2007年03月15日

物件はネットで!スタイリッシュな不動産屋「緑が丘ホームズ」

【追記】2012年12月27日
緑が丘ホームズさんが移転しました。
新店舗での営業は、12/17より開始されています。
ホームページや営業スタイルなどは以前と変わらず、インターネットを活用したお客様目線のサービスが引き続き提供されるとのこと。
外観写真などは後日またご紹介しますが、取り急ぎ新店舗情報です。
※年末年始は、12/29〜1/3までお休み。1/4から営業します。

★新店舗情報
緑が丘ホームズ(株式会社オフィス・オカモト) 047-459-9832
【所在地】千葉県八千代市大和田新田101-143
【営業時間】10:00〜19:00 
【定休日】水曜日
【ホームページ】http://www.yachiyoshi-chintai.jp/

大きな地図で見る


不動産屋さんで住宅を探すという機会は、今までに2回ありました。1回目は新居となる賃貸住宅を探すため、2回目は八千代で中古の分譲マンションか戸建てを探すため。どちらも家を探すのに変わりはないのですが、1回目と2回目では「気持ちの余裕」と「探す手段」に大きな違いがあったんです。

最初の家探しは、とにかく結婚式までには新居を見つけなきゃ!という切羽詰った状況。“気に入ったものが無いから引っ越さない”と言うわけにはいきません。しかも、新しく住む街だったので土地勘にも疎く、とりあえず駅周辺にある不動産屋さんを何軒か回って物件の紹介をしてもらいました。希望の間取りや価格を伝え、5〜6つほどピックアップされた物件とにらめっこ。外観の写真は付いていませんでしたし、住所を見てもどんな場所だか分からないため、気になったものがあれば即日、若しくは日を改めて現地へ足を運ぶ日々・・・。
よし!やっぱりあの物件にしよう!とはじめの不動産屋さんへ戻ったものの、「え?一足先に入店した夫婦が既に成約済み!?」アイター!
手元にある何枚もの紙を見比べ、混乱しつつある現地の様子を回想し、やっとの思いで希望の物件にたどり着いたのでした。

そんな苦労して見つけた物件だったのに、「高い家賃を払い続けるより、手頃な中古に住んだ方がいいのかも。実家も近いし、住み慣れている八千代で家を購入してしまえ!」と、1年も経たないうちに引越しを思い立ってしまったわけなんですが・・・更新時期が迫っているわけでも、家自体や生活環境に不満があるわけでもなかったので、“希望を満たすような良い物件が無ければ、このまま住んでいてもいいかな”という気楽な心境での家探しがスタート。
探すといっても、共働きでお互い忙しくしていましたし、急ぐこともなかったため週末にガンガン不動産屋さん巡りをするようなことはありませんでした。そのとき入った不動産屋さんに適当な物件が用意されているとも限りませんし、逆に別の日に行けば良い物件に出会えるかもしれない・・・と考えると、更に足が遠のきます。何回も通えばいいのでしょうが、「今回は気に入ったのが無いので結構です。」と帰ったあと、再びお店を訪れるのは気まずい感じだし・・。
そんな私たちにピッタリだったのが、インターネットを使った物件探しでした。

ネットなら自分の都合でいつでもチェックできるし、サイトによっては物件の外観がカラー写真で掲載されていたり、紙媒体より情報が整理されていたりするので比較検討がしやすいんです。何より、何回でもサイトにアクセスして情報を見ることができるので、直接お店に行くよりとっても気楽!
そのときはまだ八千代市外に住んでいたわけですが、八千代の不動産屋さんまで足を運ぶことなく、目ぼしい情報がすぐ手に入るんだから、本当にネットはラクチン!とその便利さを実感しました。

ただ、サイトによっては店頭の方がより最新の情報が揃っていたり、サイトの情報が古くて既に成約済みだったり・・・と、二度手間を踏んでしまうことも。新婚当時よりもはるかにネットでの不動産情報が充実してきたとはいえ、やっぱり実際に店舗へ足を運んだ方が、より良い物件に出会えるものなのかな?

