶくらい!そんな彼の期待に応えるべく、今年も毎年お世話になっている「ブルーベリーファームサクライ」さんのブルーベリー園へ行ってきました!

190705-1.tenpo.JPG

場所はグリーンハウスゆのき店やJA八千代市本店がある一角の裏手あたりで、JAから歩いても10〜15分位で行けてしまいます。駐車場もブルーベリー園に数台分併設されているので、どちらにしてもアクセスしやすい好スポット!
とはいえ、普段はあまり使わない道だと思うので・・・JA方面からの道のりを撮影してきました。

190705-2.tenpo.JPG

エネオス前のT字路を右折して、右手にある一番最初の農道へ入っていきます(1)。二股に分かれる道は左へ折れて(2)、そこからは木が生い茂っているあたりへ向かって道なりにどんどん進みます。

210725-tenpo.1.jpg

森っぽい雰囲気の道を入ると、すぐ右手に黄色地の「ブルーベリーファームサクライ」と書かれた看板が見えますが(3)、ここが入口になります。ちなみに、左手のはす向かいあたりには日枝神社の入口があるのですが、車のナビにこの神社が表示されていたので城橋方面から行く際は目印になりそう。

210725-tenpo.2.jpg

出入り口は木の枝も邪魔にならずスッキリしていて通りやすいし、中の駐車スペースも芝が刈ってあって停めやすくなっています。この日は土曜日とあってかなりの大賑わい!とはいえ、完全予約制なので同じ時間帯に来る人数は制限されているから、混み過ぎて・・・なんてことはありません。

210725-tenpo.3.jpg

園内は簡単なサンダルでも気にならないくらい歩きやすいし、きちんと草も刈ってありますが、念のため虫除けスプレーをひと吹き。お昼前で日差しもかなり強くなっているので、帽子もしっかりかぶって。
さて、行くよー!となび息子に声を掛けようとしたところ、勝手知ったるわが家の如く、一目散に入口へ走りこんでいく後ろ姿が・・・。
入口は一ヶ所だけで園内は網で囲まれているので、迷子になる心配をせずゆっくり楽しめるというのもここの良いところなんですが・・・断りもなく勝手に摘み始めるのはやめなさい!
ちゃんと入って左側にある受付で、摘み取り用のパックを受け取って!

210725-tenpo.4.jpg

それにしても、このブルーベリーの成長具合には毎年ビックリさせられます。一番初期に植えたブルーベリーの木は、今年で7年目を迎えるそうですが、入口付近に並ぶラビットアイ系(黒くなる前に真っ赤に色づいている木がそれです)は背丈がかなり大きくなる品種のようで、今年は上の網にすっかり枝が届いてしまっているほど!ちなみに、列の中ほどから奥側にあるハイブッシュ系のものについては、そこまで背は高くならないようです。

ある程度成長すると、背丈は安定して横にどんどん広がってくるとのことでしたが、昨年に比べても確かに木の中心部分までの距離が伸びています。中央付近の美味しそうなブルーベリーまで、何とか手で枝をよけながら・・・という摘み方は、昨年あまりしなかったような。
とはいえ、密集度はほどほどに調整してあります。櫻井さん曰く、特に根元あたりはかなり剪定をして、粒をなるべく大きく育てるようにしているとか。

210725-tenpo.5.jpg

そろそろハイブッシュ系は終了し、ラビットアイ系が8月に向けて最盛期を迎えるということでしたが、期間中はいつも黒々とした美味しそうな実が尽きることはありません。
同じ系統でも、粒が大きく育つものや少しさわやかな酸味があるもの、実は小さめでもとにかく甘さが強いもの・・・などなど、品種によって味わいや食感が変わるのも楽しみのひとつ!

園内には15種類、450本ほどのブルーベリーが植えられているそうですが、去年はなかった18列目や囲いギリギリの外回りなどにもさらに新しい木を増やし、より多くのブルーベリーから自分好みの実を選べるようになっていました。

210725-tenpo.6.jpg
↑まだ新しい18列目は、なび息子と同じくらいの背丈!

列の中でも、奥に向かうとまた味が変わったり、粒っぽい食感だったりなめらかになったり。食べていて飽きないので、手元のパックに詰めるのを忘れてしまうほどです。
やっぱりコツは真っ黒に色が変わったものを選ぶこと!この日は特に風が強くて、下には枝が揺れて落ちてしまった実が沢山転がっていたのですが、風で取れるほどに熟したものは味がしっかりしていて美味しい!
それを再現するように、手で触れてポロッと取れるくらいのものを選んでは食べ、選んでは食べ・・・こんなに食べてもまだ口に出来るのは、後味がさわやかだからかしら。
イチゴ摘みのときよりも確実に長い時間食べ続けていたわ・・・。

210725-tenpo.7.jpg

なび息子もひたすら口に入れてました!
さすが3年目ともあって、選ぶ目もかなり肥えてきた様子。美味しそうなものを摘んでは食べて、ときどき私にも持ってきてくれます。手も全然汚さず上手に口に運んでいるし、丸ごと食べられるからゴミの心配も無し!こうやって家族で楽しめるブルーベリー摘みは、確かに病みつきになるかも。
先日も幼稚園のお子さんが沢山いらっしゃったようですが、ここなら平日でもママ友達と気軽に楽しみに来れそう!

