2014年07月31日

キュアナ鍼灸治療院 〜不妊・美容専門のトータルケアプライベートサロン

「鍼灸」と聞くと、東洋医学=なんだかとっつきにくい、本当に効くの??
というイメージをお持ちの方も多いかも。
逆に、え?普通に利用するけど・・・という方、もしかして関西出身?

実は、鍼灸には地域差があるらしいのです。

特に関東圏の方には馴染みが浅い傾向にあり、何かカラダに辛いことがあっても、そこで「鍼灸院に行こう!」という発想はあまりポピュラーではありませんけれども、関西方面では、鍼灸を手段に考えることがかなり浸透しているんだとか!
思えば確かに、神戸の友人から『めまいで悩んで鍼灸院に3軒ほど通って、相性の良いところが見つかって・・・』なんて話を聞いたことがあります。
でもワタシ、「へー、まだ若いのに鍼灸院に行くんだなぁ」位にしか思わなかった覚えが。

そもそも、そんな風に思うのは、ちゃんと効くのか疑る気持ちがどこかにあるから。
目には見えない「ツボ」や「気の流れ」といった考え方を持つ東洋医学に対して、どこまで信用できるものなのか計り兼ねるところがありましたが・・・

実は、れっきとした「医療」だってご存知でした?
鍼灸の治療は胡散臭いものではなく、きちんとWHO(世界保健機構)によってさまざまな疾患に効果が認められているのです。
だから治療を受けたときの領収書は、年末の医療費控除の対象にもなるんですって!!
※疲れを取るためなど、癒しを目的とした場合は対象にはなりません。
詳細はこちら⇒http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1122.htm

西洋医学との大きな違いは、「病気の予防」に重点が置かれていること。
病気にかかってから治療するのではなく、その原因となるカラダの不調をとらえて整えるという考え方は、近年広がっている予防医学の観点からも再評価されていて、今や東洋医学は「代替医療」とも呼ばれ、西洋医学と併用した効率の良い治療が数多く確立されてきているそう。
世界的には、多くの医学部で代替医療の教育が行われ始めているほど!

もう、“東洋医学は怪しい”だなんて口にしたら、考え方が古い!と言われかねないわね・・・。


婦人科系にもとても効果的だという鍼灸。
冷えや腰痛、肩こり、むくみ、肌荒れ、何だか疲れが取れない・・・といったことって、女性には結構誰にでもある症状だったりしませんか?
そんな「病院にかかるほどではないけれど・・・」という日常的な症状を回復しておくことこそ、健康維持に欠かせないことだったのです。

鍼灸は、まさにその「未病」対策に最適な手段!

私も30代半ばに差し掛かりまして、なんとなーくの不調が満載。
女性だと35歳を目安に健康診断の機会も多くやってくるわけで、ここで一度全身の状態をチェックしてもらって、病気予防につなげなきゃ!!ということで、今回は八千代市にある「キュアナ鍼灸治療院」に行ってきました!

260725-6.tenpo.jpg
↑ キュアナ針灸治療院は、完全予約制。ベッド1台の個室で、永澤先生以外にスタッフの方もいらっしゃらないので、周りを気にせず、誰とも会わずに安心して通えます。

こちらは、女性でも気軽に足を運べるように、いろんな気遣いが散りばめられている女性限定のプライベートサロン形式。
キュアナ針灸治療院で施術にあたる女性鍼灸師兼カウンセラーの永澤先生は、整骨院・治療院に勤務された後、銀座にある某不妊専門鍼灸治療院にて中医師・産婦人科医に師事された経歴と、美容鍼灸師の資格もお持ちのため、通常の鍼灸治療のほか、不妊や美容に特化した施術も専門に行います。

一般的な鍼灸院のイメージとは一線を画した店舗スタイルにも、理由があってのこと。

永澤先生:
『男性の鍼灸師が多く、来院するのは高齢の患者さんばかりだったり、施術中にもカーテン越しに他の人の気配が気になる治療院がほとんどという状況を目の当たりにし、女性にとって鍼灸院がとてもハードルの高いものになっていると感じていました。
特に、不妊治療に関してはデリケートな問題なだけに、従来のスタイルでは活用してもらえない!という思いから、リラクゼーションサロンで味わう空間や演出による深いリラックス効果と、本来の治療効果を融合させた、オリジナルティ溢れる治療院を目指したのが開院のきっかけです。』

260725-5.tenpo.jpg
↑ 足湯をしながら、初回は問診票も記入します。十分カウンセリングを行い、足元も温まった状態から鍼灸治療を始めていきます。

来院したら、まずはハーブティで一息。
ここからのんびり世間話なども交えながら、カウンセリングに20分ほどかけていくんです!

