2008年09月23日

キャッツアイ八千代店(ism緑が丘)

【追記情報】
※平成24年8月3日 小さいお子さん子育て中ママにとって絶好の室内遊び場だったキャッツアイから、キッズスペースが撤退!恐らく8月9日OPENのマルハンの関係だと思われますが・・・追加レポートを末尾に加えました(泣)。
※平成21年2月19日 追加レポートを書き加えました。(末尾)

アピタ跡地に「ism(イズム)緑が丘」が7月にオープンすると早耳情報のコメントで知り(→その早耳情報はこちら)、自分でも早く見に行ってみたいと思っていたんですが・・・機会を逸したまま、すっかり秋になってしまいました。

が、ようやくチャンス到来!

なび夫さんが平日に休みが取れたものの、どこにも行く予定がなく、しかも天気はあいにくの雨。それで、ようやく「じゃあキャッツアイに行ってみるか!」となったんです。
そういえば、この前入ってた地域新聞に割引チケットがついてたよねー?なんてガサガサ探して、午前中で帰るつもりで10時半頃向かいました。

200922-tenpo.1.jpg

トライアルとキャッツアイ、その他テナントで構成されている「ism緑が丘」は、1階と2階が店舗スペースで3階以上(と、平置き)が駐車場。立体駐車場に車を停めて、本日お目当てのキャッツアイへ行くべくエレベーターで2階へと降りました。キャッツアイは両階にまたがっているようでしたが、メインは2階らしい。
降りるとすぐ正面に白い壁があり、左がトライアル、右がキャッツアイ。
おー!ここがキャッツアイなんだー!

実は・・・

何となく・・・

あの原色カラフリーなロゴと猫ちゃんの看板にインパクトがありすぎて、よくある若者向けな“ゲーセン”と、(あると聞いていた)ボウリング設備が、ちょっとライトダウンしたフロアーに広がってるんじゃなかろうか?と思ってたもので。
だから、割引券を切り取るときに「どこで(誰を対象に?!)プリキュアのショーをやるんだろう?」とか、「この“レジャスポ”って、一体何なんだろう??」と謎が多かったキャッツアイ。

そんな先入観が、かえってこの最初に立ち入ったゲームフロアーに、驚きを与えてくれたのです。
わあああ!
こんなに、幼児向けのゲーム機があるんだー!

200922-tenpo.2.jpg

“いっしょにわんわん”みたいな100円入れて動く乗り物に、アンパンマンのミニフィギュアがたくさん詰まったミニUFOキャッチャー、それにメダルゲームも緑が丘イオンの4階っぽいような“じゃんけんぽん!”系なタイプがたくさん並んでます。
スペースも広々ゆとりがあるし、手前に子ども向け機器、奥側に大人向けのスロットやゲーム機器と、種類が分かれておいてあるせいかタバコ臭さがあまり気になりません。照明も子ども向けスペースはとても明るいし、“幼児をこんなゲームセンターに連れてきて!”というより、“楽しいゲームコーナーで幼児を遊ばせて見守ってる”方がしっくりくるほど。

200922-tenpo.3.jpg

メダルのサービス券を持ってきていたので交換したのですが、交換所の方も平日のこんな時間だからか普通にショッピングセンターで見かける店員さんタイプな方が、感じ良く対応してくれました。
最近メダルを投入する技を会得したなび息子、種類豊富な子ども向けメダルゲームを行ったり来たりして、大分遊んでくれました。

メダルも尽きた頃、かなり気になっていた“レジャスポ”にチャレンジ!どうやら利用するには入会手続きと、入会料がかかるようです。
・新規入会の方は入会料300円(小学生以下は無料)
・会員制のため初めての方は身分証明が必要(小学生以下は両親の身分証明書でOK、中学生以上は本人の身分証明書)
※身分証明として扱えるもの/免許証・保険証・学生証・社員証・住民票・印鑑証明・障害者手帳・年金手帳・パスポート・住民基本台帳カード
・入会手続きは設置されている専用端末から入力し、受付にてカードを発行。カードは1歳以上から入場者全員が作成する。


200922-tenpo.4.jpg

早速なび夫さんが私たち家族3人分の入力をし(氏名や生年月日、住所など結構細かく入力します)、タッチパネル端末から出てきたレシートを手にレジャスポ入口にある受付へ向かいました。入会料を支払い、ネックストラップに入れてくれたカードを首から下げれば入場準備完了!
なび息子も、やや長すぎるストラップを気に入った様子で下げながら、一目算にフロアーへと駈け出していきました。待ってー!

レジャスポは時間単位の課金制。
10分滞在で大人は90円、1歳〜小学生未満は半額を、帰る際に清算することになっていて、中にある普通は有料のゲーム機器などもすべてノーコインで操作可能!
ゲームセンターにあるような体験型ゲーム機器や、子ども向けの100円乗り物などが所狭しと並んでいる奥には、22レーンもあるというボーリング場が見えました。これも無料で出来ますが、シューズなどのレンタル料金は別途かかります。

200922-tenpo.5.jpg

レジャスポをうろうろしてたら発見!
ボウリング場の右奥にあった0歳〜小学校低学年向けの「キッズパーク」は、かなりの衝撃具合でした!

200922-tenpo.6.jpg

キッズパークの床全域に、やわらかいクッション素材のマットが敷かれていて、靴を脱いで入場するようになっています。すぐ正面に広がるスペースには、思いっきり騒げそうな“キッズまるたファイト”という厚みのあるマット広場やふわふわドーム、そして大人がゆったり座れるマッサージチェアに雑誌が用意されていて、もうそれを見ただけでも「こんな場所があったんだー!!もっと早くくればよかったー!」と後悔しきり。

200922-tenpo.7.jpg
※すみません、なび息子がよじ登ってますが、このまるたファイトで対戦出来るのは6〜10歳だそうです。

さらに奥には大型の滑り台の下に広がるボールプール遊具やら、置き並べられた秘密基地のようなハウス、トンネル遊具や3歳以上向けの三輪車サーキットなどなど、思いのほか広々としたスペースが!
0〜2歳が安心して過ごせるよちよちスペース、そして授乳コーナーまでもが用意されていました。お手洗いはキッズパークを出てすぐ左にありましたが、ここもとってもきれいで個室それぞれに余裕があるし、オムツ替えコーナーのある個室も広々!

もうここに入ったら、しばーらくなび息子は出てきてくれませんでした。汗びっしょりになりながら、いつの間にか少し大きなお兄ちゃんとボールプールへどーん!と滑り台からなだれ込み、大笑いして夢中で遊びまくってました。
ユーカリが丘にあるユーキッズ並みに動き回れるし、これはママ友達に次回集まりの場所としてご報告しなければ!!ユーキッズのほうが終日いたときにはずっと安上がりだけれど、ここならゲームとか乗り物も楽しめるし、何より八千代だから近い。

200922-tenpo.8.jpg

レジャスポ内には、ゲーム以外にもラウンドワンのスポッチャみたいなコーナーがありまして、卓球ができるコーナーの前にはフィットネスコーナーまでも!
あ、あれは!!
一度やってみたかった“10分乗ってるだけで燃焼される”マシーンだ!金魚運動みたいな横にスライドするマシーンもある!
フィットネスらしく、ランニングマシーンやエアロバイク、血圧を測る機械も用意されています。さらには、ゲルマニウムなんちゃらが出てたりする、癒し系マッサージチェアまで列をなしてます。

退場する前に、プリクラでも撮ろうかと思いましたが故障中のため断念。結局40分の滞在で、小学生以下無料の割引券も使って、家族3人で計720円也!

すっかり調子がのってきた私たち。
このまま帰るんじゃ物足りないし、カラオケにも寄ってみようか!

200922-tenpo.9.jpg

ここもまた料金設定がお安い!
平日10:00〜17:59までなら1時間たったの70円!小学生未満は無料で、しかも今日は地域新聞の割引券でさらに半額に。
ちなみに、ここのカラオケ(さらに言えば、隣接されているインターネット・コミックカフェ やすらぎくらぶも)を利用するには、だれか代表者1人がさっきの会員カードを提示しなければいけないので、もしレジャスポに誰も入ってない場合は入会登録が必要があるようです。
※金額設定など詳細はこちら→http://www.hku.co.jp/yachiyo/#ls
そうそう、機種は“ハイパーJOY WAVE”と“プレミアDAM”から選べて、また部屋も通常タイプに加えてキッズルームと禁煙ルームがあります。

200922-tenpo.12.jpg

キッズルームへ案内していただいたんですが、この部屋は靴を入口で脱いで上がるようになってます。中央には簡単に持ち運べるくらいのローテーブルがあり、低いソファと子ども用のミニチェア、さらにブロックのおもちゃが隅に用意してありました。
キッズルームに限らず、どの部屋も壁掛けの大型テレビのようです。この画面を目の前に、床に座り込みながら自宅さながらのくつろぎムードでカラオケが楽しめるっていうのは、なかなか!

丁度お昼だし、簡単に食べれそうなおつまみプレート(780円)と、つい食べたくなったジャンボはちみつバニラトースト(530円)も注文しつつ、カラオケを楽しみました。

200922-tenpo.13.jpg

最初はなび息子が歌える曲を中心に入れてましたが、途中で飽きたなび息子はブロックをつなげるのに夢中!その間、ひっさびさに夫婦そろって歌合戦!!
「なにその曲!知らないよー。」
「最近のランキング上位のやつをどんどん入れてみたんだけど。お!サビなら歌える!」
「ああああ!まって、私これ歌いたい!」

どんどんカラオケにはまる二人。
気づけば、いつの間にか14時近くに!
それでも、カラオケの代金は大人2人で280円よ。ワンドリンクの強制もないし、歌だけ歌いにくるならタダに近いわね。
そうそう、それと家に帰ってきて気づいたんですが、その場で誰もタバコを吸ってなくても、どうしてもカラオケ行くと服の臭いが気になるんですが・・・さすが完全禁煙の部屋だけあって、全く無臭!

せっかくなので、帰りにトライアルも寄って行きました。

200922-tenpo.10.jpg

トライアルは2階がホームセンタータイプで、1階が生鮮食品や日用品が置いてある、いわゆるスーパーになってます。
2階は寝具用品やカーテン、衣装ケース系はニトリっぽくもあり、100均より安い70円台で買える男性用黒ソックスや、激安女性下着などからは“しまむら”や“サンキ”の香りも漂い、ジョイフルとホームピックを掛け合わせたようなホームセンターっぽさもあり・・・。

電池も激安!
布やフェルトなど手芸用品も激安!
探しようによっては、かなりお得な買い物ができそうです。

なんか、ぱーっと見ただけでも、とりあえず一通りのものが安く手に入りそう。ちゃんとメーカーのものもあるし、陳列もきれいにまとまってて見やすいし、通路幅にもゆとりがあるし。
ちなみに、2階で販売しているような生鮮食品以外のものなら、3,001円以上からサービスカウンターでカード払いも出来るそう。

エスカレーターで1階へ降りると、そこはまさにアピタそのもの・・・。ああ、何だかこの階段の緑色や鏡の感じが懐かしい。
生鮮食品も、銚子直送のサンマ(口先も黄色で目も澄んで、はなまるで言ってたポイントを全部押さえた新鮮タイプ!)が1匹70円ちょっとで買えたし、これからの時期によく使うカセットボンベも3本入りで超安くて即かご行きだったし、大好きなふわふわプリンシリーズも98円でゲットできたし!

結局車に戻ったのは15時半になってました。
午前中で帰ろうなんて思ってたのはずが、すっかり1日ここで満喫しちゃったじゃん!
うーん、かなり楽しめました。
今度はなび息子と二人で、ひっそりレジャスポ&カラオケコースを実行するかー!

【追加レポート】
平成21年2月19日

トライアルが1階全域に拡大されて、キャッツアイのほうも改修が入ったようです。先日遊びに来た時にキッズパークがリニューアルのため一時お休みをしていて、どんな風に変わったのか気になったこともあり行ってきました!

210219-tenpo.1.jpg

今までキッズパークはレジャスポの右奥あたりにありましたが、今度は入口からすぐ左側!なび息子を連れていくにも、ゲームコーナーの中を抜けて行かずに済むので、寄り道がなく楽ちんです。
また、今まではL字の敷地に色々な遊具がレイアウトされていたのですが、それが一面の中で全て納まっているので、目も届きやすいし親もよりゆったり座っていられるようになりました。

210219-tenpo.2.jpg

大型遊具も、ボールプールのあるすべり台や、プロレスみたいなリング状になっているふわふわなどはそのままに、加えてすごーく長くて思いっきり走れるくらいのロングふわふわや、中に入って転がれる遊具などが新しく出来ていました。なび息子も何度往復したか?!
その分、三輪車でぐるぐる出来るようになっていたスペースは無くなってしまいましたが、こっちの方が子供的には駆けまわれて楽しいかも。

210219-tenpo.3.jpg

そうそう、0歳〜2歳位までのよちよちスペースも一緒に並んでいるので、兄弟を連れて遊びにくるお母さん達には、さらに使いやすいレイアウトになりました。
よちよちスペースにも遊具が増えて、どの子も一度はハマるビーズコースターなども設置。そして隣接したスペースには、おままごとが出来るスペースや木製の電車あそびコーナー、ブロックプール?などなど、駆けまわるだけではなくお部屋遊び的なものも追加されています!