「そんなことはありませんよ。むしろ不動産物件という流動性の激しい情報こそ、インターネットの即時性や一括管理能力を最大限に活かすことで、今まで以上のサービスが可能になるはずなんです。」

190313-1.tenpo.JPG

そう語るのは、緑が丘駅から徒歩3分、イオン向かいの通り沿いに今年2月16日オープンした不動産屋さん「緑が丘ホームズ」の岡本社長。今までに無いスタイルの不動産屋さんを模索する、こだわりと熱意溢れる社長が興したこの店舗、とってもスタイリッシュな外観でとても不動産屋さんには見えません・・・。

外観同様、店内もらしからぬ様子です。ホワイトとグリーンの2トーン使いされた壁、インテリアショップかと思うような家具、それも白を基調とした中にアクセントとなる赤いチェアが配置されていたりと、レイアウトにもかなりのこだわりが感じられます。それもそのはず、お店の立ち上げにはデザイナーが入っているんだそう!これは、知らない人が通りがかったらまさか不動産屋さんとは思わないんじゃないかしら?でも受付カウンターや事務の方がいらっしゃったり・・・つい「何やさん?」と尋ねたくなりそうなほど。

190313-9.tenpo.JPG

「逆に、それが狙いなんです。当社の店頭には窓一杯に貼られた物件情報とかポールになびく旗とか、一切ないでしょう?自分の経験上、チラシの隙間から中をうかがいつつ、入店しようかどうか迷っているお客様がすごく多いことに気付いたんです。同時に店側も“入店するのかな?どうかな?”と様子見していたり・・・。そういう入りにくくなってしまう要因を取り除いて、むしろカフェテリアのような気軽に出入りできる店舗づくりを目指しました。」

カフェテリア!
不動産屋さんと言えば、私も数回しか足を運んだことがないくらい日常生活には縁遠いイメージ。そんな用事もないのに気軽に出入り・・・って、いいんですか?

190313-10.tenpo.JPG

「もちろん全く用事も無いのに入店・・・というのは気が引けるかもしれませんが、その用事も物件探しにこだわらず、もっと不動産屋の間口を広く認知していただければと思っています。例えば、八千代に転入されたばかりで土地勘がない方でしたら、どんなところに公園がありますか?とか、学校はどのあたりに?とか、近くのコインパーキングは?などなど・・・地元密着の不動産屋だからこそ、そうした街の情報を人一倍知っているわけで、それをもっと気軽に提供できればと考えています。
こうしたやり取りを通じて、地元の皆様と身近なお付き合いをさせていただくことで、人生に何度もない“家探し”など不動産関係のご用事が出来たときの、スムーズなお手伝いに繋がると思うんです。」

店内左には、本当にカフェテリアスペースがあるんです。自由に頂けるコーヒーサーバー、本(これからさらに充実させるんだそう)、さらに小さなお子様が座っていられるようにプレイマットまで用意されていました。今後は、緑が丘ホームズで用意している物件情報が自由に見られるパソコンも置く予定だそうです。

190313-7.tenpo.JPG

また、お店の外にも小さなテーブルとイスが置いてあります。“待ち合わせどうぞ”と書かれた紙が添えられているとおり、気兼ねなくここを待ち合わせ場所として使って欲しいという意向のもと設置したのだとか。ちなみに、このテーブルをはじめ店内に置いてある家具のほとんどは、IKEAでチョイスしたものだそうです。

190313-2.tenpo.JPG

「お手洗いを貸してください!なんていうご用事でも大丈夫ですよ。うちのトイレはなかなかの評判なんです。」と、顔をほころばせる岡本社長。その自慢のお手洗いスペースがあるのはR型に湾曲した壁の奥、受付カウンターを越えた事務スペースに隣接している場所なんです。普通なら入りづらいはずですが、結構皆さん気にせず利用されているというのも、この開放的なレイアウトのせいかもしれません。ちなみに、トイレに置かれている花はスタッフの方が生けているそうですよ!

190313-4.tenpo.JPG

そもそも、不動産業というのは、昔はとても地元に根付いた業種で、誰もが自由に開業できるものではなかったそうです。地元の色々な方が集まる場であり、情報交換の場でもあり、そうした交流の中で「うちの息子にいいお嫁さんいないかしら?」とか、お見合いの話まで交わされたんだとか!
今でこそ用がなければ足を運ぶこともない場所ですが、社長は自分が目指す“カフェテリア的に利用してもらうスタイル”というのは、決して新しい取り組みではないと言います。

一方で、あまりに不動産屋さんらしくないし、窓に物件がひとつも貼られていないと“本当に物件を扱っているのかな?数が少ないんじゃないのかな?”と不安がる方もいらっしゃるのではと心配になりますが・・・。

