2013年02月24日

完全予約制が魅力!情報豊富な不動産屋さん「緑が丘ホームズ」

八千代緑が丘駅前の通り沿いにあった不動産屋さん「緑が丘ホームズ」が昨年末に移転し、1月初旬から新店舗で本格的に営業スタートとなりました。
以前レポートでご紹介したのは数年前ですし、これを機に外観写真なども差し替えようと思いまして、改めて取材に伺うことに。

さっそく新しい所在地で地図検索をかけてみましたが・・・


あれ?おかしいな。

不動産やさんなのに、なんでこんな閑静な住宅街のど真ん中に・・・?

↓ 東葉高速鉄道 八千代緑が丘駅の前からこのルートで向かうと、徒歩約15〜16分程度です。

大きな地図で見る

そして、アクセスの良かった前店舗に比べて、駅前からかーなーり遠ざかっている・・・。
店舗移転の、まさかの理由がよぎってしまったようなむにゃむにゃ

来店は、完全予約制。
徒歩のお客様を駅前などまで送迎しているとのことですが、割と皆さんご自分のクルマでいらっしゃるようです。駐車場もあるそうなので、今回は私も車で向かいました。
上の徒歩ルートだと、むらたレディースクリニックの先で左折する入口がかなり急な坂になっているので、坂道がなく道幅もそこそこあるこちらの行き方がオススメ!

↓ 駐車場の入口は下地図のB地点です。

大きな地図で見る

↓ 296号の「工業団地入口」交差点からすぐそばにある、万葉建設さん(緑色の看板)向かいの道を入ります。道を入るとすぐ右手に、以前日の出寿司さんがあった白い建物があります。
250219-1.tenpo.jpg

↓ 道なりに進んでいくと、右手に広い駐車場が見えてきます。その先が二股に分かれていますが、左側へ進んで・・・
250219-2.tenpo.jpg

↓ 一つ目の道を右折します。その先、二つ目を左折すると駐車場です(黄色い矢印ライン)。ちなみに、そのまままっすぐ進むと(水色矢印ライン)、緑が丘ホームズさんの店舗です。
250219-3.tenpo.jpg

↓ 広い砂利が敷かれた駐車場。緑が丘ホームズさんの枠は、手前2台分(黄色い枠)です。
250219-4.tenpo.jpg


駐車場からは、徒歩1分もかかりませんでした。

250219-5.tenpo.jpg

かからなかったけれど・・・

250219-6.tenpo.jpg

不動産屋らしからぬ「スタイリッシュさ」を売りに、ネット情報を中心とした集客を図りつつ、外観にも特別なこだわりで向き合っていた緑が丘ホームズさん・・・だったはず。

えーっと・・・・あれ、どうした?
何があった?緑が丘ホームズさん!?

250219-7.tenpo.jpg

さすがに、込み入った話に触れてはまずいだろう

と、あえて新店舗の様子には言及せず、「今回、リフレッシュした内容などがあれば!」と聞き始めた私に、やすやすと言い放った社長の一言目がこちらです。


「どうですか?なび子さん。前の店舗と結構雰囲気が似てるでしょう?」

250219-8.tenpo.jpg

なんだ、この試練。
どう返すのが、社会人的に正解??


もはや、気兼ねなど不要です。
今回の移転理由について触れましたわ、ワタシ。
 場合によっては、オフレコのつもりで・・・。
 場合によっては、写真は一切NGで・・・。


ところが社長、気まずさを見せるどころか、むしろようやく念願叶ったり!と言わんばかりの経緯を語ってくれたのです。

『いやー、実はね。前々から移転しようと思っていたんですよ。
駅前にあるからこその“不都合”が多くてね。
とにかく、OA機器とかオフィス関係の飛び込み営業が多いでしょう?
そして、駅前店舗ならではの“道案内”がとにかく大変な件数で。恐らく、量で比べたら交番より多かったと思いますよ。もちろん断ったりせず案内しましたし、最終的には周辺の分かりやすいマップまで自作したくらいで。これがまた評判でしてねー、後々からお礼にいらしたケースが何回かあるほどで・・・。』

そこで社長、ハタと我に返ります。
「いやいや、こんなことではいかん!」と。

そもそも完全予約制を売りにしてきた緑が丘ホームズさん。
本来なら、ご予約のお客様とマンツーマンで、ゆっくり物件探しやご相談に応じることが最優先なはずなのに、備品営業や道案内まで対応していては大切なお客様をお待たせしてしまうばかり。
第一インターネットからご予約されるケースがほとんどなのだから、場所はどこでも構わないじゃないか!

気付いたのはオープン後かなり早い段階で、実はここ数年機会を狙っていたそうなのです。
そして、どうせ移転するならあまり人目のつかない、どこか奥まった場所でも一向に構わない、と。


んー、社長!!
だからって、思い切りが良すぎ!

250219-13.tenpo.jpg

外観には圧倒されましたけれども、“店内の雰囲気”という点で言えば、旧オフィスの什器類がそっくりそのまま持ち込まれていますから・・・落ち着いて見回してみれば、確かに空間ごと移動してきたかのような。
ただほら、スペース的なものがあるでしょう?

例えばお話を伺うのに座った、この丸テーブルのサイズ感と言ったら・・・

↓ 新品購入だったら返品レベルですよ!社長!!
250219-10.tenpo.jpg

そんな愉快な社長ですが、場所は違えども従来通りの営業方針とサービスを推進中!