この日は1時間のセット料金で入場したんですが、2時間でも十分遊べたかも・・・。ちなみに、セット料金は、子ども2人までプラス大人1人で1時間なんと270円!チラシに付いていたクーポンを利用しましたが、携帯メール会員になると今なら毎回この価格で利用できるそうなので、早速登録してしまった!
まだまだ寒くて、なかなか日中思いっきり外遊びがさせられないので、こういう施設は本当に助かります。どうか、つぶれないで〜!
※携帯メール会員についての詳細はホームページに掲載されています。→http://www.hku.co.jp/yachiyo/

帰りは、トライアル1階でお買い物。
やっとゲットしましたよー!幻?のホテルブレッド!
1斤249円と一見高めな印象もありますが、12時〜12時半焼きあがり予定の看板前には、既に5名も並んでいます。ただ今12時5分・・・え?パンに並ぶの?!じゃあ私も並んでおこう・・・。
12時20分頃には、私の後ろに10名ほど!ええええ?!

「あと1分で焼きあがりますよー!」

というおばちゃんの声に、ついカートを持つ手にも力が入ります。どんな感じでもらうのかしら、前の人は手に袋をもっているけど、用意したほうがいいのかしら??

いざ!
トレーにパンが乗せられて登場!!
パンはきれいにビニールに入れて乗せられています。それを見て、袋を元に戻そうとする前の方々・・・。以前はきっと袋に各自入れていたのかもしれません。
トレーに乗っているパンを、1斤ずつ前の方から配っていくおばちゃん。やちなびライフで聞いたいた「おじさんが横から割り込んで素手で掴んでいく」といったような混乱ぶりもなく、静かに配給は進められていきました。

でも、トレーの上には4斤だけ。
私には回ってきませんでしたが、すぐそのあと8斤ほど持ってきて無事私もパンを入手できました!

印象は、とにかく大きい!!
1斤じゃなくて、2斤分です。ロングサイズの山切り食パンは、ずっしりしてますが、焼き立てだけあってふっわふわ!!あーん、このままかぶりつきたい!!

家で早速開けてみました。

210219-tenpo.4.jpg

お店で見たよりも、持ち帰る途中で少し片側に寄ってしまったみたいで長さが縮んでしまった感じですが・・・でもそれでも大きい!これで249円でしょ。安ーい!!

210219-tenpo.5.jpg

焼き立てフワフワを切り分けるのは大変でしたが、何とか4枚に。
風味はとにかく甘ーい感じで、皮の部分も中もふわふわしっとり!どこのパンに似てるかなぁ?キメはそんなに細かくないので、リヨンベールとかの繊細なパンとはまた違うし、ラパスの方がもう少しもっちりしてるかな?
この柔らかさは八千代中央のベルに近いかも。どうかな??

まあ、そんな感じでパンも楽しみつつ、なび息子も十分楽しめるキャッツアイ&トライアルでした。そうそう、コメントに「カラオケにキッズ専用部屋がなくなった!」とありましたが、先日行ったときにはありましたよ!

【追加レポート】
平成24年8月3日

少し前に「キャッツアイに行ったら子供の遊び場がなくなってた」という話を聞きました。
確かに最近お店からのメールにもレジャスポ情報からキッズスペースのお得な価格の内容が消えていたので、気になっていたのですが・・・久々に子供たちがカラオケに行きたい!というので足を運んでみたら、大変なことに!!!

240803-1.tenpo.jpg
↑ エレベータで2階に降りたら、以前レジャスポのキッズパークがあった場所にゲーム機がどどーんと占領!面影が一切ありません・・・。

240803-2.tenpo.jpg
↑ 2階にはキッズパークの隣りにやすらぎくらぶ(まんが喫茶)とゲームコーナーがありましたが、そこのスペースにマルハンが入るようです。すっかり白い壁で遮られて、フロア真っ二つ。ゲームコーナー部分がそのままスライドしてきた感じです。ちなみに写真に写っている「てんがらラーメン」というお店の手前にマルハンの入口があります。

マルハンは8月9日オープンだそうです。
⇒詳細のページはこちら
なるほど、パチンコ店が入るとなるとちょっと雰囲気も変わりますね・・・。
今まで気軽に足を運んでましたが、カラオケ目的とはいえ子供を連れてはちょっと来にくい印象も。
少し客層が変わりそう?

240803-3.tenpo.jpg
↑ 外ではマルハン看板を設置中でした。

ううう、暑い夏休み、お世話になろうと思っていたのに・・・。
安くて楽しい貴重な室内遊び場がなくなるとは、超残念です。
ちなみに完全に子供スペースがなくなったわけではなく、以前からあったフードコート的な場所の奥に少しだけ遊べる場所は残っています(無料)。

240803-4.tenpo.jpg
↑ レジャスポの受付が無くなり行き来が自由になったので、飲食用スペースは以前より広め。

240803-5.tenpo.jpg
↑ 前にキッズパーク中央にあった木製滑り台・・・。あー!超ショックー!!

カラオケの場所やボーリングの場所は変わっていません。
奥にあったビリヤードやダーツの場所にもゲーム機が並び、ボーリングと(今までキッズパークがあった場所にある)ゲーム機の間あたりにビリヤードが移っていました。
やすらぎくらぶ的な漫画喫茶スペースも撤退したようです。

240803-6.tenpo.jpg

カラオケは平日一人30分70円!
未就学児の子供たちは無料だし、ドリンクバーも部屋代+280円で付けられます(これも私一人の料金)。

キッズルームは健在!2部屋あります。
子供たちをカラオケに連れていくと、なかなかマイクを離しません・・・。なび長男はワンピースやらポケモンやらプリキュアやら、電車おたくのなび次男は新幹線のでてくる歌を次々に歌い倒しました。
歌に飽きておもちゃで遊び始めてからが、私のカラオケ練習タイムー!
まだまだ長い夏休み、ストレス発散です。

240803-7.tenpo.jpg
↑ 丁度お昼だったので、白湯ラーメン(400円)を。結構スープがくせになる美味しさ。

そんなこんなで、結局2時間過ごしましたが部屋代280円だもの。
(ちなみに時間は事前申告制ではないので、受付から電話がかかってくることもありません。その場の雰囲気であと30分で出よう!など決められるのが嬉しい。)
水曜日のレディースデーならさらに安い!
でもなぁ・・・、マルハンがオープンしたらもっとここのスペースに来にくいなぁ。

まあ、この安さにつられて、また子供たちとカラオケ来ちゃうだろうけれどね。
それにしても、ほんとにショックー!

●キャッツアイ八千代店 
千葉県八千代市吉橋1851 ism(イズム)緑が丘店内(地図
【営業時間】
★レジャスポ(ボウリング・ビリヤード・ダーツ) 24時間営業(047-480-0272)
★カラオケ(047-480-0271)
月曜日〜木曜日/11:00〜翌3:00
金曜日・祝前日/11:00〜翌5:00
土曜日/10:00〜翌5:00
日曜日・祝日/10:00〜翌3:00
★ゲーム 10:00〜24:00(047-480-0231)
※レジャスポ及びカラオケは完全会員制。初回は入会金100円と身分証明(免許証、保険証、学生証)が必要です。
【駐車場】有り・無料
【ホームページ】http://www.hku.co.jp/kantou.html
※八千代店の詳細情報→http://www.hku.co.jp/catseye/yachiyo/

●TRIAL(トライアル)八千代店 047-480-0039
千葉県八千代市吉橋1851 ism(イズム)緑が丘店内(地図
【営業時間】24時間 ※2Fサービスカウンター、家電、ゴルフ、釣具、カー用品のみ9:30〜25:00
【ホームページ】http://www.trial-net.co.jp/store/index.html?store_dtl=102


posted by やちなび子 at 00:00 | Comment(10) | ◆閉店・サービス終了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

イベント満載!八千代ハウジングステージ

16号線の中でもラウンドワンやフルルなどに囲まれた、賑やかな村上団地入口交差点。この一角に、数年前から住宅展示場「八千代ハウジングステージ」が設置されているのですが、毎月のように週末色々なイベントが開催されているのをご存知ですか?
もちろん“展示場を見てもらう”という狙いのもと、集客のために企画されているというのは重々承知のうえですが・・・チラシの内容を見ていると、結構面白いイベントが毎回用意されているので、どんなものか一度行ってみたいなぁとは気になっていたんです。

190605-1.tenpo.JPG

ちなみに、過去には一時テレビでも頻繁に取り上げられていた「わんわんサーカス」という犬のサーカス団が来たり、占い師(風水師?)が無料で占ってくれるというイベントがあったりと、ショッピングセンターのイベント広場に負けず劣らずの企画が!

今月は先週6/2(土)から今週末6/10(日)にかけて「ファミリーハッピーフェア」と銘打って、家族で楽しめるイベントやプレゼントを用意しているんだとか。特に毎回日曜日に、ビッグイベントが集中するらしく、先週日曜日には「ウルトラマンタロウと遊ぼう!」という企画が予定されていたんです。

へー、ウルトラマンタロウが来るんだって!なび息子って、まだそういうショー系のイベントに連れて行ったことないけど、どんな反応するんだろう??
自分が小さい頃は、弟と一緒に“科学戦隊ダイナマン”や“宇宙刑事ギャバン”にハマり、両親に連れて行ってもらった思い出がありますが、確か弟は物心がつくかつかないかくらいで既に虜になっていたような・・・。
分かるか分からないかは微妙ですが、折角子供がいるんだし、こういうイベントに合わせてだったら展示場にも足を運びやすいし!なんて、思い立ったように村上へと向かってみることに。

190605-2.tenpo.JPG

以前は5棟ほどの規模でしたが、最近2棟増えたそうで合計7メーカーのモデルハウスを見学することができる展示場になっています。それらの総合案内所として設けられているのが、丁度交差点から見える「センターハウス」というピンク色の建物でして、まずはここに隣接したテントに寄って“アンケート抽選会”を済ませました。

190605-3.tenpo.JPG

アンケートは○をつけていくだけの簡単なもので、この八千代ハウジングステージを知ったきっかけや、マイホーム計画についてなどの内容が計8つほど質問されます。
これを書き終えて渡せば、ガラガラを一回まわすことができ、見事当たればプレゼントがもらえるそう!
ちなみに今回は1万円相当のカタログギフトが目玉商品。当たりがでなくても、参加賞としてもれなくキッチングッズがいただけます。
(結果は白玉。なーんだ!ハズレかー。)
また、このアンケートに答えた方にと、フード&ゲームサービスが出来る“お楽しみチケット”も頂きました。

190605-4.tenpo.JPG

さらに、ご希望の方にと、八千代ハウジングステージの各メーカーが提案するオリジナル間取り集をプレゼントしてくれました。これには、30坪・40坪の暮らし方提案や、メーカー厳選の推奨プラン、さらに家具などの配置を考えやすいクリア定規までセットされた厚みのある内容で、まさに住まいプランを考えようとしている方にはとても参考になる資料!

190605-4.5.tenpo.JPG

まずは日に3回、11時・13時・15時から予定されているウルトラマンタロウをチェック!到着したときには、次の13時まで時間があったためか閑散としていたハウジングステージの中央広場ですが、続々とブルーシートに子連れファミリーが集まりだし、気付けば5分前にはほぼ満席状態になっていました。

190605-5.tenpo.JPG

ウルトラマンタロウって、今の子供は知らないんじゃないかと思ってましたが、意外や意外!集まった子供の手に握られているのは、タロウ人形じゃないですか。
まだまだ円谷プロは健在なのね。

190605-6.tenpo.JPG

そして13時直前になると、司会のお姉さんが前振りを始めだしました。
「いよいよタロウやってきます。みんなタロウ知ってるかなー?」

「知ってるー!!」

屋根のない場所でのイベントなので、日射病にならないように帽子やタオルなどを被せるように注意がなされたり、ブルーシートにきちんとお座りして駆け寄ったりしないと子供たちとお約束を交わします。

そして13時!
「みんなで呼んでみたいと思います。」・・・ドキドキ。

「ターローウー!」

190605-7.tenpo.JPG

なび息子、初めての経験に目が白黒。
目の前の銀色スーツに身を包んだヒーローに、もう釘付けです。

そして突然、ウルトラマンクイズ大会が始まり出しました。
「ウルトラヒーロー イントロクイズー、第1問!!」の掛け声とともに流されるのは、お馴染みの頭出し“♪タタタターン、タタタターン、タタタターン!!”

