2008年06月19日

健康応援館「Kuo(クオー)」

「八千代台にね、一見すると何屋さんなのかよく分らないような、面白いお店が出来たんですよ。ぜひ一度訪ねてみるといいですよ。」
そんなお声掛けを、八千代台で飲食店を営む方から頂いたのがきっかけでした。聞けば、食材や健康食品などが置いてあって、奥には軽食喫茶もあるんだけれど、一口に“何屋さんか?”と聞かれてもどう説明していいのか分らない・・・とのこと。
え?なになに?

八千代台の東口側に続く商店街を通り抜け、ナリタヤの交差点をさらに花見川方面へ渡ったすぐ右手に、お!これか!!「健康応援館Kuo」と書かれた看板を発見!

200606-1.tenpo.jpg

軽食系のメニューが貼られているので、パッと見は飲食店なんですが・・・外に置かれている野菜や花の鉢、それにガラス越しに見える店内の様子からは商店街にある青果販売店にしか思えません。
うーん確かに。ここは一体何屋さんだ?

200606-2.tenpo.jpg

入口の扉を引いて中へ入れば、すぐ右前にスイーツのショーケース。数種類のケーキが置いてある、そのすぐ左側では八百屋さながらの野菜陳列コーナーが!
かとおもえば、植栽を挟んだ奥にはちょっとシックなテーブル&チェアが広がるというこの店内。かといって、ごちゃごちゃとしているわけではありません。このカフェスペースなんて、外観からは想像つかないほど広くて、4人掛けテーブルが5つほど、さらに5人〜6人掛けテーブルも3つほどがスッキリと配置してありました。間接照明も利いてて、むしろ雰囲気が良いくらい。

200606-3.tenpo.jpg

つっこみどころはまだまだ続きます。
会計レジのカウンターには味噌や漬物など色んな食材が並べられているかと思えば、その背面の壁には“カレーライス始めました”の貼り紙、はたまた健康素材のミックスジュース紹介。
飾り棚には、ジャズ好きにはたまらない?“リトルジャマー”(→バンダイのエンターテイメント・オーディオ商品。専門雑誌もあるほど人気のシリーズ)の演奏隊まで・・・。
店に入っても、謎はさらに深まるばかり。

200606-4.tenpo.jpg

とりあえず、どんなコンセプトのお店なのか?謎を解明するべく、お店の方に直接お話を伺ってみることに。
『お店を始めたきっかけは、自分たち3人のメンバーが、50歳を過ぎて健康に気を遣うようになったからというのもあるんです。それぞれが経験してきた仕事を生かして、こうやってこだわりの品ばかりを揃えた店をオープンしたんですよ。』

店内で販売しているほとんどの商品が国産品!産地が明確に分かる野菜や果物、漬物などなど、全国各地からこだわりの品を仕入れているんですって。自分の目で、舌で確認した良品をチョイスして、納得のいくものだけを置いているというその店内、早速青果コーナーから拝見です。

200606-9.tenpo.jpg

陳列してある野菜それぞれにこだわりを持って仕入れているので、聞けばどこで栽培してどのように食べるのがお勧めなのかも教えてくれるそう。何だか野菜ソムリエがいるお店みたいです。
調理方法が少し面倒なフキの前では、「普通筋をとってからゆでるのが常識だけれど、それじゃ手間がかかって余計敬遠してしまいがち。ゆでてから筋を取った方がラクですよ。」など、一言アドバイスもしてくれました。そんなプラスサービスがあるお店だし、値段が高めなのかと思いきや!スーパーに比べても割安な印象です。

200606-8.tenpo.jpg

お店の自慢は、スーパーではあまり馴染みのないような野菜も積極的に置いていることだそうで、中でもイチオシなのが最近よく耳にする食材“ヤーコン”。
『お腹の調子を整えるフラクトオリゴ糖が含まれていますし、また動物性脂肪の吸収を抑える働きもするので高脂血症の予防にも良い野菜なんですよ。血液をきれいにして動脈硬化予防の作用もあると言われていますし、特に糖尿病の方にオススメの食材です。』
見た目はさつまいものようなんですが、中はジャガイモのような色合いで、食感はレンコンみたいにシャキシャキしてるそう。食べ方はレンコンの代用みたいな感じで煮物や炒め物など幅広く使えるし、さらに生でも頂けるんですって!
それでも“ちょっと調理に自信がない、食べたことが無いから躊躇してしまう”といった声も多く、ヤーコンを使ったレシピのコピーまで用意していらっしゃいました。
また、ヤーコンをはじめ、あまり畑で栽培されているイメージが沸かない野菜を紹介するべく、テラスに鉢植えが置かれています。ちなみに一鉢300円で購入することもできるそう。