以前から力を入れているホームページでは、今も変わらずに最新の物件情報を更新し続けています。
間取り情報だけではなく、内装や設備、周辺の生活環境についても触れてあり、文面から読み取れる物件情報が充実!特に好評なのが、写真や動画を使って、現地に行く前から何となくそれらの物件が把握できてしまうような作りになっている点です。好評の学区検索についても、住居表示や学区が変わるとすぐに反映させるなど、情報のメンテナンスも行き届いています。
検索のしやすさ、好みの物件の見つけやすさをお客様の立場に立って追求し続けているホームページは、他社から参考のために話を聞かれるほどだとか。

250219-12.tenpo.jpg
↑ 物件探しのときには、お客様にもモニターがよく見えるよう専用パソコンをご用意しています(左側の黒モニター)。

物件見学など、来店するお客様からは必ず予約をしていただくようなシステムになっています。
ちなみに、新店舗では期待通りセールスはもちろん、飛び込みのお客様もゼロ!

『このスタイルでは一日3件までしか対応できないんですが、飛び込みのお客様への応対でお待たせしてしまうことはありませんし、私達もそのお客様のための準備をしっかりしたうえでご相談に向き合えますから、むしろ双方にとって無駄なく効率の良い方法だと思っています。』

250219-9.tenpo.jpg
↑ 出入り口は広々使える庭側を使用。スロープを付けて、出入りしやすくなっています。

250219-15.tenpo.jpg
↑ カウンターの横には、ちょっとしたキッズスペースも。

賃貸の場合、ご契約後も長くお付き合いが続くわけですが、持ち前の人的ネットワークを生かしたプラスアルファの対応が充実していたり、この相談しやすい気さくなお人柄やアットホームな企業スタイルも後押しして、もはや“家族”のような関係になっていくケースが多いんだとか。
社長がここ数年、陰ながら力を入れてきたのが、不動産業ならではのネットワークづくりです。例えば、水漏れや住まいに関する緊急対応などはもちろんのこと、資産運用や相続対策など、生活するうえでのあらゆる方面について相談先をつなげられるようになってきたそうです。
何か困ったことがあると、家族へ相談するかのように緑が丘ホームズさんへ自然と連絡を入れるようになっている、そんな関係が成立しているんですって!

割と入りやすく、人の入れ替わりが激しい傾向のある不動産業界では、“営業の質をいかに保つか”という面でかなり苦労するんだとか。もちろん大手が一概に悪いということではありませんが、どうしても人数が多いと場合によっては教育が行き届かず、連絡事項のミスや、その後のフォローが曖昧だったりしがちで、お客様に不信感をもたれてしまうことも。
そういう点でも、このアットホームさは注目すべきポイントのひとつかもしれませんね。

社長は以前から、理想の不動産業をこう語っていました。
『不動産屋さんっていうのは、昔は街の3大名士のひとつだったんです。ひとつは学校の校長先生、そして駅長さん、それに並ぶように、不動産屋さんが存在していたんですよ。
いつか、そういうポジションを取り戻したい!』

250219-16.tenpo.jpg
↑ オープン当時と変わらぬ企業理念
⇒緑が丘ホームズさんの企業理念について

私はなんとなく、賃貸物件の取り扱いがメインなのかと思っていたんですが、緑が丘ホームズさんでは土地や中古住宅などの売買についても実績を伸ばしているんですって!
ケースとしては、同居のために家を手放したり、ステップアップでより大きな新築へ移り住む際に、持ち家の処分(=売却)を相談したり、貸家として提供する先を見つけたいという依頼。もちろん戸建だけではなく、分譲マンションという場合もありますが、どちらも大手不動産企業の方が首をかしげるほど、着々とお客様が足を運び実績を伸ばしているらしいのです。

お客様から選ばれる理由としては、「緑が丘ホームズ」という地域の名称が付くだけに、地元物件に強いのでは?という期待感がひとつ。そしてもうひとつが、“信頼できる査定額”を提示してくれるという点だとか。
売却するなら、やはり皆さん「少しでも高く売りたい!」と色々な企業に査定額を提示してもらうことが多いようですが、その査定額だけで言えば緑が丘ホームズさんより高く売却できると言われるケースも。
「特に大手企業では、ネームバリューを利用して高く見積もるケースが少なくありませんね。2,800万円が妥当な物件でも、3,000万円で売却できますよ、と高めに見積もるんです。一昔前ならそれでも買い手がつきましたが、消費が低迷している今は結局値下げしなければ売れず、結局2,800万円に落ち着くなんていうのはよく見かけますよ。」
緑が丘ホームズさんでは、現実的な査定額をきちんと提示します。
だからスムーズに手続きが進み、信頼度がアップしているということのようです。

250219-14.tenpo.jpg

とにかく“企業理念”を第一に、見かけじゃなく中身で勝負できる強さを持つ緑が丘ホームズさん。
一度契約した方がリピーターとしてその後も利用し続けたりして、こうしてパッと移転してもお客様が離れることなく、以前と変わらずコンスタントに予約が埋まるあたり、いかに今まで誠実に対応を重ねてきたのかが感じられます。
春の引っ越しシーズン真っ只中ですが、賃貸はもちろん土地や売買物件のご相談先として、まずはぜひ自慢のホームページをのぞいてみてはいかがですか?
⇒緑が丘ホームズ オフィシャルホームページはこちら

●緑が丘ホームズ(株式会社オフィス・オカモト) 047-459-9832
【所在地】千葉県八千代市大和田新田101-143(地図
【営業時間】10:00〜19:00 
【定休日】水曜日
【ホームページ】http://www.midorioka.jp/

〔関連レポート〕
2007年03月15日 物件はネットで!スタイリッシュな不動産屋「緑が丘ホームズ」


posted by やちなび子 at 00:00 | Comment(0) |  >住まい探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。