「はーい!」「はーい!」「分かったー!!」

「はい、じゃあその紺色のお洋服のきみ、前へ出てきてください。」

190605-8.tenpo.JPG

「ウルトラマンの歌です。」
「正解ー!!」という答えに、ほっとしながらすごく嬉しそうな笑顔を浮かべる男の子。何ともほほえましいその姿に、数年後のなび息子を重ねてしまいます。

「ウルトラヒーローの中で、誰がイチバン好きかなー??」
本日の主役タロウも、隣で期待しているのでしょう。肩を抱いて、その光る目をあたたかく男の子に向けている、そのシチュエーションで出てきた答えは・・・。

「メビウス!」

しーん。(ちょっとのけぞるタロウ。)

「・・・そうだね!メビウスはタロウの教官だもんねー!」
さすがお姉さんです。速やかなフォローで、タロウの面目を保ってくれました。

クイズやら踊りやらが続くなか、さすがに少々飽きてきたらしいなび息子。・・・やっぱりまだ早かったか?!
ぐずつき始めたので、ちょっと気分転換にフード&ゲームサービスコーナーへと移動することにしました。ハウジングステージの駐車場を越えて、2棟のモデルハウスに挟まれた場所に設けられたテントで配布していたので、アンケートの場所で頂いた黄色いチケットと交換してもらいました。

190605-9.tenpo.JPG

たこ焼きだったりクレープだったり、イベントによって毎回違うそうですが、今回は「あさりご飯」のサービス。前にテーブルが何席が用意されているので、そこで休憩しながらいただきます。
そんな私をよそに、なび息子が夢中になっているのは今回のゲームサービス「ガチャポンつり」のコーナー。

190605-10.tenpo.JPG

はいはい。
ヨーヨーすくいのプロと言われたお母さんが、ちょいちょいと取ってあげましょう!
ちょっと自信のあった私、頂いた紙縒りの先についた針がねを、ガチャポンについた輪ゴムへと引っ掛けて引き上げようとしました。が、その瞬間!余韻に浸る暇も無いほどすばやく、いつの間にか針がねはいずこかへ・・・。
「えええー!何その失態!??」
と、言わんばかりに見つめるなび息子。ごめんよ、ゲット出来なかったよ・・・。
どうやら、ガチャポンの中に水がたくさん溜まっているものを選んでしまうと、重くてとても引き上げられるような状態じゃないようです。なるほど、ガチャポンのカプセルに穴が空いていることを把握していれば!!

190605-11.tenpo.JPG

無念にも、戦利品ゼロでセンターハウス前まで戻ってみると、すでにタロウショーは終盤に差し掛かっていました。イベントの目玉となっている“タロウとの握手&写真撮影”がピークを迎え、多くのファミリーが一列に並んでいます。

190605-12.tenpo.JPG

私もタロウ&なび息子の写真が撮りたい!
ですが、今なび息子が落ち着いている間に、折角なので何軒かモデルハウスにも寄ってみたかったので、列に並びたいのをぐっと堪えてセンターハウスの中へと入っていきました。

190605-13.tenpo.JPG

ここは展示場の総合案内、住宅セミナーや相談会の開催、住まいの関する情報発信など、様々なサービス機能を持った多目的スペースです。お手洗いやジュース自販機などもあり、休憩場所としても利用することが出来ます。
モデルハウスへ直接足を運んでももちろん大丈夫ですが、初めての方はまずここへ立ち寄ってみるのがオススメな見学ルートだそう。7棟もあると、一気に見ようと思ったらかなり大変!ポイントを絞って、気になる場所を効率よくチェックするには、こちらに置いてある各住宅のパンフレットにまず目を通すのも手だとか。また、センターハウス1階に設けられた受付カウンターでどんなモデルハウスが用意されているのか概要を確認するという使い方もできます。住宅それぞれの詳細は、各モデルハウスにいらっしゃるメーカーの方にお伺いするのが一番ですが、その前段階の案内役としてセンターハウスにも女性の方が座っているそうです。

このセンターハウスの2階スペースでは、定期的に企画されている住宅セミナーや、住宅に関する相談会などが行われたりもします。

190605-17.tenpo.JPG

このスペースは事前に予約をすれば無料で貸してくれるそうなんです!
地域のサークル活動やクラフト教室などから、もっと個人的な用途としてママ友達・子供達の交流の場、子供のお誕生会・・・などなど様々な目的で利用させてもらえますし、時間も空いていれば10時〜18時の開場時間内で好きにお借りすることも可能だそう。ただ、用途が適切かどうかも含めて時間の都合を確認する必要もあるので、必ず事前に予約(出来れば1週間前、空いていれば前日も可)をしてくださいとのことでした。
そういう地域開放をしているだなんて、今回初めて知りました。室内はとてもキレイで、長テーブル&イスも揃っているし、色々と利用出来そう!!
【追加情報】
※平成20年12月末で2階スペースの貸出を終了しました。


さて、こちらの住宅展示場で見学できるモデルハウスというのが、次の7棟。
センターハウスの左右、そして向かいにあるのが、写真左から「旭化成へーベルハウス」「パナホーム」「一条工務店」です。

190605-14.tenpo.JPG

こちらは、フード&ゲームサービスが行われていた一角に建てられている「積水ハウス」と「ダイワハウス」。

190605-16.tenpo.JPG

そして最後に、ウルトラマンタロウのショーが行われた広場の先にある「桧家住宅ちば」と「住友林業」の2棟です。

190605-15.tenpo.JPG

機会があったら、「八千代の住まい情報(こちら)」の中でそれぞれの特徴についてレポート出来ればと思っているのですが、とりあえず今回は外観写真だけのご紹介です。

住友林業のモデルハウス隣では、イベントのひとつとして用意されているコーナー「大多喜ガス 最新ガス機器実演」がありました。
ここでは、最近めざましく進化しているガス関連機器の実物が何点か持ち込まれ、直接触れたりしてその機能を見ることができるようです。

190605-18.tenpo.JPG

ガス機器と聞くと、ついガスコンロをイメージしがちですが、最近ポピュラーになりつつある浴室暖房機付き乾燥機に付加機能として用意された「ミストサウナ」なんてのもガス機器のひとつ。
展示品は新築設置用で、天井の吹き出し口から霧のような水蒸気がぼわわわわー!!!と勢いよく出てきているところへ、小窓から手を入れることが出来るようになっています。思いのほか熱い!

「吹き出し口は60度の水蒸気が出てるんです。この見本は吹き出し口からかなり近い位置に小窓があるのでちょっと熱めですが、実際にご利用になる場合は、浴びる位置で40度くらいの適温になるよう設定されているので安全ですよ。」と、ご担当の方が説明してくださいました。
イメージ的に、何だかお風呂場がカビてしまいそう・・・なんて口走ってしまいましたが、使用後は浴室乾燥をつければ大丈夫とのこと。特に寒ーい冬のお風呂場では、このミストサウナがかなり心地よいようです。

さらに、自分で電気をつくって、その熱でお湯を沸かすという環境にやさしい給湯器「エコウィル」の説明も。学習機能がついているので、さきほどのミストサウナを使う前くらいに電気を作り出して、そこで発生した熱を利用して浴室暖房をかけたりも出来るらしい!
うーん、オール電化がもてはやされていますが、最近はガスも家計&環境に優しいみたいです。

他にも、操作盤やガラストップが美しい「ピピットコンロ」の実演を拝見。
うちも実は実演機器とは別のメーカーのピピットコンロを使っているのですが、ここのはもっと最新型!どのコンロもセンサーがついていて、鍋をどけると火が弱火になったり、ボタンを押し込むだけで簡単に火がついたり・・・。簡単に火がつくけれど、その分ロック機能などの安全装置が充実していたりと、見れば見るほど買い換えたくなるようなその仕様!!

190605-19.tenpo.JPG

さらにグリルを最大限に活用できる自動操作ボタンの紹介もしてくれました。魚は切り身を何切れとか設定すれば、後はふっくらジューシーに焼き上げてくれるので、イチイチ中を確認したり、魚にさえ箸をグサッと指して中身を確認したりする必要がないそうです。また、魚だけではなく、グリルをオーブンと同じ感覚で使うことも出来ると実演してくれました。
クッキーやパンが簡単に、しかも短時間で焼けてしまうそうで、シュガートーストやホットドックを乗せて、焼き上がりの様子を見せてくれます。その時間、わずか2〜3分!あっという間に焦げ目がつきました。

190605-20.tenpo.JPG

出来上がった料理は、試食品としてお皿へ乗せて食べさせてもらえました。ほんと、パン生地もふっくら仕上がっていて美味しい!
もちろんピピットコンロでなくともグリルで同じように調理が出来ますが、その火加減や時間調節などがより簡単に、そして確実に仕上げられるという点でも、この最新機器は魅力満載!

タロウに惹かれて足を運んだ八千代ハウジングステージでしたが、モデルハウスにガス機器、さらに住宅関係のパンフレットなどなど、色々と勉強させてもらえる展示場でした。さすがに7棟全部は回りきれませんでしたが、こういったイベントに合わせて一度来たので、平常営業のときにも、今までよりは気軽に立ち寄れそうです。

夢を運ぶモデルハウス・・・。
そんなに広い敷地に家は建てられないし、本当に同じようにはなかなか建てられないかもしれないモデルハウス・・・。

でも、そのメーカーの良いところが最大限に引き出された建物は、現地の販売物件を見る時の現実感溢れる感じとはまた違って、いいなぁ、いいなぁ・・・と夢心地のひとときを過ごせる場所でした。

新築なんて、買う予定もたってないし、全然縁遠いかもしれない。
なのに、勧められたらどうしよう・・・。
そんな思いもあって立ち寄るのに気が引けていた展示場でしたが、こういうイベントに合わせて立ち寄ると、思ったよりも気軽に覗くことが出来ました。

タロウ、来てくれて助かったよ!

●総合住宅展示場 八千代ハウジングステージ 047-480-6211
千葉県八千代市村上4013-1(地図)R16・新川大橋通り村上団地入口交差点角、東葉高速鉄道「村上駅」から徒歩約3分
開場時間/10:00〜18:00(年中無休)
駐車場/有り(無料・場内23台、満車時は場外にも用意)
ホームページ/http://www.housingstage.jp/yachiyo_gaiyo_fs.html

〔八千代ハウジングステージ イベント情報〕
※イベント情報→http://www.housingstage.jp/eve_yachiyo.html
※セミナー情報→http://www.housingstage.jp/sem_yachiyo.html
posted by やちなび子 at 00:00 | Comment(0) | ◆閉店・サービス終了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

アロマ全身トリートメント体験!リフレクソロジーサロンheal

H23.5月に残念ならが営業終了となってしまいましたが、大人気の手作り石鹸は引き続き販売しています。ホームページも9月から石鹸販売用にリニューアルされていますので、気になる方はチェックしてみてくださいね!
このレポートでも最後のほうに手作り石鹸について少し触れています。

【ホームページ】http://heal.1bandesu.com/

フットリラクゼーションのお店としてオープンした、村上駅から徒歩4分のリフレのお店「heal(ヒール)」(前回のレポートはこちら)でしたが、今月16日から全身コースが新たに追加されました!
このコースは全身にアロマオイルを使ってマッサージするんだとか。服の上からなら、頭から足先までのマッサージは何度か体験したことがありますが・・・やっぱり、パンツ一丁かな?
興味はあるものの、ちょっと初めてのタイプなので少し抵抗が・・・。けれど1月末までなら、9,000円するフルボディコースがお試し価格で5,000円!うーん、なかなかフルボディでこういう値段に出会うこと自体そうそう無さそう。そのお得感に惹かれて、とりあえず予約の電話を入れてみました。

なび子:「全身のアロマトリートメントをお願いしたいんですが、今授乳中なんです。産後4ヶ月半くらいなんですが、大丈夫ですか?」
ヒール:「産後は2ヶ月以降でしたら大丈夫ですよ。授乳中の方でも施術を受けられますし、アロマによっては母乳の出が良くなるものもあるんですよ!ところでなび子さんは、敏感肌でしたよね?」
なび子:「そうそう、アトピー持ちで・・・。今は気になるような感じでもないんですが、受けても平気ですか?」
ヒール:「アレルギーをお持ちの方や敏感肌の方には、念のためパッチテストをおすすめしています。施術させていただく前に、腕の内側などに使用するオイルを少し塗りまして、約24時間後にアレルギー反応が出ないか確認するものなんですが・・・いかがいたしましょうか?」
なび子:「あ、でもアロマオイル自体は先日も使っていただきましたし、パッチテストはしなくて平気です。ひどくかき崩してたりしなければ大丈夫そうですよね。」

気になることを電話で確認し、いよいよ予約当日再び村上へ行ってまいりました。はたしてパンツ一丁マッサージは、どんな感じなのか・・・?!