新鮮野菜だけではなく、漬物や梅干し、乾物や味噌なども置かれています。どれもこだわりの品ばかりだそうで、漬物に使われている野菜は国産!味噌も“越後名立味噌”という手作り無添加味噌を取り扱っています。この味噌は天然醸造でこうじつくっている新潟の醸造元から仕入れているそうで、普通のスーパーではまず置いていないとか。

200606-7.tenpo.jpg

卵もオススメ商品のひとつ。
「朝産たまご」はお店の方が毎朝仕入れに行っていて、1ネット100円〜150円とかなりお安いのも魅力。
ちょっと変わった卵も発見!黄身が2つ入っているという「双子のたまご」です。センサーチェックされていて、どれを選んでも必ず双子なんだとか。
これをゆで卵にして、横じゃなく縦にカットすると、黄身が並んで見えるのでお弁当用に購入されるお母さんも多いそうです。お子さんも「友達にびっくりされた!」とすごく喜んでくれるそう!

200606-6.tenpo.jpg

さて、そんな数々のこだわり食材を取り入れたお食事が、お店の奥にあるスペースで頂くこともできます。メニューは、有機栽培のこだわりコーヒー、効能豊かな各種ハーブティ、体の中から癒してくれる健康野菜や果物のフレッシュジュース、さらにリーズナブルさが嬉しい各種お食事の数々!と、実にバラエティ豊かなラインナップ。

健康をテーマにしたお店なだけに、フレッシュジュースにはかなり力をいれていらっしゃる様子。ひとつの素材だけを使ったストレートタイプは350円、数種類の素材を組み合わせてあるミックスタイプは370円で販売されていますが、とにかく内容が良心的!グラスが大きめで量がかなりあるのに、よくある“氷で増量タイプ”ではありません。絞ってもそんなに量にならないフレッシュジュース、氷で増量タイプのお店だって500円近くするのに、この内容でこのお値段!
かなり頑張っているそうです・・・。

さっそく、先ほど紹介してもらった健康素材のヤーコンと組み合わせた「ゴーヤ&ヤーコンジュース」と、桑の実のジュースをいただいてみました。
ヤーコンは生絞り、それにゴーヤです・・・リンゴが加えてあるとは書いてあるものの、かなり覚悟して一口。
あ、でも思っていたよりも飲み口がさわやかで飲みやすい!もっとドロッとしているかと思いましたが、漉してあるのか液体はサラサラ。確かにあとからゴーヤの苦味を舌の奥で感じるけれど、それでも健康素材を手軽に取り入れられると思えばなんてことはない!
意外に思える組み合わせでしたが、結構人気なんだとか。

200606-10.tenpo.jpg

赤い色のグラスが、桑の実のジュース(マルベリードリンク)です。鮮やかな赤から想像できるように、効能は豊富なアントシアニンによるポリフェノール作用!さらに鉄分・カリウム・亜鉛などのミネラルも多く含まれていて、女性に人気で関連ネット商品もすぐ売り切れてしまうという桑の実です。
お味は、割と深めな甘みですが飲み口はさっぱりしていて・・・何となく、ロッテのブルーベリーガム味に似てる?

ドリンクと一緒に頂けるスイーツも充実しています。
オススメは北海道加工商品フェアで最優秀賞を受賞した経歴のある、北海道伊達市の牧場「牧家」の目玉スイーツ。ここでは「牛のたまご」という名称で販売しています。

200606-11.tenpo.jpg

見た目が変わっていて、風船の中に入っていて丸い形をしています。これにプチッと楊枝でも刺してお皿にあけると、真っ白な濃縮プリンが“ぷりんっ!”と登場。(上写真の一番右は、半分にカットしたものがお皿に乗っている状態です)
付属でカラメルソースが付いているんですが、プリンの味が繊細でソースに負けてしまうということで、お店のメニューで出しているプリンにはキウイフルーツなどのオリジナルソースがかけられています。
『フルーツソースは日によって色々変えているんですが、フルーツのほど良い酸味が利いててプリンに大変合うとご好評です。一度お店で召し上がった方からは、カラメルソースはいらないと言われるほどです。ご自宅でも、カラメルソースではなくママレードなどのジャムを添えて召し上がってみてください。』