永澤先生:
『一般的な治療院では、ここまでじっくりカウンセリング時間を取りません。けれども、患者さんの考え方や食事、生活習慣といった面から見直さなければ症状が繰り返されるばかりですから、原因を根本から治すためにはカウンセリングがとても重要になるのです。お話していく中で、それぞれの症状に合ったアドバイスを行って改善へと結びつけています。』

また、こちらにいらっしゃる方の多くが不妊治療を目的とされているそうですが、来院されるまでにあちこちの病院へ通っていて、既に大きなストレスを抱えていらっしゃるため、患者さんの気持ちに寄り添うカウンセリングはとても重要になります。
回数を重ねて心から気持ちがほぐれるに連れて、治療効果も上がってくるとのことでした。
一日の予約数を5組までに限定しているのも、こうして一人一人に余裕を持って対応できるようにするため。次の患者さんが控えている状況を作らず、十分にお話できる時間を取れるよう、予約の前後2時間半は開けて受け付けているそうです。


さて、キュアナ針灸治療院では目的に合わせていくつかコースが用意されているのですが、今回は一番スタンダードな施術「経絡トリートメント60分(5,250円)」をチョイス。
美容鍼+小顔フェイシャルリンパマッサージの「美容コース」を希望してお見えになる方も多いそうですが、カラダに滞りがあると部分的な施術をしても効果が上がりにくいとか。初めて鍼灸治療をされる場合は、ご自身が気付いていない不調をチェックするためにも、まずはこの60分コースがオススメだそうです!

そうそう、来院するときの服装ですが、上下ともに着替えが準備されているので、どんな格好で受診しても大丈夫です!もしそのままの服で受けるなら、ひざ上までまくれるようなラフなパンツがベスト。
服の上から触診していくので、上下ともにシンプルなほうが良さそうです。

260725-7.tenpo.jpg

まずは施術用のベッドへ仰向けになり、問診票に書かれたことについて会話しながら、首・肩まわりから腹部、足先までを軽く触れたりしながら、カラダの状態をチェックしていきました。

問診票で書かれる部分は自覚症状があるわけですが、実際には他の部分にも流れが滞っていたり固かったりするケースが多いとのこと。まずは初見でそうした部分を探り、患者さんの症状に応じた道具や方法、施術の流れを個別に組み立て施術を行っていきます。また、同じ方であっても、2回目、3回目・・・と施術を重ねる度にも症状は変化するので、毎回内容を変えていくとのことでした。

↓ 『ここは痛みますか?』と聞かれるポイントは、どこも軽く触れているだけなのに刺激が!
260725-10.tenpo.jpg

『では、施術していきます。』
との声掛けで、いよいよ鍼を持ってお腹からスタート!

東洋医学では、病気や痛みなどの症状は全身のアンバランスから引き起こされると考えられています。そこで鍼灸治療は、症状の元となっているアンバランスな部分を、金属製の鍼ともぐさなどのお灸を使って刺激を入れていくことで調整していきます。

260725-4.tenpo.jpg
↑ 見せていただいたのは、こんな髪の毛ほどに細ーい鍼。刺激はいかほどか・・・?!

全くお腹周りの様子は見えないので、触れる気配でしか何をされているのか分かりません。
胃のまわりが、ちくちく・・・。

刺してる?!
今、刺しました??!

『いえ、まだ刺していませんよ。こんな感じで、スッスッと先で触れ撫でている状態です。』
と、手元で実際に見せてくれました。
ワタシみたいな、いまだにインフルエンザ予防の度に注射器から目をそむけるような、鍼に恐怖を抱いているような人には、まず、初回からサクサク刺すことはしないそうです・・・。
言われてみれば、ボールペンの先で肌の表面に書いているような、そんな刺激です。

ときどきそれを、ちょっと軽く押し当てている感覚がちらほら。

後から、『刺す前に、「刺しますよ!」と声掛けしたほうがかえって緊張されてしまいますから、気付かないうちに必要に応じて刺しています。』と!!
触れているのか、刺しているのか、そのどちらなのか見抜けないくらいの刺激だということだわね・・・。