181218-1.tenpo.JPG

お久しぶりです!と迎えてくれたオーナーさん。今回も施術に入る前に、注意事項の説明や使用するアロマ選びなどから始まりました。ちなみに、受付表は前回書いているので今日は書きません。必要な事項は、会話から聞き取って手元に用意した私の受付表へ追記しているようです。

「前回リフレクソロジーをお受けいただく前に、なび子さんの健康状態を確認させていただきましたが、今回は全身へのトリートメントとなりますので若干項目が増えています。項目に該当するものがないか御確認ください。」

■行ってはいけない方
・出血性の傷や化膿している傷がある時
・感染症がある時
・通院中の深刻な病気がある場合(伝染病・心臓病・てんかんなど)
・妊娠中の方
・発熱している時
・日焼け直後
・炎症、アレルギー皮膚炎
・捻挫
・食直後
・長いフライトの後

どれも該当しないので大丈夫!
今日はアロマ全身トリートメントのフルボディコースでお願いしようと思っているんですが・・・。
「フルボディは、背中から始まって肩→腰→足→腕→おなか→デコルテ→首、そして頭までの全身を、体調に合わせてお選びいただいた精油を使ってマッサージしていくコースです。
マッサージ自体の効果として、体の血液やリンパ液の循環を良くすることで身体の緊張を解きほぐし、滞った水分や老廃物の排出を促すということがありますが、これにアロマを利用することで、精油とタッチングの相乗効果が期待できるんですよ。アロマの香りは鼻から、タッチングは皮膚感覚を介してそれぞれ脳へ心地よい刺激を与え、これが心身のバランスを整えてくれるので、日常のストレスを自然な形で取り除くことが出来るんです。」

今回私が希望した「フルボディコース」は90分(9,000円)ですが、特に気になる部分を4〜5ヶ所重点的に施術してもらう「セレクトコース」50分(5,000円)という少し短めのコースもあります。逆に、フルボディにリフレクソロジーを30分プラスした「フルボディ+リフレクソロジーコース」120分(12,000円)という、ゆったり至福のひとときを堪能できる長めのコースも。さらにオプションで、フェィシャルトリートメント10分(1,000円)をどのコースにも追加することができるそうですよ。

さて、コースが決まったので使用する精油を3つ選びます。前回はお悩み別で4タイプに精油が組み合わされたものからチョイスしましたが、今回見せていただいたのは精油がずらりと20種類近く一覧になったメニュー!精油それぞれ作用と適用(効能)が書かれているので、それを参考に自分に合ったものを選んでいきます。
そう言えば、予約の電話で「母乳の出がよくなる精油もある」と聞いたけれど、それはどれなんだろう?
「このメニューには書いていませんが、レモングラスの効能として期待できるんですよ。レモングラスの一般的な効能としては、肩こりや腰痛などを鎮静する働きがあるんですが、丁度腰痛持ちとのことでしたし良いかもしれませんね。」

このほか、風邪や消炎、去痰などに効果があるユーカリがシーズン的に気になったのでチョイスし、3つ目は育児疲れに効果があるかしら?と、抗うつ、鎮静の作用があるネロリというアロマを選びました。
「あらなび子さん、お目が高い!ネロリは最近入った高価なオイルなんですよ。オレンジフラワーから抽出した精油なんですが、香り的には爽やかでも甘くも無いんです。ですが、ブレンドすると途端に惹きつける香りになるので面白いですよ。」

こういう精油は、ブレンドしてもそれぞれの作用が薄れることはないそう。むしろ、相乗効果が期待できるというから不思議です。ちなみに香りはすぐ飛んでしまいますが、精油の効果自体は長く続くそうなので、身体に塗布することがとても効果的なんだとか。

181218-3.tenpo.JPG

レモングラス、ユーカリ、ネロリと3つ選び、前回同様念のため苦手な香りじゃないか実際に嗅がせていただいて確認します。レモングラスは草っぽい爽やかな香り、ユーカリは龍角散の香り・・・。ネロリは、確かに単品だと「オレンジフラワー」という名前から想像するような甘い香りがちっともしません。逆にまったりしたような、無機質な、なんとも言い難い面白みに欠ける香りなんです。これがブレンドすることで引き立たせ役になるというのだから、アロマは奥が深い!

「それでは、こちらの精油をベースとなるスイートアーモンドオイルにブレンドしたものを使って全身のアロマトリートメントを進めさせていただきますね。隣のお部屋で準備してきますので、なび子さんもこちらで準備なさってください。お洋服はこちらのカゴへ入れてくださいね。」

ということで、いよいよ、とうとう、パンツ一丁に!
ちょっと気恥ずかしさがありましたが、でも女性同士だし、しかも同じ時間帯に他の方と重なることはないので、恥ずかしがることもないか。
施術台にうつ伏せになり、大判のバスタオルを何枚かかけていただきます。空調は暖かめな設定で、さらに電気敷き毛布が入っているので下もポカポカ。少し暗めの照明に、「地球から1万光年離れた・・・」とかプラネタリウムの語りが始まりそうな、重低音が心地よいヒーリングメロディ。この空間に寝そべってるだけでも、いつもの生活をフッと忘れてしまいそうです。

181218-2.tenpo.JPG

まずは掛けられた毛布の上から、両手の平を使ってじわじわ背面全体を押していきます。決して強くツボを狙い打つわけではなく、皮膚の表面を緩めるような感じです。
「これから人肌程度に温めたオイルを使って、まずは背中からトリートメントを行っていきます。これはエステなどの痩身目的ではないので、基本的に弱めなタッチで進めますが、もし痛かったり、またオイルがしみたりしたら遠慮なくおっしゃってくださいね。」

181218-4.tenpo.JPG

施術を行う部位の毛布だけめくり、手に取ったオイルを背中全体に馴染ませていきました。腰から背骨を通って両脇側から戻るような、平泳ぎ風な動きでやさしくやさしく皮膚の表面へアプローチ。途端にふわっと、施術台がブレンドされたアロマの香りで一杯に!どれがネロリなのか判別はつきませんでしたが、単体で嗅いだような無機質な感じはせず、スーッと落ち着くような爽やか系の香りが溢れます。朝霧のかかった森林を彷彿とさせるような・・・思わず深呼吸。

全体にオイルが行き渡ったところで、背骨に沿って親指の腹を当てていきました。背骨から肩甲骨まわりへと、軽くなぞるような感じでリズミカルにクックックと指を置いていきます。

181218-5.tenpo.JPG

それから、産後で?肉付きの良い脇腹周辺の肉を、両手で交互に擦り上げました。これはちょっと痩身っぽい動きですが、中の肉を移動させるように力強く・・・という感じではなく、あくまで皮膚表面へのアプローチにとどまる程度。背中やサイドのリンパや老廃物を心臓へ流し込むが如く、一心に集めている感じです。

181218-6.tenpo.JPG

親指の腹を使ってさらに背中全体を馴染ませたあと、頭側から肩を揉み解し始めました。これはツボ押しっぽい感じで、コリがちな部位がソフトに押されていきます。

背中から肩まで毛布が掛けられると、オーナーは施術台の横へ移動し、今度は腰に両手を当て始めました。マッサージし始めの時に比べて、明らかにオーナーの手があったかい!ほんのりというより、アンカを乗せられているような、じわんとくる感じ。

181218-7.tenpo.JPG

腰も背中同様、背骨を中心にしてそのサイドを穏やかにマッサージしていきました。なび息子の抱っこや、なび犬の散歩などで日々の疲れが蓄積している箇所なだけに、穏やかなタッチでもかなり心地いい・・・!そのガチガチな腰の筋肉を緩めるように、両手を当てながら左右に揺ら揺ら動かしたり、親指でククッと押したりを何度か繰り返したあと、再び背中へと対象が移りました。
もうこのあたりから、オーナーの手が人間の手じゃないみたいに思えてきます。何かぼわわんとした、温かくてもったり柔らかい“物体”のよう。手を当てられるだけで、40℃くらいのお湯に肩まで浸かっている気分になってきました。ほぇー、あったかーい・・・。同時に眠気もわんわん湧いてくるので、もう今回の体験レポートは一部抜け落ちてしまうかもしれない!

181218-9.tenpo.JPG

その後は、右足の裏側へとマッサージが進みました。
背中のときと同様に、まずはオイルを足先から太ももの付け根ギリギリまで馴染ませていきます。そのあと親指でふくらはぎから太ももまでの裏側の筋肉を、撫でほぐす感じで丁寧にマッサージ。表面の筋がクィーッと伸ばされるようなスッキリとした感覚です。さすがパンツ一丁なだけあって、足の付け根周辺までしっかり施術してもらえるので、満足度も高い!
ふくらはぎを中心に押し揉みがあり、さらに裏面の肉をグーッとリフトアップ?する感じでお尻に向かって流し込む作業が繰り返されます。
それほどむくんでないつもりでしたが、明らかに窮屈な感じが取れてきた感覚も出てきました。

181218-10.tenpo.JPG

ここで仰向けに体勢を変え、足の前面へとマッサージが進みます。
裏面のような流し込み作業というよりも、部分的な押し揉みがメインです。中でも集中して施術されたのは膝こぞう。この周辺を掴み揉みも交えてほぐしていきました。やっぱりこのあたりにリンパ液や不要物が溜まりやすいのかしら?

181218-11.tenpo.JPG

足の裏もしっかりマッサージです。中心線に沿ってしばらく擦り上げたあとは、指一本一本を念入りにつまんでゴリゴリしていきました。この作業、オイルが摩擦を緩和してくれるおかげで、全然痛くありません。むしろちょっと物足りないくらいの優しいタッチなので、足裏ツボ押し的な顔をしかめてしまう刺激も無く・・・かなり、眠くなってまいりました。
だめだ!
起きてなきゃレポートが書けない!

181218-12.tenpo.JPG

足裏に恐らく溜まっていたのであろう老廃物を足首へと流し込み、それをさらに心臓へ送り込むかのように、再び足の擦り上げが続きました。本当にひとつひとつの動作が、全てリンパの流れを良くするために行われてるんだなぁと、しみじみ感じるマッサージです。

足が終わると、次は腕。

181218-13.tenpo.JPG

足と同じようにオイルを全体に馴染ませて、腕がホカホカしてきたところで、肘周りを念入りに揉み解しだしました。ら、痛!でも気持ちいい・・・ちょっと効く感じです。
「あれ、なび子さん。かなりこってますよ。肘から二の腕あたりのコリは、肩などのコリと連動してるんですが、結構お辛い感じですよね。」
揉みの強さは他と変わらぬソフトタッチなんですが、リンパを流すその動作でさえ痛気持ちよく感じてしまう肩こり。腰の辛さであまり実感してなかっただけに、そんなに肩もこっていたんだと再確認。でもガマンできないような痛みじゃないですし!
どんどん老廃物、流しちゃってください!

181218-14.tenpo.JPG

意外とハマってしまいそうなのが手のひらマッサージ。足裏マッサージなら機会はありますが、手を触られることって、考えてみれば日常的にあまり無いことかも。握手するときくらい?それもそうそう無いなぁ・・・と、人に触れられること自体が何とも不思議な感覚なんですが、足裏と同じくらいツボが集中している部位なだけに、かなり気持ちいい!
といっても、軽いツボ押しと指先へのつまみ揉み、あとはリンパを撫で流すような優しいアクション。でもこれが何ともフワフワした感覚で、逆に心地いいんです。

181218-15.tenpo.JPG

意識が朦朧としてきた中で、いつの間にかお腹のマッサージへ。
掴めるほどある豊かなお肉さんたちを、下から上へと持ち上げるように両手で擦り上げます。少しおへそ周辺を手のひらでソフトに押し回したりしつつ、再び擦り上げたり。これはリンパを流す効果のほか、便秘解消にもいいんだとか。
これもまた暖かーい手のひらでマッサージされるので、じんわりほっこり。足や手よりも、腰やお腹部分が暖まると本当に頭の先までお湯に浸かったような気分になるものなんですね。寒くて始終冷え性に悩まされるこの季節に、もってこいのマッサージかも。

181218-16.tenpo.JPG

そして最後はデコルテ、首、そして頭のマッサージへ。
頭側にオーナーが立ち、鎖骨周辺や肩のくぼみへ指の腹をやさしく押し込んでいくんですが、うつ伏せの状態での肩マッサージとはまた違った心地よさです。頭の体重を預けて、首の付け根やうなじあたりのツボを押されるがまま・・・で、うっかり意識まで持っていかれてしまいまして。

「はい、これで終了です。靴をお履きになりにくいと思いますので、足のオイルだけ拭き取りますね。身体のオイルはそのまま浸透しますが、効果を持続させるためにも今日は軽くシャワーを浴びる程度がいいですよ。」

なんて、終わりの説明が始まってしまった!!
おっとー?
頭のマッサージはどうした??