そうそう、今年もいました。
カブトムシ!!

210725-tenpo.8.jpg

去年来たときに、なんか黒いものが上の網に点々としてるなぁー?と思って見たら、全部カブトムシだったんです!!
『ブルーベリーに敷いている木のチップに、どうやら幼虫が混ざっているようでしてね。こうして沢山カブトムシが出てくるんですよ。カブトムシのほかに、クワガタがいたりもしますよ。飛ぼうとして上の網にひっかかっちゃうと、足のトゲに絡んでしまってどうにも取れないんです。子供さんも夢中になって欲しがったりしてますが、なかなか外れなくて。』
とのことで、もし狙うならまだ飛び立つ前!
特に雨上がりの朝などは沢山出てくるようで、ブルーベリーの木にとまっているんだとか。先日も虫かごを持ってきた少年が、5匹も捕まえて帰っていったらしい!
なび息子は見るだけでも楽しかったようで、なび夫さんの肩車で観察していました。

210725-tenpo.9jpg.jpg

沢山食べて、カップにも自分の好きな種類のブルーベリーを詰めて、大満足で今回もブルーベリー園をあとにしました。
ちなみに、受付では自家製ブルーベリージャム(600円)や、すでにパックに詰めてあるブルーベリー(1パック350円、3パック1,000円)も販売されているので、ぜひこちらもチェックを!

服装を気にすることなく、何の用意をしなくても、楽しく美味しい自然体験が出来る櫻井さんのブルーベリー園はこの時期一押しのスポット!
初めての方も、ぜひ気軽に予約してみてはいかがですか?

ちなみに櫻井さんは櫻井梨園(→梨園情報はこちら)も営んでいらっしゃり、丁度梨園作業もあったりで畑に出ていることが多い時期のよう。電話予約は正午〜13時頃もしくは17時以降がつながりやすいようです。FAXならいつでも受付OKなので確実!下に添付してあるフォームでぜひどうぞ。

●ブルーベリーファームサクライ(櫻井梨園) 047-450-1598
千葉県八千代市麦丸1064-2(地図)JA八千代市から徒歩10〜15分
【開園日】火・木・土・日(7月中旬〜8月中旬)
※今年平成23年は7/16(土)オープン予定!
【摘み取り時間帯】9:00〜11:30
【入園料】大人800円、小学生以下600円(3歳以下は無料)
※制限時間は30分です。
※1パック(蓋が閉まるまで)おみやげ付き
※幼児は保護者の方同伴でお願いいたします。
※持ち帰り追加(各自摘み取り)の場合は、600円又は1,500円のパックからお選びください。
※摘み取り出来ない場合は、1パック(110g程度)350円での販売もご用意できます(予約可)。

【申し込み方法】お名前・電話番号・ご希望日・摘み取り開始時間・人数を記入しFAXでご予約(電話も可)ください。
FAX/047-459-7387、電話番号/047-450-1598
↓FAX申し込み用紙はこちら ※プリントアウトの上ご利用ください。
⇒ブルーベリーファームサクライ 予約申し込みフォーム
sakuraifax.jpg

※雨天の場合は閉園する場合がございますので御確認ください。
【贈答用】有り:110g入り5パックが収まる箱1ケースで1,800円(送料・クール代別)

〔関連レポート〕
2008年07月19日 今年も良好!無農薬栽培ブルーベリー摘み(ブルーベリーファームサクライ)
2009年07月25日 今年も行きました!無農薬栽培ブルーベリー摘み(ブルーベリーファームサクライ)


posted by やちなび子 at 00:00 | Comment(4) |  >摘み・狩り体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

今年も良好!八千代でブルーベリー摘み(ブルーベリーファームサクライ)

ようやく梅雨も明け、いよいよ夏本番!
パワーのあり余った夏休み中のお子さんにもピッタリな自然体験“ブルーベリー摘み”も、いよいよ7月19日(土)から「ブルーベリーファームサクライ」で出来るようになったとのこと、早速今年もなび息子を連れて畑へ行ってきました!
→昨年のブルーベリー摘みレポートはこちら
(畑への行き方やブルーベリー園について詳しく紹介しています。)

200719-1.tenpo.jpg

今年で2年目を迎えるブルーベリーの木々ですが、1年前に比べて背が伸びてどっしりとした印象に。
以前は畑一面が見渡せたように思えましたが、今年は丁度大人の背丈ほどまでに枝葉が伸びて、1列ごとの存在感がすごい!
その成長っぷりは、子供の頃に流行った立体迷路さながら。今日はただでさえ迷彩色っぽい服を着せているなび息子、うっかり見失ってしまいかねないわ・・・。

200719-2.tenpo.jpg

「土地が良いようで、立派に成長していますよ。あまり密集しすぎないように、これでも根元あたりはかなり剪定してあります。
収穫自体は6月位から始めてはいますが、皆さんにブルーベリー摘みを楽しんでいただくのは今日からです。ここ数日で一気にどの木も色づいてきましたよ!今の時期は粒が大きいですし、熟した実が沢山生っていますから、たっぷりと食べていってくださいね。」
こちらのブルーベリーを育てている櫻井さんご夫婦も、体験の方に混ざって出荷用のケースを片手に摘み取り真っ最中!こんなに摘んでも摘んでも、どんどんとブルーベリーは色づいていきます。なので、いつ行っても、良質な実が摘み放題!

