2015年01月26日

人気!ゆりのき通りから徒歩で行けるいちご狩り「周郷農園」&幻の黒イチゴほか

お正月明けから4月1週目あたりまで、八千代市内各地でいちご狩りが楽しめます。

中でも、周郷農園直売所「食の広場 PIAZZA(ピアッツァ)」さんのハウスは、ゆりのき通り沿いの住宅街から徒歩で行けるというアクセスの良さから、毎年子連れファミリーで賑わいます。
平日の思い立った時に、ママだけでも連れて行ける気軽なスポットとしても注目なんですよ!

tenpo261229-1.jpg

★2015年 ピアッツァイチゴ狩り情報
【期間】2015年1月4日(日)〜4月5日(日)
【時間帯】午前の部/10:00〜11:30、午後の部/13:30〜14:30
※毎週水曜日は午前の部のみ開催
※30分食べ放題、練乳付き

【定休日】木曜日
【予約】要(電話若しくは店頭にて承ります。メールでの予約は不可)
※1日の定員が決まっているため、当日でも事前にお電話にてご確認ください。047-459-9121(9:30〜18:00)
【料金】※料金はすべて税込価格
1/4(日)〜2/28(土)・・・小学生以上 1,500円、1歳〜小学生未満 700円、1歳未満 無料
3/1(日)〜3/31(火)・・・小学生以上 1,300円、1歳〜小学生未満 600円、1歳未満 無料
4/1(水)〜4/5(日)・・・小学生以上 1,000円、1歳〜小学生未満 500円、1歳未満 無料 

【駐車場】有り/ピアッツァ駐車場に7台
⇒イチゴ狩りのビニールハウスまでの行き方など、詳細はこちらのレポートへ!


知る人ぞ知る「いちごオーナー」制度も、3月の募集時期になるとあっという間に定員になるほど人気です!
この企画は、ビニールハウス内の1区画150株をオーナー契約することで、4月頃から5月頃まで好きな時に好きなだけいちご狩り出来るというもの。十分な質と量で、多くの方に来てもらっていちご狩りを開くには4月始め頃までが限界ですが、この時期もまだまだ十分楽しめますよ!
採りたて新鮮イチゴがいつでも食べ放題だなんて、子どもたちに夢のようなプレゼントになりますね。
先着で区画が埋まり次第受付終了となるので、気になる方は要チェックですよ!
★いちごオーナー募集
【申込み受付】2015年3月頃を予定
⇒詳細が決まり次第、こちらのページにアップされます。

いちご狩りで食べられるのは、「章姫(あきひめ)」という品種です。
章姫は粒がもともと大きめなので、いちご狩り終盤でも並程度には成長しますし、何個でも食べられちゃうスッキリした甘さが特長!
最近は、ひとつのハウスで色々な品種が食べられるスポットもありますが、量が安定しなかったり病気にかかりやすい品種があったりして維持が難しいのが難点。
周郷農園さんでも、今まで色んな方法を試してみて、やっぱり「せっかく食べ放題に来てもらうなら、実が沢山ついていて、お腹一杯食べられる環境を用意したい!」という思いから、章姫一本に絞ってハウスを維持されているということでした。


とはいえ、生育しているのは章姫の一種類ではありません!
市内に沢山あるイチゴ農家の中でどう差別化するか?ということに熱心な周郷さん。
本当に、びっくりするほど毎年のように新しい品種の取り扱いにチャレンジされているんです。


tenpo261229-9.jpg
↑ いちご狩りの畑には無い品種は、店頭で販売しています。

今年のピアッツァ店内には、桃のような香りが口いっぱいに広がる、とにかくあまーい「房の香(ふさのか)」(最近市内の直売所でも見かけるようになりましたよね!)や、スーパーで買うイチゴと一緒!?と疑わずにはいられない「とちおとめ」のほか、昨年から販売し始めた新品種「みつはる」など、4〜5品種が並びます。