181218-17.tenpo.JPG

なび子失態。
すみません、首から頭のマッサージについては、実際に体験してのお楽しみということで・・・。

着替えを済ませている間に、オーナーは施術後のハーブティを準備。
オイルが付いたまま着替えるんですが、あんなになめらかなマッサージの触れ心地だったのに、思いのほか皮膚はサラサラ!洋服がべたついたりすることはありませんでしたが、気になる方は下に一枚シャツなどを着ていくといいかもしれません。

前回同様、施術前に選んだハーブティを戴きつつ、また手作り石鹸コーナーを眺めまわってしまいました。
この前見たときと、ちょっと種類が変わってますね?!
「今ははちみつとオートミールの石鹸が売切れてしまったんで、抹茶ミルク石鹸(400円)やゴートミルク石鹸(450円)などを置いてみたんですよ。」
え?ゴートってヤギのミルクですか?なんだか香りが気になりますが・・・。
「こちらの手作り石鹸は基本的にどれも香りはほとんど無いので、ヤギのミルクですがご想像するような感じではないと思いますよ!ヤギのミルクは保湿力が高く、それにビタミンが豊富なアボカドを組み合わせた石鹸なので、乾燥肌の方にオススメです。そうですね、唯一ちょっと香りが楽しめるのは、こちらのマンゴーソルベ石鹸(400円)かしら。」

なんとも美味しそうな石鹸!

181218-18.tenpo.JPG

マンゴーの種から抽出したマンゴーバターやココナツオイル、パームオイルなどを使った石鹸だそう。前回購入した石鹸はふたつとも使い切ってしまったので、今回はこの美味しそうなマンゴーソルベ石鹸を頂きました。
開封してもそれほど香りはしませんが、実際に水を含ませて泡立てるとマンゴーの、それも剥く前に皮の上から嗅いだような、ちょっと青みを感じさせる薄い香りがほんのり。キレイなオレンジとクリーム色のマーブルなその石鹸、healの手作り石鹸の使いごこちは前回もう経験済みでしたが、やっぱりこの洗い流した後の感覚は変わらずいい感じ!顔を洗ってもつっぱらず潤いバランスが本当にいいので、ここの石鹸なら敏感肌の私でも恐がらずに顔が洗えます。(ただ、薬事法の規制から、化粧石鹸や浴用石鹸としてではなく雑貨(台所用石鹸)として販売されているそうです。)
帰るときには、今回もバスソルトと美容に良いというお水を一本プレゼントしてもらいました。

初めての全身アロマトリートメントに躊躇したものの、実際受けてみると逆に服の上から行われるマッサージのような“もたつき感”がなく、とてもなめらかなタッチ!何より施術されるほどに伝わる手の温かみが、一番の良さでしょうか。火でもお湯でも温風でもない、人肌のじんわりしたあったかさが血流を良くしてくれるのを実感できます。帰り道、結構寒かったはずの外でも身体の先までホッコホコ!しかもかなり長くそれが続くのに驚きました。
寒さが日増しに厳しくなるこの季節、かなりオススメのマッサージでしたよ!

●英国式リフレクソロジ−&アロマテラピーサロンheal(ヒール)
H23.5月に残念ならが営業終了となってしまいましたが、大人気の手作り石鹸は引き続き販売しています。ホームページも9月から石鹸販売用にリニューアルされていますので、気になる方はチェックしてみてくださいね!
【ホームページ】http://heal.1bandesu.com/
〔関連レポート〕
2006年10月04日 フットリラクゼーションサロンheal(ヒール)
posted by やちなび子 at 00:00 | Comment(2) | ◆閉店・サービス終了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

ママへのごほうび付き!ベビーマッサージ教室

「あらあら大丈夫?痛いの痛いの、飛んでいけー!」
お母さんにやさしく撫でてもらっただけで、ふっと痛みが和らいで、すごく安心した子供の頃の思い出ってありませんか?

「よく頑張ったな!」
そう言って、お父さんの大きな手で頭をぽんぽんと触れてもらったのが、とっても嬉しかった経験はありませんか?

子供にとって、お父さんやお母さんに触れてもらえることは最高に心地良く、とっても安心感を得られることなんだそう。さらにその刺激は、心や体の発育を良い方向へ促してくれるそうです。
そういう親子のスキンシップの効果を活用したマッサージというのが、近年急速に注目を集めだしている「ベビーマッサージ」。これはどこかへ行って施術してもらうというより、自分が赤ちゃんにやってあげるマッサージなので、まずはお母さんやお父さんがやり方を学ばないといけないわけです。
最近は関連図書も沢山出ているし、見よう見まねでも十分出来るとは思いますが、やっぱり一度は実際に指導してもらえると安心ですよね。しかも指導してくれる方が助産師さんなら更に安心!

興味はあるけど八千代で習える場所ってあるんだろうか?と思ってましたら、ゆりのき通り沿いのエステティックサロン「プレジール」で、第2・第4火曜日限定→毎月第3水曜日10:00〜に変更(H20.9月)ですが教室を開いているらしい!しかもちゃんと助産師さんが丁寧に教えてくれるし、“毎日お疲れママへ足マッサージのご褒美付き!”というエステティックサロンならではの嬉しいおまけまで。
早速、生後4ヶ月手前のなび息子と参加してきました!

181117-1tenpo.JPG

こういう教室自体が少ないこともあってかなりの人気らしく、予約は少なくとも1ヶ月前にはした方がいいようです。ただ、お子様の急な発熱や体調不良ということで、直前にキャンセルが出る場合もあるとか。開催日前日に予約が取れる可能性もあるので、一応問い合わせてみるのも手です。

さてさて、当日はなび息子の体温も平熱!天気も晴れ!
教室は、11時から12時半までの計1時間半コース。しっかり出発30分前に授乳を済ませて、準備万端でベビーカーに乗せてプレジールまで出掛けました。
店の前まで行くと、中からスタッフさんがお出迎え。「ベビーカーはこちらへどうぞ!」と、お店の前に停めさせてくれまして、荷物となび息子を抱えて入店です。

「本日のベビーマッサージ教室を受けていただく前に、お子様の状態などを確認させていただくためこちらをご記入ください。」と、簡単な問診票を手渡されました。

181117-2tenpo.JPG

上半分に自分となび息子の名前や生年月日、住所などを記入し、下半分から始まる子供の状態についての質問に、“はい・いいえ”で答えていきます。
・熱はありますか?
・1ヶ月以内に予防接種を受けましたか?
・アレルギーはありますか?
・便秘、下痢はしていますか?
・夜泣きはありますか?
・その他(気になることがあればお書きください)
この中で、当日マッサージを控えた方が良いのは熱がある場合だそうです。熱の程度にもよりますが、助産師さんが判断してくれるとのことでした。それ以外の項目については、該当していても受講出来ないというわけではないそう。予防接種を受けたばかりの赤ちゃんには、注射した部位を強くマッサージしないように指導し、またアレルギーがある場合はオイルを使用せずに、シルクの手袋でマッサージを行うよう配慮してくれるんだとか。

票の一番下には、使用するオイルについての注意書きがありました。
『マッサージオイルには、ベビーにも使用可能とされているキャリアオイル(ピーナッツオイル・セサミオイル)を使用します。事前にパッチテストを行いますが、稀にアレルギー症状があるお子様の場合は、適切な処置をお受けすることをお勧めします。』

パッチテストもするなら安心だわ!最後の保護者のサインに名前を記入し、スタッフの方へお返ししました。
その後、プレジールにある3ヶ所の施術ルームのうち、真ん中のお部屋へ案内されました。預けた上着以外の荷物を全て持って、なび息子を片手で抱えつつ「よろしくお願いしまーす。」とにこやかに入室。

181117-3tenpo.JPG

茶色のホットカーペットが敷かれたお部屋には、既に本日講師をしてくださる助産師さんと、受講するお母さん&ベビちゃんがいらっしゃいました。
手渡されたウェットティッシュで手を拭き、なび息子を絨毯に寝かせて・・・まだ他にもお母さんがいらっしゃるのかな?11時になりましたが、しばらくそのまま待機です。
向かいに座っているベビちゃんは、なび息子より随分としっかりしてて大きい!「今何ヶ月くらいですかー?わー、もう8ヶ月なんですかー。」なんて会話をしたりしている間に、あと2組いらっしゃいました。
すっかりお部屋は満員状態!本日は私を含めて4組の母子で受講することに。向かいのベビちゃんは8ヶ月の男の子、そのお隣りがなび息子と同じ7月生まれの間もなく4ヶ月になる男の子、紅一点の2ヶ月になるお姫ちゃま、そしてなび息子がもうすぐ4ヶ月・・・と、みんな1歳未満ですが、ベビーマッサージ自体は嫌がらなければ1歳になっても2歳になってからでも、生後数ヶ月と言わずいつからでも始められるものだそうです。逆に、産まれてからすぐに行っても大丈夫ですが、ママがまずリラックスしてやってあげるのがポイントなので、生後2、3ヶ月くらいからがいいかもしれませんね。

181117-4tenpo.JPG

「それでは始めさせていただきますね。私は普段は母乳相談員や保健センターで新生児訪問等の代替をやったりしている保健師です。
ベビーマッサージは、お母さんとお子さんをつなぐ肌と肌とのコミュニケーションとなるばかりか、免疫力が高まったり、夜泣き・便秘が治ったりと様々な効果が報告されているんです。ぜひお家でも気軽にやってみてくださいね。
今日使用するオイルは、セサミオイルといって胡麻を精製して作ったアレルギーの出にくいタイプです。ご自宅で行うときも、鉱物や香料の添加されていない植物系オイルがいいですね。例えば、グレープシード、ひまわり、スイートアーモンド、ココナツなどです。手軽なところで、オリーブオイルなんかでも大丈夫ですよ!
もしオイルを使わないときは、赤ちゃんの皮膚を摩擦で痛めないよう、絹の手袋をお母さんがはめてマッサージしてもいいでしょう。」

そんなオイルの話をしつつ、まずはパッチテストを行うところから始まりました。じゃあ赤ちゃんをバスタオルに寝かせて・・・あら?なび子さんバスタオルは?

え?バスタオル?

準備万端!とか言っておきながら、唯一の持ち物「バスタオル1枚」をしっかり忘れてきてしまったダメ母さん。学校だったら、廊下に立ってなさい!となるところでしたが、お優しいプレジールのスタッフさんが、サササっと厚手のバスタオルをお持ちくださいました。
すみません・・・。

181117-5tenpo.JPG

各自用意されたセサミオイルを少し手にとり、ベビちゃんのお洋服を少しめくって二の腕あたりと太ももらへんに、軽く塗布します。この状態で、10分程度置き、赤くなったりブツブツが出たりしないか、アレルギーテストを行うわけですが、その待ち時間を使ってちょっと助産師さんからお話がありました。

「ベビーマッサージを行う時間は10〜15分くらいです。優しく手のひら全体を使って、ゆっくりとした動作でマッサージしていきます。
使用するオイルの量ですが、摩擦で肌が痛まない程度を手に取りますが、特にお風呂前はオイルをたっぷりと使ってからお湯で流してあげると、毛穴につまった汚れまでキレイに落ちますから効果的です。
昼間は逆に適度なオイル量で、スキンシップを楽しむと良いですね。オイルもそのまま置けば吸収されます。ただ、夏場なんかは直後に日光に当てるとサンオイル状態になってしまうので、軽くお湯で流してあげるようにしてくださいね。」

また、こんな注意事項もありました。

「マッサージをすると、血液循環が良くなって体内に貯まった老廃物が出てくるために、ブワッと湿疹が出ることがあるんです。ですが、老廃物を出し切れば自然と1週間程度で治まるので、様子を見ながらマッサージを続けてみてくださいね。
また、血流が良くなるので自然と体温も上がります。熱があるときは、さらに上昇させてしまうのでマッサージは避けた方がいいですね。また、食後30分以内などは吐いてしまってもいけませんから、授乳やお食事の直後は止めてください。
あと、マッサージはあくまでコミュニケーションのひとつですから、泣いているのに無理やり続ける必要はありません。ご機嫌が戻るまで、抱っこして落ち着かせてあげてください。」

181117-6tenpo.JPG

それから、赤ちゃんがオイルを塗られるとこんな感じなんだ!というのを体験するべく、お母さん同士ペアになって、お互いの腕を赤ちゃんの足に見立てて軽くマッサージをし合いました。
セサミオイルは全然べたつかず、すーっと肌に馴染むようなさらっとした印象です。とても伸びがいいので、少量でも十分すべりの良いマッサージが出来そう!しかも、染み込んだ後の手はしっとりすべすべ!
「ベビーマッサージを続けると、お母さんの手もキレイになるんですよー。」
なるほど、確かにそうかもしれません。毎日の洗濯・食器洗いや、赤ちゃん用品の漂白やらで、指先はひび割れ・・・こんな手じゃお世話されるなび息子も痛いだろうに、と思っていたので、これは一石二鳥!