200606-12.tenpo.jpg

このプリン、実に濃厚!!
味だけでなく食感もモッチリしていて、スプーンですくうとプリンが歪むくらいです。ふわっと広がる風味は、何だかチーズになる超ギリギリの直前のような感じでもあり、濃厚プリンってたくさんありますが、どれとも全く違う、今までに味わったことのない風味なんです。
けれど、後味はあくまでさっぱり!しつこさがなく口の中でいつまでも残らないので、ついついスプーンが加速してしまうんですが、一口がとっても濃厚なので半分の量でもかなり満足できてしまいます。

『1歳前の赤ちゃんから90歳のお年寄りまで、誰もが安心して食べられるプリンです。こちらに通ってくださるお母さんも、1歳のお子さんが大好きだからと週に何度も購入してくださっていて・・・一度食べたら病みつきになる方が本当に多いんですよ。』
もうすぐ2歳になるなび息子も、相当ハマってしまったようで・・・結局まるまる1個(プラス、さらに私のお皿にまで手を伸ばして)食べてしまいました。食べ過ぎだよ!

200606-13.tenpo.jpg

お食事メニューにも健康テーマがしっかり盛り込まれていました。
福井産コシヒカリを使用した五穀粥やそば粥など5種類ものお粥が単品500円で用意されていたり、家で下ごしらえするのが面倒なフキやタケノコなどの素材を積極的に取り入れた季節の混ぜご飯なども頂けるようです。混ぜご飯は、漬物と味噌汁付きで500円!
その他、ドライカレーやエビピラフ、数種類のスパゲティやカレーなどなどもワンコインの500円で食べられるとのこと、これは一人暮らしの方にも強い味方?!ちなみに、ランチタイム(11:30〜14:00)には、日替わりサラダとコーヒーor紅茶付きで760円のセットなどもあるようです。

200606-14.tenpo.jpg

帰りに、ミニトマトや玉ねぎ、スイカ、卵に味噌などなど、かご2つ分もの食材を買いこんで帰ってきました。早速翌朝に目玉焼きを作ったのですが、黄身の色は濃くてパッツパツ!表面張力の限界を感じるほどに丸く盛り上がった様子に、こりゃ生たまごで食べればよかったと後悔するほど。
10個ほど袋に詰めたミニトマトは、とっても味が濃くて甘くジューシー!ニラはビニールに入れていたせいか、その晩に調理するときには先がふにゃってしまったかと思われましたが、刻むとバリバリ・キュッキュッと新鮮そのもの。特に香りが強くて、ニラらしいニラを頂けました。
500g入りの味噌も購入しました。あけてすぐは、ちょっと麹の風味が強いかな?という印象でしたが、数日冷蔵庫に寝かせておいたところ、馴染んできてどんどんと風味豊かな味噌汁に!
ちなみに、減塩タイプとのことですが、いつも普通の味噌を使っている私でもさほど気にならない程度です。

200606-5.tenpo.jpg

“毎日店内に変化がある”と聞いていたとおり、その後2回ほどお店に立ち寄ったんですが、毎回新しい食材を発見したり、興味深いお話を聞けたりと、普通のスーパーでは得られない時間を楽しめました。
今日の献立がまだ決まってないとき、ふらっと立ち寄ってオススメ食材をアドバイス付きで買いに行くのもよし!散歩途中で健康フレッシュジュースを一杯、帰りに目についたお買い得商品をゲットするのもよし!
“自分のため、家族のために、少しでも良い素材を食卓に取り入れたい!”そんな願いに応えてくれる、こだわりの青果販売店&飲食店「Kuo」。確かに一言じゃ言い表せないお店でしたが、とにかくまずは入店してみるべし!

●健康応援館 Kuo(クオー) 047-489-5890
千葉県八千代市八千代台南2-1-3 TKビル1階(地図
営業時間/11:00〜20:00(年中無休)
駐車場/有り(店舗左側に数台)


posted by やちなび子 at 00:00 | Comment(2) |  >スーパー・生鮮食品店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カウボーイBOBのワンコイン英会話喫茶室もこちらのお店でやっておりますよ。
カレーとナンは絶品です。
是非皆様もこちらのお店のカレーとナンをお試しくださいね!
Posted by カウボーイBOB at 2010年07月02日 09:41
昨日もカウボーイBOBはクオーさんにお邪魔して美味しい本格インドカレーとデカイナンを満喫しました。この健康応援舘のネームにふさわしく人々の健康を応援したお店ですね!
Posted by カウボーイBOB at 2011年07月30日 10:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。