2015年の注目品種は、「真紅の美鈴(しんくのみずす)」!!
別名、黒イチゴとも呼ばれていて、平成24年に品種登録されたばかりの珍しいものです。まだ全国でも数軒の農家しか取り扱っていなくて、確か去年かおととしあたりに、あのフルーツタルトで有名なキルフェボンでも黒イチゴのタルトを限定で販売してすごく話題になりましたよね。

『果肉の中まで赤〜いイチゴ 新品種「真紅の美鈴」 大網白里の成川さん開発』
http://www.chibanippo.co.jp/news/local/197924(千葉日報 2014年06月12日)

ピアッツァの人気品種「かおり野」と、食べ比べをさせていただきました!
tenpo261229-4.jpg

まずは、赤いイチゴ代表?の「かおり野」。
三重県の品種で、章姫ととちおとめをかけ合わせているそうです。
酸味が少ないのが特長で、カタチや実の固さはとちおとめっぽいので、実崩れしにくいそうです。

tenpo261229-2.jpg
↑ パックに並んだ「かおり野」。

tenpo261229-6.jpg
↑ 断面はこんな感じ。実の白さは甘さの証です!

まず、パックを開けた時に果実から立ちのぼる香り高さにビックリ!
甘さはとても強いのだけれど、程良くさっぱりとした後味。
果肉がしっかりしていて、食感が良い!


そして、こちらが「真紅の美鈴(しんくのみずす)」。
黒イチゴと呼ばれているだけあって、実の色にとても特長があります。
「ふさの香」と「麗紅」という品種をかけ合わせた新品種。この麗紅というのは、あまり聞き慣れない品種だったのですが、調べてみたら昔ながらのイチゴだそうで、「苺の中で最も赤い」と言われるほど鮮やかで光沢がある濃紅色なんだとか。
ふさの香は、ピアッツァファンの方なら一度は手にされたことがあると思いますが、とにかく桃のような風味で甘ーい!!それぞれの特長を十分以上に引き継いでいるのが、真紅の美鈴です。

tenpo261229-3.jpg
↑ 上の「かおり野」の写真と比較してみると、その黒さは一目瞭然!

tenpo261229-5.jpg
↑ 切り分けると、中まで赤く色づいているのが分かります。

断面が白くないから、ついちょっと酸っぱいんじゃないか・・・?と思ってしまいましたが、口に入れたらば、とんでもない!!
甘味が濃厚!!
果肉は柔らかめで、酸味がどこにも感じられません。そして、香りがほんとに上品!
中まで真っ赤だから、贅沢にショートケーキの間にスライスしたものを入れたら、切り分けたときにとっても華やかになりそうですね。


店頭で、色んな品種をご家庭にて楽しむのはもちろん、いちごは贈答品にも喜ばれますよ!
パックを詰め合わせて手土産用にしてくれるので、お持たせにピッタリ。
遠方の方への配送も出来ますが、その際は、果肉が痛みにくく粒が大きく見栄えのある章姫となるそうです。他の品種をご希望の場合は、周郷農園の直売所「ピアッツァ」さんへ直接ご確認くださいね!

★贈答用いちごについて
【品種】章姫(あきひめ)
【価格】一箱2,800円
※一箱は大体1.4kg入りで、12粒×2ケースの24粒入りが一番大きいサイズ、そして15粒×2ケースの30粒入り、20粒×2ケースの40粒入りと3タイプから選ぶことが出来ます。
⇒贈答用いちごの紹介レポートはこちら!

241205-9.tenpo.jpg


●周郷農園直売所「食の広場 PIAZZA(ピアッツァ)」 047-459-9121
千葉県八千代市大和田新田643-3(地図
【営業時間】9:30〜18:30
【定休日】木曜日
【駐車場】有り/7台
※毎週火曜日は周郷農園の野菜88円セール!
【ホームページ】http://members3.jcom.home.ne.jp/sugou-piazza/index.html
15waku-newmigi_ichigo2015.png
⇒ 2015年八千代ナビ!いちご狩り情報 はこちら

〔関連レポート〕
2008年11月04日 食の広場 PIAZZA(ピアッツァ)


posted by やちなび子 at 15:34 | Comment(0) |  >食の広場PIAZZA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。