10分以上経ったので、それぞれベビちゃんの肌の様子をチェック。特に問題なし!ということを確認した上で、マッサージのために裸んぼさんにさせます。念のためオムツはおしりの下に敷いて・・・。
茶色の絨毯はホットカーペットになっているので、ぽっかぽか。室温も、かなり暖かめに設定されているようで、裸のままで風邪ひきそう!と心配にはなりません。

181117-7tenpo.JPG

マッサージを始める直前に、まずは手を優しくお腹に当てて「これからマッサージを始めるよ!」と気持ちを伝えます。それから、手にセサミオイルを適度にとって、足からマッサージを始めました。

「太ももを軽く掴んで、そのままグルグル回しながら足先まで10回くらいマッサージしてください。ぐーるぐーる・・・気持ち良いねー!」
助産師さんは、手元のお人形を使ってやり方を教えてくれたり、実際になび息子にマッサージをして見本を見せてくれたりします。

「ひざこぞうもぐーるぐーる、そうそう!それから、膝の裏側もしゅっしゅっとさすって・・・。ふくらはぎも、ぷるん、ぷるんと軽くつまんでみてくださいー。」

181117-8tenpo.JPG

なび息子は、初めての状況に驚いたり泣き出したりするかなー?という心配も何のその、こぶししゃぶりしたまま笑顔一杯で、とってもご機嫌な様子。足首を両手でこねこね、足裏も指の腹を使って上下にさすり、さらに足指も1本1本軽く引っ張るように触っていきます。

「おしりの下側も左右にさすってみてください。これは便秘のときにとっても効果的ですよ!それから、片足ずつ押したり引いたりしてください。ぎったん、ばっこん・・・ほーら、楽しいねー!」

181117-9tenpo.JPG

足マッサージの最後は、両方の足首を持ち上げた状態で、足全体を左右に揺らします。周りのお母さんも、ベビちゃんとの楽しいひとときを満喫しているご様子。
上手にマッサージしよう!という意気込みより、マッサージの仕方は教わるけれど、自分なりに声を掛けながらベビちゃんとの触れ合いを楽しもうとする雰囲気が強く、とってもほのぼのした空間です。始まる前は会話も弾んだお母さん同士ですが、マッサージ中はすっかり母子の世界に没頭してしまってます・・・。

「足の次は、お腹のマッサージに移りましょう。お腹をまあるくまあるく、時計回りに優しく撫でましょう。それから、片手ずつ肩からお腹に向かって斜め方向にさすって・・・、ばってん、ばってん、気持ち良いねー。」
胸も、両手で外側に向かってさすりあげてマッサージ。
なび息子の両足は、伸びきったまま、されるがまま・・・。この状態は、赤ちゃんがとっても気持ち良い証拠なんだそう。

181117-10tenpo.JPG

胸のマッサージの延長で、そのまま両脇から手の先まで掴みながらくるくるマッサージしていきます。手のひらもニクキュウを揉み揉みする感じで、親指でやさしく押します。

生まれたばかりのときは、手足も触れたら折れちゃうんじゃないかと思うほどに細くて小さかったのに、僅か数ヶ月で随分と大きくなったなぁ・・・!と、なび息子の成長に改めて感動。お風呂でも裸んぼの状態で接するけれど、風邪をひかせてはいけない!と、悠長に体をチェックしたりする機会が無かったので、マッサージをしながらお尻のもうこはんを初めてしっかり見たり、胸板?が赤ちゃんのくせに意外とガッチリしていることに気付いたりと、毎日一緒にいたはずなのに新しい発見が沢山!

181117-11tenpo.JPG

「次はお顔のマッサージです。お顔は嫌がる赤ちゃんもいますので、無理してやらなくても大丈夫ですよ。
赤ちゃんのお顔も、エステと同じように眉間から眉、眉間から鼻、鼻からこめかみ、顎からこめかみ・・・と、リフトアップさせる感じで優しくマッサージしていってくださいね。」

181117-12tenpo.JPG

なび息子も、顔にオイルが塗られると少々慌てた様子で手をバタバタさせてましたが、何とかマッサージさせてくれました。
目に入らないように・・・と気をつけていたのに、なび息子が自分で手を顔に持っていってビービーこするので、あああ!と思ったときには時すでに遅し。しかも、そのオイルの付いた手でこぶししゃぶりまで!
口に入れても安全なオイルだけど、食べたらだめよー。なぁに?変わった味がするんでしょー。
人の心配をよそに本人はすこぶる楽しいようで、ウーアーウーアー助産師さんに話しかけてます・・・。

181117-13tenpo.JPG

さらに、うつ伏せにして背中もマッサージ。
肩から斜めにさすりおろしたり、赤ちゃんの両かかとをお尻に当てて、太ももの内側をさすったり、背骨に沿って背中全体をマッサージしたり。
はじめは調子の良かったなび息子ですが、まだ寝返りが出来ませんし、首も完全には据わってないので、だんだん頭が沈没していく・・・。ありゃ?もう苦しいの??
周りを見れば、8ヶ月のベビちゃん以外はみんな沈没状態に。

「無理せず、元に戻してあげてくださいね。背中のマッサージが終わったら、はじめと同じくお腹に手をあてて、それでおしまいです。マッサージで体が温まるので、このあとすっかり眠ってしまう赤ちゃんは多いですよ。逆に眠くてぐずぐずがはじまる子もいます。喉も渇くので、ぜひ水分を適度に摂らせてあげてくださいね。水分は、白湯でもミルクでもいいですし、果汁などでもいいですよ。」

181117-14tenpo.JPG

お洋服を着せて少しあたりを片付けた後に、それぞれ持ってきた果汁をあげたり、おっぱいをあげたりしたのですが、その間にお母さん同士がお話し合う交流タイムになったり、日頃気になることを助産師さんに聞いたり出来る時間になりました。
「へー、おっぱいが出てるママでも、今ぐらいから果汁はお出かけのとき持ち歩いてるんですね。」
「え!風邪気味のときは、体が冷えるから果汁は控えた方がいいんですか?」
などなど、果汁ひとつで色々話が広がったり。

水分補給が落ち着いたところで、2人ずつ呼ばれてママへのごほうび「足マッサージ」を受けることになりました。
マッサージの時間は10分程度なのですが、その間は助産師さんが赤ちゃんを見ていてくれるので安心して受けられます。置いていくと大泣きしてしまうので、一緒にいないと・・・という場合も、膝下までのマッサージなので抱っこしながらでも大丈夫。

181117-15tenpo.JPG

私はベビーマッサージを受けたお部屋の左隣へ、もう一人のお母さんは右隣のお部屋へ通されました。
今日は動きやすくズボン&靴下を履いて行ったので、靴下は脱いでカゴにいれさせてもらい、ズボンははいたまま膝までめくって、ベッドへ横になりました。

181117-16tenpo.JPG

「本日は、こちらのピーナッツオイルを使ってマッサージをしていきますね。まずは足をホットタオルで拭かせていただきます。」

温かい蒸しタオルで膝下から足先まで押さえるように拭き取ったあと、両足全体へ馴染ませるように、手のひらを使って軽くマッサージするようにオイルを塗っていきます。それから、右足にタオルを巻いて冷えないようにした状態で、左足のマッサージを始めました。

181117-17tenpo.JPG

足裏の側面や中央部分を親指の腹を使って、かなりしっかりしたタッチでツボ押しをしていきます。足指も、一本一本つまんで離したり、ぐるぐる回したりと、先ほどベビーマッサージで教えてもらったような動作が・・・!なるほど、こんな風にやってあげればよかったんだ。こんなに手際よく、気持ち良いようには出来なかったなぁ・・・なんて、動きを頭の中で研究してみたり。
足裏や指のマッサージでは、押されても回されても何ともない指もあれば、うわ!っと思わず表情に出そうなほど痛く感じる部分があったりと、場所によってかなり感じ方が違います。どこか体調の悪い箇所があるのかしら?

181117-18tenpo.JPG

ふくらはぎは、手のひらで包み込むように揉み解していきます。全体がほぐれたところで、ふくらはぎの側面や裏側も、指でくるくる揉み上げたりさすったりして、心地良い程度のツボ押しも。
同じように右足もマッサージが行われ、最後にタオルでオイルを拭きあげて終了になりました。通常のフットマッサージに比べて、片足5分程度ずつなのであっという間ではありますが、それでもマッサージの気持ち良さはしっかり堪能できました。こんな時間が少しでも持てること自体、子育て中のママには有り難ーいこと!

「かなり足の血流が悪くなっているようですが、冷え性ですか?」
今まで何回かマッサージを体験してきましたが、あまり言われたことの無い“冷え性”の言葉にちょっとビックリ。え?足冷えてます?

「お風呂のとき、きちんと湯船にしっかり浸かってますか?内臓脂肪も“脂”ですから、あたためるのがとても効果的ですし、せめて5分程度は入るといいですよ。」
という話に、そう言えば最近ゆっくりお風呂に入った記憶がないことに気付きました。なび息子のお風呂はなび夫さんの帰りが遅くないときは入れてもらっているのですが、その前後どちらかでぱぱぱーっと自分も入浴。そんな悠長に5分も湯船に浸かれない!
この繰り返しが、今まで無かった冷えというトラブルにつながったのかも・・・?意外な事実が、足マッサージで発覚です。
でも、当分は冷え性も仕方ないかな。

181117-19tenpo.JPG

ベビーマッサージを習ったお部屋に戻ると、すっかり熟睡しているなび息子の姿がありました。ほんのちょっぴり離れていただけだけど、泣いてなかったかな?大丈夫だったかな?ととっても心配に・・・。
「お帰りなさい。とてもおりこうさんに、すぐねんねしてましたよ!」と、助産師さん。
そうなのねー。ママがいなくても、ちゃんとおりこうちゃんにしてくれてたのねー!有難うねー!なんて、かなり一方的に再会を喜ぶ私。
時間も12時半くらい、予定通りの時間に帰り支度を済ませまして、助産師さんや他のお母さんにご挨拶しつつお店を後にしました。

この位の月齢の赤ちゃんって、どうやって遊んであげればいいのか悩みどころなんですが、ベビーマッサージは言葉がまだ伝わらなくても十分に親子双方で楽しめる、とっても良い手段!ちょっと手元にオイルさえ用意しておけば、オムツ替えのとき、お着替え前のとき、お風呂準備のときなどなど、気軽に簡単に始められます。
ぜひママの息抜きがてら、一度チャレンジしに行ってみては?!