200719-4.tenpo.jpg

下から見上げた方がブルーベリーが確認しやすいというだけあって、なび息子も立派な大粒ブルーベリーが気になる様子。
「よし、採るんだ!」
出動するなび息子、たたたー!っと好き勝手に進んでいきますが、畑全体は網で囲われているので迷子の心配は無し。
去年はベビーカーから手を伸ばす程度でしたが、今月2歳になるだけあって、一人で歩きまわって自分で摘めるほどまでに成長!
まだ赤みが残る酸っぱいのを口に入れて、慌てて手をブンブン振るなび息子。どうやら、「紫色のじゃないと甘くない!」と学習したらしく、そのあとはうまいこと熟したものをチョイスしていました。

皮も去年に引き続き、嫌がらずそのままパクパク。
私も負けじと頂きましたが、ほんとに皮なんて感じないくらい果実が柔らかく、ものすごーくさわやかな風味なんです。この甘さが特徴的で、ガムの宣伝文句が思い浮かぶほど口の中がさわやかー!になる爽快感。変に後味が残らないので、次々食べても甘さに新鮮さを感じられるんです。何というか、一口目のビールの旨さを連続体験できるような・・・(なんじゃそりゃ)。

200719-3.tenpo.jpg

前回は気付かなかった新発見がひとつ。
なんか黒いものが上の網に点々としてるなぁー?と、よくよく確認してみると、全部カブトムシ!!
しかも大きくて立派な体格。虫かごで売っているような細々としたものしか最近見かけていなかったので、ものすごい興奮してしまいました。
おおおー!メスもいるよー!!

なび息子もなび夫さんに肩車され、手を伸ばして初対面。
ほーら、これがカブトムシ。
「こぶたむひー!」

200719-5.tenpo.jpg

「ブルーベリーに敷いている木のチップに、どうやら幼虫が混ざっているようでしてね。こうして沢山カブトムシが出てくるんですよ。飛ぼうとして上の網にひっかかっちゃうと、足のトゲに絡んでしまってどうにも取れないんです。子供さんも夢中になって欲しがったりしてますが、なかなか外れなくて。ブルーベリーの木にいることもあるのですが・・・。」
カブトムシを採りに、早朝わざわざこのあたりの森にやってくる方も多いようですが、私が訪れたのは10時頃。子供にとってはブルーベリー摘みと同じくらい魅力的なカブトムシまで見れるとは!
ほぼ100%カブトムシに出会える、まさかの、ものすごーい穴場スポットです。

なかなか日差しも強く、30分もいれば十分食べられるし、すっかり大満足な様子のなび息子も帽子を取ると汗びっしょり!
市内ならほんとにちゃちゃっと来れて、何の用意も服装の準備もなく美味しい自然体験が出来る櫻井さんのブルーベリー園はこの時期一押し!ぜひぜひ予約してみてくださいね。
ちなみに今は梨園作業もあったりで畑に出ていることが多い時期、電話予約は正午〜13時頃もしくは17時以降がつながりやすいようです。FAXならいつでも受付OKなので確実!下に添付してあるフォームでぜひどうぞ。

●ブルーベリーファームサクライ(櫻井梨園) 047-450-1598
千葉県八千代市麦丸1064-2(地図)JA八千代市から徒歩10〜15分
【開園日】火・木・土・日(7月中旬〜8月中旬)
※今年平成23年は7/16(土)オープン予定!
【摘み取り時間帯】9:00〜11:30
【入園料】大人800円、小学生以下600円(3歳以下は無料)
※制限時間は30分です。
※1パック(蓋が閉まるまで)おみやげ付き
※幼児は保護者の方同伴でお願いいたします。
※持ち帰り追加(各自摘み取り)の場合は、600円又は1,500円のパックからお選びください。
※摘み取り出来ない場合は、1パック(110g程度)350円での販売もご用意できます(予約可)。

【申し込み方法】お名前・電話番号・ご希望日・摘み取り開始時間・人数を記入しFAXでご予約(電話も可)ください。
FAX/047-459-7387、電話番号/047-450-1598
↓FAX申し込み用紙はこちら ※プリントアウトの上ご利用ください。
sakuraifax.jpg

※雨天の場合は閉園する場合がございますので御確認ください。
【贈答用】有り:110g入り5パックが収まる箱1ケースで1,800円(送料・クール代別)

〔関連レポート〕
2008年07月19日 今年も良好!無農薬栽培ブルーベリー摘み(ブルーベリーファームサクライ)
2009年07月25日 今年も行きました!無農薬栽培ブルーベリー摘み(ブルーベリーファームサクライ)
posted by やちなび子 at 00:00 | Comment(0) |  >摘み・狩り体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。