「確かにそうかもしれませんが、それも新しい接客スタイルを確立するためなんです。当社ではホームページの中で“来店・案内予約”というフォームを用意していまして、こちらや電話でご予約された方を優先的に対応させていただいているんです。折角店舗へ足を運んでいただいても、お待たせしてしまったりご対応できるスタッフがいなかったりしては申し訳ありません。予約してくだされば、その方のためだけに十分な時間をご提供できますし、スタッフが中座して別の方を対応してしまうのは気分も良くありませんよね。一方、店頭の情報を見て入店される方は、大抵飛び込みのお客様。目ぼしい物件をネットでご確認されたお客様には、窓に貼った情報は全く不必要なものですし、景観や雰囲気を壊してしまうだけなんです。
もちろん飛び込みのお客様に物件情報をご提供することも当然いたしますが、やはりお忙しい方にオススメしているのは事前に当社の物件をネットでご覧いただき、ご希望の物件が見つかってからのご来店ですね。二度足にならずに済みますし、そのためにも物件の更新を最優先で行っているんですよ。ゆくゆくは、完全予約制に出来ればとも思っているのですが・・・。」

190313-11.tenpo.JPG 緑が丘ホームズHP/http://www.midorioka.jp/

私がネットでの家探しで不安に思っていたことは、最新物件は店頭が一番充実しているんじゃないかしら?もしかしたらネットの情報は古くて既に成約済みだったり検討中だったりするのでは?という情報の更新に関するものでした。そのあたりもカバー出来るよう、ホームページに工夫を施しているそうです。

まず更新頻度。会社によっては外注しているところもあり、タイムラグが発生することもあるそうですが、緑が丘ホームズではお店で直接更新作業を行うので、入手したての情報もすぐアップできるんだとか。しかも、入手の都度作業を行うので、更新が一日に複数回行われることも!ちなみにNEWマークは、点滅しているのはその日掲載したばかり、点滅なしは1週間以内に更新した物件に付けているそうです。

そして物件情報の多さ。今この瞬間にも、どんどん情報を登録しているとのことで、日一日として同じ内容にはないそう。これだけの情報量ですが、お客様が見やすいように検索機能も充実させています。特に注目したいのが、通わせたい小学校や中学校の学区内から物件を検索できる「学区検索」や、希望条件を登録するだけで、メールで最適な物件を連絡してくれる「希望条件登録(賃貸)・(売買)」という機能です。ちなみに、希望条件登録で送られるメールには、サイトに表示していない情報もあるそう!

また、物件以外の情報にも気を配っているんですって。例えば、最後はネットを越えて店舗でやり取りすることになりますが、その際円滑にお付き合いが出来るように、社長自ら作成・更新している社長ブログ(→こちら)や、スタッフの方々が担当制で日常のことから新着物件情報までを綴るスタッフブログ(→こちら)を掲載したり、緑が丘の情報を分かりやすくまとめた情報ページ(→こちら)を設けていたり・・・。
いずれは、スタッフの顔が並んだ予約ページを用意し、お客様が自由に対応者を選べるようにもするそうです(スタッフの方も 人気度があからさまに分かってドキドキですよね・・・)。

190313-8.tenpo.JPG

お店のドアにプリントされた緑が丘ホームズのロゴ。葉っぱが三枚並んでいるのは、借主(買主)・貸主(売主)のお客様と会社という3者の調和をイメージされたそうです。“地元密着”という昔ながらのスタイルと、インターネットを駆使して利便性を格段に向上させるという最新スタイルが融合したこちらの不動産屋さん、カフェテリアを介してお近づきになるのもよし!ネットの情報からお店に探りを入れるもよし!
ぜひこの緑が丘ホームズで、昔のように「身近」な場所として不動産屋さんに関わるきっかけにしてみてはいかがですか?

★2012年12月17日 新店舗へ移転しました
※以下、新店舗情報です
●緑が丘ホームズ(株式会社 オフィス・オカモト) 047-459-9832
【所在地】千葉県八千代市大和田新田101-143(地図
【営業時間】10:00〜19:00 
【定休日】水曜日
【ホームページ】http://www.yachiyoshi-chintai.jp/


posted by やちなび子 at 00:00 | Comment(1) |  >住まい探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何のお店かと思っていたのですが、不動産屋さんだったんですね!
そういえば今日なんかやってました(^^)

明日ビンゴに子供と参加してみようかな…
Posted by ふろーら at 2007年03月17日 18:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。