●エステティックサロン「プレジール」 047-483-0080
千葉県八千代市ゆりのき台5-1-1(地図)東葉高速線 八千代中央駅から徒歩2分
営業時間/月火水日祝11:00〜18:00、木金土11:00〜20:00
定休日/第2日曜・第3水曜
※ホームページ/http://www.e-plaisir.com/index.html
〔関連レポート〕
2005年12月06日 エステティックサロン「プレジール」でフェイシャル体験!
2006年02月07日 まつ毛パーマ体験!エステティックサロン「プレジール」
posted by やちなび子 at 00:00 | Comment(0) | ◆閉店・サービス終了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

リフレクソロジーサロンheal(ヒール)

H23.5月に残念ならが営業終了となってしまいましたが、大人気の手作り石鹸は引き続き販売しています。ホームページも9月から石鹸販売用にリニューアルされていますので、気になる方はチェックしてみてくださいね!
このレポートでも最後のほうで石鹸について書いています。とっても気持ちの良い石鹸ですよ!

http://heal.1bandesu.com/

村上駅から歩いて4分ほどの場所(日産を右に曲がった先あたり)に、この秋リフレクソロジーサロンの隠れ家的なお店がオープンしたという話を聞きつけまして、昨年11月以降妊娠中のために我慢していたマッサージを、とうとう解禁!体験レポートしてまいりました。

181001-1tenpo.JPG

店内は、けして広いとは言えないスペースながらも白とウッドを基調としたナチュラリーな雰囲気で、どちらかといえばスッキリとした印象のお部屋です。所々に置かれた植栽と、白い壁や家具とのコントラストが清潔感を漂わせ、一方で暖色系の電球ひとつと2箇所の間接照明という光量が、大変落ち着いた空間を演出しています。
そんな癒しの空間で、凛々しさを感じさせるキレイ系の女性がお出迎え!
サロンのオーナーさんで、お1人で施術をなさっています。

さて、早速施術ベッドの隣にあるテーブルへ通され、本日のコース決めから始まりました。

181001-2tenpo.JPG

「まず施術を行う前に、お客様の状態を確認させていただいております。注意が必要な方や、残念ながら本日施術をお受けすることが出来ない健康状態の方もいらっしゃいますので、こちらのチェック表をご覧になって、該当する項目が無いか御確認ください。」
手渡されたチェック表は、こんな内容です。

■リフレクソロジーを行うのに注意が必要な方
重い食事の後の人/子供や老人など/重い病気で医師の治療を受けている最中の人/過去において大きなケガや病気を治療した経験のある人/妊娠中の人(特に0〜16週の妊婦さんは要注意)

■リフレクソロジーを行ってはいけない方
38度以上の熱がある人/足に傷やケガなどがある人/伝染病や皮膚病を抱えている人/アルコールが入っている人/血管に関する障害を抱えている人(血栓など)/骨に疾患を抱えている人(骨粗しょう症など)

さて、私は特に該当する項目は無く施術可能なコンディションでしたので、名前や住所、アレルギーの有無など簡単な受付票を記入した上で、本日の施術内容をメニューから選ぶことになりました。
ちなみに、予約のときにメニューを伝えなくても、お店に来てからゆっくり相談しながら選べます。

受付票に今気になる症状やつらいところはどこか書く欄があるのですが、そこには「腰痛・肩こり」と書きました。妊娠後期には「あさりちゃんの足?」と疑うほどむくみ、足首の無い情けない状態だったんですが、今はむくんで痛いということはありません。が、その代わりに、毎日抱っこ抱っこの日々で肩と腰が悲鳴をあげている状態・・・。
この慢性腰痛&肩こりを、ぜひともどうにかして欲しい!
でも、このお店はフットマッサージだけしか扱ってないんですよね?肩とか腰って書いても意味なかったかしら?

「当店では、足裏を中心にパウダーを使って膝下までトリートメントを行う“パウダーリフレ”と、精油を使ってふくらはぎを中心にリンパの流れに沿ってトリートメントを行う“アロマオイルリフレ”という2パターンのフットリラクゼーションをご用意しているんですが、パウダーリフレは足ツボ刺激がメインです。目・肩・腰などの疲れが溜まりやすい反射区をほぐすことで、気になる膝上のトラブルにも効果が期待できますよ!」
※2006年12月〜全身のトリートメントも追加されました!→体験レポートはこちら

じゃあ、パウダーの方が良さそうなので、そのコースを・・・とお願いしようとしましたが、でも折角だし、やっぱりアロマの良い香りを楽しんでリラックスもしたーい!
それなら、とオススメいただいたのは「パウダー&アロマオイルリフレ」のスタンダードコース。両パターンのマッサージが25分ずつ行われ、且つ10分間のフィットバイブレーションが付いて、合計60分間のコースです。

181001-3tenpo.JPG

「アロマオイルリフレは、マッサージをする際に利用する精油のブレンドを、お客様の体調に合わせてお選びいただいているんです。」
そう言って見せてくれたメニューには、次のような4種類の改善したい症状と、それに効果的なブレンドオイルが書かれていました。
1.リフレッシュして元気を回復させたい方→オレンジ・グレープフルーツ・レモングラス・ローズマリー
2.リラックスしてストレスや緊張を緩和させたい方→カモミール・ベルガモット・マージョラム・ラベンダー
3.ホルモンのバランスが気になる方→クラリセージ・ネロリ・ラベンダー・ゼラニウム
4.むくみや足の疲れが気になる方→グレープフルーツ・サイプレス・ジュニパー・マージョラム

ホルモンのバランスも大丈夫そうだし、むくみも気にならないし・・・。リフレッシュかリラックスのどちらか悩みましたが、柑橘系の香りが爽やかそうだったので1番の「リフレッシュ」タイプに決定!

実際使用するアロマ精油のビンを4本持ってきてくださり、苦手な香りがないかどうかを事前にチェックさせてくれました。
オレンジとグレープフルーツは想像通りの果物の香り。どちらかと言えば皮の部分って感じです。レモングラスは葉っぱっぽい植物らしい香りが爽やかな印象で、ローズマリーはヒンヤリ湿布っぽいようなスーッとした香り。
どれも大丈夫、むしろ好きな香りです。

続いて、施術後にお出しいただけるというハーブティも3種類から選びます。
これもまた「リフレッシュ」「健康・美容」「リラックス」という効能によって種類が分かれていて、アロマオイルと同じくブレンドされるものがメニューに記載されていました。
折角アロマリフレでリフレッシュさせてもらうので、ハーブティもリフレッシュタイプを注文することに。このお茶には、気分が明瞭になるようにカモミールとレモングラス、そしてペパーミントをブレンドするそうです。

「健康・美容のためのハーブティも人気があるんですけれど、ハイビスカスとローズヒップ、ローズレッドという組み合わせで、ちょっと酸味が効いていて香りもバラ独特のクセがあるんです。飲みにくいとおっしゃる方もいらっしゃるので、お好みではちみつをお付けしています。お選びいただいたリフレッシュタイプのお茶が、一番飲みやすいと思いますよ。」

本日のコースとブレンドオイル、ハーブティを選び終わったところで、ようやくマッサージの準備に入ることになりました。
私は着替えのためお部屋に残り、オーナーは足湯の準備のため部屋の外へ。
着替えは下だけで、上は洋服のまま。ちなみに七部丈のトレーナー地パンツは、S・M・Lをご用意されているようです。ストッキングとかは脱いで、でも下着は付けたままで着替えを済ませます。

181001-4tenpo.JPG

まずは足湯から。
足湯は先ほどメニューを選んだテーブルのところに引き続き座って、5分ほど浸かります。たらいに心地よい温度のお湯が張ってあり、ここへ両足をくるぶし程度まで投入。特にバイブで振動させるようなものは付いていません。

このお湯には何か入っているんですか?なんか底のほうに固いザラザラしたものが・・・。
「ソルト入りの足湯です。塩のほかにも、殺菌作用のある精油“ティートリー”やむくみに効果的な“スイートマージュラム”“ペパーミントオイル”なども加えてありますよ。」

5分の時間は、オーナーと気さくなおしゃべりを楽しみます。
「へー、看護師さんをやってらしたんですか。」

「そうなんです。最近はストレスが原因で様々なトラブルを抱えている方が本当に多くなっているので、少しでもリラックスできる場所を提供して、自然療法の素晴らしさを伝えられたらなぁと思いまして、サロンを始めたんです。
特に女性はホルモンの影響で体調や気分が変化しやすいので、こうした不調がストレスによって更に悪化したり。そんなストレスを抱えた女性の皆様が、このサロンで少しでも元気に、少しでもハッピーな気分になってもらえればという気持ちで施術させていただいてます。
看護師の経験も生かして、生活習慣やセルフケアについてもアドバイスさせていただけたらと思ってるんですよ。」

181001-5tenpo.JPG

5分程経過したあと、片足ずつオーナーがタオルで拭いてくれました。その拭き方もとても丁寧で、タオル越しに押しもみをしてくれるのがまた気持ちいい!
一旦スリッパを履いて、それから隣の施術ベッドへ仰向けで横になります。
結構ベッドが高いので足元の踏み台を使い、いちにのさん!でよっこらしょ。
頭の位置をうまくポジショニングし、落ち着いたところでオーナーから手順の紹介がありました。
「順番は、最初に10分間のフィットバイブレーションを行い、そのあとパウダーリフレ、アロマオイルリフレを続きますが、まずは簡単に足を揉み解していきますね。」

181001-8tenpo.JPG

胸のあたりから下にクリーム色のタオルが何枚か被せられ、その上から足の押し揉みが始まりました。
「強さ加減はいかがですか?もし痛いようでしたら声を掛けてくださいね。」
オーナーは足元側にいて、そこで爪先から膝の上あたりまでを素手で揉み解していきます。結構体重をかけてる感じですが、広範囲に力が行き渡っているせいかちっとも痛みはありません。
まだ本番のマッサージに入ってもいないのに、久々のマッサージ体験だからか超心地よくて、すでに寝そうに・・・。

そんな状態へさらに追い討ちをかけるがごとく、オーナーがアイマスクとヘッドホンを持ち出してきました。これはかなり危険です。記憶が飛んだらレポート書けないな・・・。

181001-6tenpo.JPG

でも、なんでヘッドホンも?
「これはフィットバイブレーションのためのものですよ。ヘッドホンから流れる曲に連動して、私が手元で持つバイブの機械が振動するんですが、この振動に合わせて足をマッサージしていきます。
聞こえてくる曲はα波を生むヒーリングミュージックなんですが、それが“振動(波動)”で体内の水や骨を通じて細胞に伝わっていき、心身ともに深いリラクゼーションを得ることができるんです。それによって自然治癒力が活性化されていきます。
フィットバイブレーションによるマッサージは、3曲目までで終わってしまいますが、それ以降も音楽は流れますので、ヘッドホンを付けたまま施術を受けられても結構ですし、逆に外しても大丈夫ですよ。」

ヘッドホンがけっこうごつい感じなんですが、つけてしまえばかなりフィットします。これにアイマスク・・・もう外部とは完全シャットアウト状態!
今までヘッドホンまでつけるマッサージは体験したことがなかったのですが、これはかなり深いリラクゼーションが味わえそう。

181001-7tenpo.JPG

ほどなくして1曲目がスタート。低音が響くビートな感じのヒーリングメロディーです。曲の開始とともに、右足の爪先から膝までを、振動しているモノでさすりあげていきます。肌当たりは、お風呂で体を洗うタオルのようなちょっとザラついた感じがありますが、だんだん足に吸い付いてくるような感覚でじわーんとバイブが馴染んできました。
一体どんな機械を当ててるんですか?と、アイマスクを外して見てみましたら、丸いクッション状のモノで思いのほかシンプル。その手のひらサイズのクッションを足の裏や膝あたりまでだけに当てているんですが、かなり体全体にしっかりした振動が伝わってくるほど見た目よりパワフルです。

2曲目に入ると同時に、施術は左足へシフトします。曲はマリンバみたいな響きのあるぽんぽんした曲調で、それとともに、足の裏からかかとへ円を描くように振動を伝えていきます。足の指の付け根あたりも、ひとつひとつ丁寧で柔らかい振動が伝わってきて、直接手でマッサージする気持ち良さとはまた違った感覚です。手のマッサージは対象を積極的に揉んで、その部位への心地よさにリラックスを感じるのに対し、こちらはとにかくマッサージされている場所が気持ち良いというより、何だか頭でリラックスを感じ取っているかのよう。
もう、3曲目のアラビアン風なオリエンタル調のリズムに移った頃には、アイマスクとヘッドホンと振動のトリプルパンチで、うとうと・・・いけない!へろへろ・・・我慢しろ!
葛藤の連続です。ある意味リラックス出来ているのか?!

181001-9tenpo.JPG

3曲目が終了するのと同時に、「次はパウダーリフレに移ります。ヘッドホンはそのままでも外しても結構ですよ。」とお声がかかりました。
こうやって曲を聴きながらだと、オーナーと会話したりは出来ないんじゃないですか?
「深いリラクゼーションを満喫してもらうために、こちらからはあまり声を掛けないようにしているんですよ。力加減などを確認するために、ヘッドホンを掛ける前の揉みほぐしの際に、お客様に確認をする程度にしています。大抵は、ヘッドホンをつけたままを選ばれますね。中には、フィットバイブレーションを始めてすぐに寝てしまう方もいらっしゃるんですよ!」

パウダーリフレは、ラベンダーの精油が少々混ざったボディパウダーをまぶし、素手で揉み解していく施術です。オーナーが手に取ったパウダーを爪先から振りかけていき、まずは手のひらで滑らせながら、膝までを軽くなでる感じで馴染ませていきます。
それから、足裏中心のマッサージへと移りました。

181001-10tenpo.JPG

結構指を押し込むんですが、いた気持ち良い感じです。足の指の間に手を入れて、足首からグルグル回し、手前へ引いたり押したり、まずは足裏全体をほぐしていくイメージ。それから細かい部分を丁寧に押していき、ますます足ツボっぽい感じに。
親指の付け根あたりを刺激されると、イダダダダー!
中指の付け根あたりをぐりぐりされると、アババババー!
「ここは目や首のツボになるんですよ。結構痛いですか?」
痛いですー!
でもスッキリして気持ち良いですー!