↓ 時折、こうして脈を測ったりして効果の出方を確認します。『なび子さんは、本当に効きの良い方ですねー!』とのこと。整体でも言われました!!・・・単純なのかな。
260725-13.tenpo.jpg

そうそう、衛生面には細心の注意を払っていらっしゃいます。
鍼が使い捨てなのはもちろんのこと、シャーレー(鍼皿)も使い捨てを使用しているそうです(シャーレーを使いまわす治療院もあるそうですが、鍼だけを使い捨てにしても意味がないとか)。
また、消毒用綿花は1枚1枚個別包装になった物を使うなど、感染症防止策が徹底されていて安心です。


うつ伏せになって、首から背中、腰の痛みを確認していきました。
自覚症状が強かった腰や首の付け根には、鍼で施術したあとからお灸をしていくことに。

こうしてお灸をし始める頃には、下半身はすっかりポカポカ。
ベッドに横になるときから、足裏が当たるように湯たんぽも置かれているんですが、施術の途中からは遠赤外線効果でカラダの芯から温まる、電気式の温熱器も足元からあてていきます。中に木炭のような、カーボンが入っている珍しい品です。
空調は整っているので快適なのですが、最初の足湯から始まって施術が終わるまで、足元を中心に心地良く温かい状態が保たれました。


内臓にアプローチするため、足裏のツボへもぐさを使ったお灸も。
かかとは皮膚も厚いので、このくらいダイレクトな刺激でも大丈夫でした。念のため、ヤケド防止のためにもぐさを置く部分には下地として薬を塗ります(写真2枚目の赤い部分は、薬の色です)。

↓ お灸の定番!もぐさです。これを指先で小さく取って、ピンポイントに置いていきます。
260725-16.tenpo.jpg

再び仰向けになって、葉巻たばこ風のお灸をひざ周りやお腹に再びあてて、脈をみて・・・を繰り返し、少し肩周りに指圧のようなマッサージも行ったところで、起き上がってベッドに座るよう声掛けされました。

『右肩は大分柔らかくなりましたが、左肩はまだまだ張ってますね。でも、これを一気にゆるめようとするのは、かえってカラダに負担がかかりますので今日はここまでで終了しましょう。』

↓ 手助けしていただきながらストレッチをしばらく行い、終了となりました。
260725-18.tenpo.jpg


ゆっくり立ち上がってください、との声でスッと足を伸ばしたときの感覚に、まずビックリ!
自然と背筋が伸び、肩周りの力が抜けて、姿勢を保つのがとってもラクだったんです。
あ、腰の痛みもラクになってる!
そして何より、ただただ横になって施術を受けていただけなのに、血の巡りがすごく良くなったからでしょうか。お風呂上がりのようにカラダ全体がポッポしてます!!

『なび子さんは、足の冷えがかなり目立ちました。内臓、特に胃の周りが固くなっているようですね。』
というコメントとともに、食生活のことや足首は夏でも靴下を履くなどして冷やさない工夫をすることなど、アドバイスをいただきました。

260725-19.tenpo.jpg

鍼灸治療は薬を処方しないので副作用は一切無いのですが、治療を始めると一過性の「好転反応(=めんげん)」が起きて患部の痛みが増したり、だるさ、疲れ、眠気が生じることがあります。これはカラダの奥にあった疲労や、隠れていた症状が表面化することによるもの。
特に慢性化していた症状は、痛みを越えて感覚が鈍くなっている場合が多いので、かえって治療によって悪化したのでは?と思われるかもしれません。ですが、慢性的なものほど急性期の症状を繰り返しながらさかのぼるように治っていくため、一般的には3〜4回目の治療で反応のピークが来ますが、それを超えるとカラダは格段にラクになっていくそうなので、少し我慢して続けてみてくださいとのことでした。

気になるのは、どのくらい通えばいいの?という点。
治療の間隔ですが、辛い症状があるうちはあまり間隔をあけずに、1週間から10日ほどで次回の治療を受けたほうが効果的だそうですが、楽になってくれば1ヶ月など日を空けても効果を維持できるようです。
ちなみに、薬を今までに多用していた方や、ムチ打ちの症状などから牽引治療をしていた方などは、効果が出るまで時間がかかる傾向にあるようです。