181001-11tenpo.JPG

指の付け根をひと通り揉み解したあとは、足裏の外側や土踏まずを中心に、指でさすりあげたり押し込んだり。

「受付票にも記載していただきましたが、首や肩あたりが相当お疲れですねー。このあたり、すごいゴリゴリしてますよ。」
確かにお疲れです・・・。やっぱり足ツボってちゃんと疲れている場所が痛いんですね。それ以外の場所は、刺激もなく痛みなんて感じないのに。

それから、ふくらはぎを中心に手全体で揉み込んでいき、アキレス腱のあたりから膝の裏へ向かって摩りあげていきます。また、くるぶし周りもぐりぐり押し揉み。
うう、そこはちょっと、結構、痛いかもぉぉぉ・・・。
「ここは腰ですよ。抱っことかされていて、肩や腰に負担がかかっているみたいですね。」
もう、おっしゃるとおりです。

181001-12tenpo.JPG

マッサージは右足から始まったので、左足が済んだら終了かと思いきや、結構何度も左右交互にマッサージが行われます。ふくらはぎあたりの側面押しに眠気を誘われ、うつらうつらなりかけていると25分経ったようで、パウダーリフレは終了しました。
特にタイマーをセットしている様子もなく、25分といっても全然短く感じません。というか、本当に25分?きっと多少オーバーしているかも・・・。

乾いたタオルで簡単にパウダーを振り落としたあと、続いてアロマオイルリフレの行程へ。

181001-13.5tenpo.JPG

マッサージに使用するオイルのベースは、スイートアーモンドオイルだそう。ビタミンやミネラルなどの栄養分を豊富に含んでいて、疲れたお肌を回復する効果があります。これにリフレッシュ系の精油4種類をブレンドしたものを今回は使用することになります。
深く深呼吸すると、最初にかいだローズマリーが淡く香ります。そんなスーッとする香りがお部屋を包み込み、イルカの写真がジャケットになっていそうなヒーリング系BGMが気分を落ち着かせてくれて、すっかり日頃の育児ライフがリセットされそうなシチュエーション。

でも、本日なび息子を連れて来ちゃっているんで、アーとかウーとかどこからともなく聞こえてきたりするんですが・・・。
こちらは、基本的には小さいお子さん連れでも大丈夫なんですか?
「もちろん、ご予約はお1人ずつ他にお客様もいないですし大丈夫ですよ。ただ、この施術用ベッドで一緒に寝ていることは出来ないですし、特に専用のスペースを設けているわけではないので、お母様が静かな空間でゆっくり・・・という環境ではないことをご了承いただければ。“お子様が同じお部屋にいて気になってもいいから施術を受けたい”ということでしたら、お気軽にお連れください。」

181001-13tenpo.JPG

アロマオイルリフレも、パウダーと同じく最初に爪先から膝に向かってオイルをすりこんでいきます。右から始まったので、そのまま右が完了するまで左には手をつけないのかと思いましたが、すぐそのあと左足にもオイルを馴染ませていきました。その上で、再び左足をタオルで包んで保温し、改めて右足のマッサージへと移りました。

181001-14tenpo.JPG

パウダーを使ったマッサージに比べて、こちらの方が動きがダイナミック!思い切りよく爪先から膝に向けて、両手のひらでさすりあげていきます。オイルはしっとりした印象で、ツルツルぬめる感じというよりはじんわりじっとり馴染んでいる感覚です。オーナーの手の感触が、しっかり伝わります。

181001-15tenpo.JPG

こちらもほどなくして足裏マッサージに移ったのですが、パウダーのときよりもツボに入る指が浅く、力加減も控えめな感じです。どちらかといえば肌の表面をさすってリンパの流れを良くすることがメインで、ツボ刺激という感覚はあまりありません。イタ気持ち良さをお求めの場合は、パウダーの方がオススメかも。

ふくらはぎや、反対側のすねあたりも、ツボと思われるあたりを指で柔らかくしごく感じで押さえていきます。ぐぐっと力が入っている感じはするのですが、オイルが抵抗を緩和するせいかさっぱり痛くはありません。刺激によるリラックスというよりも、血流やリンパが押し流されてじわじわ体内から効いてくる感じ!バッチリむくみが取れそうです。

181001-16tenpo.JPG

終わりは、熱めのホットタオルを膝下にクロスさせるように巻きつけ、上から押さえつけてじんわり温めタイムです。アロマが香り立ち、リラックス効果も最高潮!何だかアロマバスに浸かっているかのような気分・・・。
それから、また別のホットタオルでオイルを拭き取りました。拭き終わると蒸気が足全体の体温をスッと下げ、サッパリ感満載です。さらにさらに、もう一枚ホットタオルを使って、足裏や指の間も丁寧に拭きあげていただきました。
それでおしまいかと思えば、最後に乾いたタオルでもう一度全体を拭き、かかとがカサカサなのがバレていたようで「クリームを塗っておきますね。」とお手入れまでしていただき、ようやく全行程が終了しました。

施術後のハーブティを用意していただいている間に、着替えを済ませます。
アロマオイルの効果で足がしっとり!少し油分が残ってはいるものの、洋服が着られないような状態ではありません。結構ピッタリしたパンツを履いていったのですが、全然気になりませんでした。

181001-17tenpo.JPG

リフレッシュ効果のあるホットハーブティを頂きながら、オーナーからリフレクソロジーを受けた後の注意事項と、施術を通じて気になった症状など、いくつかのアドバイスがありました。

「本日の施術の効果をより高めるために注意していただきたいことがあります。まず、水分を沢山摂るようにしてください。カフェイン入りのものやアルコールはダメです。出来れば350ml以上は摂取していただくと効果的です。
また、今日は湯船に浸かり15分以上はゆっくり入ってください。そして早めに就寝してください。24時前に寝るのが理想ですね。」

181001-18tenpo.JPG

その際、今日の湯船にバスソルトを入れるか希望を聞かれました。もちろん入れたいです!と答えると、今日アロマリフレで使った4種類の精油をブレンドしたバスソルトを1回分プレゼントしてくれました。
「バスソルトは、出来れば今日使ってくださいね。特に柑橘系の香りは飛びやすいので、使ったとき香りがあまりしないかもしれません。ですが、ちゃんと入っているので効果はありますよ!」

そしてさらに、ミネラルウォーターも1本プレゼントしてもらえました。この両プレゼントは、サロンを利用された方全員へのサービスだそうです。
ちなみにこのミネラルウォーターは、「ハイドロキシダーゼ」というフランスのお水です。人気があるんですよ!とおっしゃっていたので、ちょっと調べてみたら、ダイエットや便秘の改善に効果があると言われている天然発泡水なんだそう。詳しい説明を見つけたのでご参考までに添付しておきます。
(下画像をクリック)
食事制限の要らない健康的なダイエットに。ハイドロキシダーゼ 200ml×20本

また、リフレクソロジー後、まれに熱が出たり、気力が無くなったりする場合があるそうで、もし気になる症状があればまずサロンへ連絡いただいて、それから専門医による診察を受けてくださいというお断りがありました。

最後に、今日の施術を通じてオーナーが気になったポイントを、足裏の絵が書かれたものにマークをして見せてくれました。
「施術中にもお話しましたが、肩や腰がお疲れのようです。また、土踏まずのあたりにちょっとトラブルが感じられました。ここは、腎臓の不調を表しています。なるべく多く水分を摂ってみてくださいね。」
・・・腎臓!
指摘されて、やっぱり!と思いました。
なんか最近、お手洗いに行こうと思うとなび息子が泣いたりして、うっかり朝から1回もトイレに行ってなかった・・・なんてことが度々あって、このままじゃ膀胱炎になるかも!なんて思っていたところだったんです。
特に受付票にも書かなかったし、話題にもしなかったのに、さすが鋭し!あらためて足ツボの威力を思い知らされました。

181001-19tenpo.JPG

帰りがけに、こちらで販売しているハンドメイド石鹸をチェック!ここに置いてある石鹸は、全てオーナーの手作りなんだそうで、300〜400円で購入することが出来ます。成分もアロマオイルが入っていたり、お肌に良さそうなココナツやパーム油、アボカドオイルなどがベースに作られていたりと手作り&サロンならではの仕上がり具合。
今日は、オススメの「はちみつとオートミールの石鹸」と、ノーマルタイプの「ナチュラル石鹸」の2種類を購入。特にはちみつとオートミールの石鹸は、洗顔にも良いと評判なんだとか!

その日の夜は、バスソルトを入れたお風呂に浸かり、ハンドメイド石鹸で顔を洗ってみました。

181001-20tenpo.JPG

内心手作りだからちょっと油っぽかったり、ぬめぬめ感が残ったりするんじゃないかと心配してたんですが・・・この石鹸いいー!と思わず叫んでしまった!
手に取った感触はちょっと固めなんですが、泡立ちも十分で香りも変な匂いはしません。少しロウっぽい感じの香りかしら?
それより何より、洗い上がりに感動です。全然つっぱった感じがなく、むしろ洗ったのに潤っている!タオルで拭いたあとは吸い付くようなモチモチ感があって、化粧水の浸透がいいんです。いつもはちょっと手のひらで押さえてだんだん染み込んでいってる感じなのに。敏感肌で下手に化粧品を変えられない私ですが、翌朝特にトラブルもありませんでした。

また、バスソルトも効果バッチリ!お風呂上りがこんなにポカポカしたのはいつ振りだろう?ちゃちゃっと浸かった(15分って言ってたのに!)わりには、いつまで経っても汗が引かないほどでした。

こちらのサロン、初回の方はどのコースも20%オフだそうです。一番リーズナブルなパウダーリフレのレギュラーコースは、バイブ10分・パウダー25分の計35分で3,000円とお手頃価格!
また、オプションとして、肘から下をオイルマッサージする「ハンドトリートメント」1,000円/約10分や、フットスクラブによる足裏の「角質ケア」2,000円/約20分なんてのもあります。

最近リフレのお店はよく見かけますが、セットされたタイマーにドキドキしながらキッチリ時間通りに進められて行くリフレを体験した方も多いはず。
ゆっくり時間を忘れてリラックス出来るこちらのお店で、ぜひ深いリラクゼーションを味わってみてはいかがですか?

【2006年12月24日レポートより抜粋】
また手作り石鹸コーナーを眺めまわってしまいました。
この前見たときと、ちょっと種類が変わってますね?!
「今ははちみつとオートミールの石鹸が売切れてしまったんで、抹茶ミルク石鹸(400円)やゴートミルク石鹸(450円)などを置いてみたんですよ。」
え?ゴートってヤギのミルクですか?なんだか香りが気になりますが・・・。
「こちらの手作り石鹸は基本的にどれも香りはほとんど無いので、ヤギのミルクですがご想像するような感じではないと思いますよ!ヤギのミルクは保湿力が高く、それにビタミンが豊富なアボカドを組み合わせた石鹸なので、乾燥肌の方にオススメです。そうですね、唯一ちょっと香りが楽しめるのは、こちらのマンゴーソルベ石鹸(400円)かしら。」

なんとも美味しそうな石鹸!

181218-18.tenpo.JPG

マンゴーの種から抽出したマンゴーバターやココナツオイル、パームオイルなどを使った石鹸だそう。前回購入した石鹸はふたつとも使い切ってしまったので、今回はこの美味しそうなマンゴーソルベ石鹸を頂きました。
開封してもそれほど香りはしませんが、実際に水を含ませて泡立てるとマンゴーの、それも剥く前に皮の上から嗅いだような、ちょっと青みを感じさせる薄い香りがほんのり。キレイなオレンジとクリーム色のマーブルなその石鹸、healの手作り石鹸の使いごこちは前回もう経験済みでしたが、やっぱりこの洗い流した後の感覚は変わらずいい感じ!顔を洗ってもつっぱらず潤いバランスが本当にいいので、ここの石鹸なら敏感肌の私でも恐がらずに顔が洗えます。(ただ、薬事法の規制から、化粧石鹸や浴用石鹸としてではなく雑貨(台所用石鹸)として販売されているそうです。)

●英国式リフレクソロジ−&アロマテラピーサロンheal(ヒール)
H23.5月に残念ならが営業終了となってしまいましたが、大人気の手作り石鹸は引き続き販売しています。ホームページも9月から石鹸販売用にリニューアルされていますので、気になる方はチェックしてみてくださいね!
【ホームページ】http://heal.1bandesu.com/

〔関連レポート〕
2006年12月24日 アロマ全身トリートメント体験!リフレクソロジーサロンheal
posted by やちなび子 at 00:00 | Comment(0) | ◆閉店・サービス終了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。