260725-8.tenpo.jpg

帰宅後のこと。

特に気になるめんげん症状は出ませんでした。
とにかく、とても腰が楽!!
他に実感した改善症状は、もともと咬み合わせが悪くてアゴが左右どちらかにずれやすいのですが、施術後から数日間は自然と真ん中に上下の歯が揃い、過ごしやすかったです。
やちなびの体験も含めて、結構色々な種類の治療やリラクゼーションものを体験してきましたが、その場での気持ち良さはあっても、ここまでの効果を感じられる施術はめったに出会えないので感動でした!
※もちろん、効果には個人差があるかと思いますが・・・私には合っていたようです!

さらに数日後。
緩んだ右肩に比べて、どうにも左肩だけは相変わらず張っていて気になったので、2週間後に2回目の治療をお願いしました。

初回に比べて、私も鍼への恐怖心が薄れたこともあって、気付かない間に結構刺されていたらしい!
終わってから腕や足を見ると、前回にはあまり見られなかった赤い発疹のような点をいくつも発見しました。ただ、特にかゆみや痛さは無く、一晩たったらキレイに無くなりました。
それと2回目は、まだまだ手強い左肩、両手親指の付け根あたり、そして足首近くに「置き鍼」もして帰りました。これは、見た目はピップエレキバンみたいな肌色のパッチで、中央がぷくっと膨らんで中に微小な鍼が入っているそうで、これを先生が見極めた的確なツボの位置に先端が触れるように貼るだけ。
全く痛くもなんともなく、防水なのでそのままお風呂に入っても家事をしても、全くはがれませんでした。気にならなければ数日間貼っても大丈夫ですよ!とのことだったので、2〜3日はそのままで過ごしました。

その効果もあったのでしょうか?
1回目に比べて、飛躍的に2回目のあとの効果が半端なかった!

まず、左右の肩がゆるんで、あれ?こんなに首長かったっけ?と思うくらい、見た目で首の付け根まわりがスッキリしたんです。背中を鏡で見ても、肩甲骨まわりに付いていたあの肉は「むくみ」だったの?!と思うくらい、なび夫さんが見ても分かるほどにスッキリ感が出ました。

さらに、足首からふくらはぎあたりのむくみ感が薄れ、太ももに至るまで足全体がスッキリ!これはいつものパンツを履いたときに、足の付け根あたりの緩みで変化を感じました。

そしてコレが一番私にとって、思いがけない効果なんですけれども、全身の血のめぐりが良くなったからでしょうか?4〜5日経ったあたりから、なんかこう、顔にハリというか、透明感が出てきたというか、明らかに以前との違いが出てきたんです。
化粧品は変えていないので、思い当たるのがこの鍼灸治療くらいしかありません!
きっと、両肩が見るからにラクになったので、首周りで滞っていたものが流れて先端まで栄養が行き渡っているんじゃないかと推測。

これらの効果は、2回目の施術から2週間過ぎたあたりまで続きました。
でも、半月過ぎたあたりからカラダ全体で、少しずつアレ?・・・と思うところが出始めています。まだ両肩は緩んでるし、以前に比べたら格段に過ごしやすいのには変わりないのですが。やはり推奨されているとおり、初回から3〜4回は空けても2週間程度の間隔で、次の施術をするのが良さそうです!


今回施術していただいたコースのほかにも、美容鍼を行う美容コースやアロマコース、よもぎ蒸しコース、耳つぼコース、小児鍼で0歳〜学童期のお子さんに施術する小児コースなどがあります。
各コースや治療院のことについて、ホームページでとても詳しく紹介されているのでぜひチェックしてみてくださいね!
⇒ホームページはこちら

●キュアナ鍼灸治療院 〜不妊・美容専門のトータルケアプライベートサロン 
047-494-5828 / 090-2932-8971
千葉県八千代市大和田新田 東葉高速鉄道八千代緑が丘駅より徒歩7分
【営業時間】10:00〜22:00
【定休日】年中無休(不定休)
【ご予約・お問い合わせ】お電話 または ホームページにあるお問い合わせフォーム(⇒HPはこちら)からお願いします。
※完全予約制。当日キャンセルは施術代全額請求となります。
【ホームページ】http://www.curena.net/


posted by やちなび子 at 00:00 | Comment(0) |  >針灸・整体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。