2006年11月27日

ママへのごほうび付き!ベビーマッサージ教室

「あらあら大丈夫?痛いの痛いの、飛んでいけー!」
お母さんにやさしく撫でてもらっただけで、ふっと痛みが和らいで、すごく安心した子供の頃の思い出ってありませんか?

「よく頑張ったな!」
そう言って、お父さんの大きな手で頭をぽんぽんと触れてもらったのが、とっても嬉しかった経験はありませんか?

子供にとって、お父さんやお母さんに触れてもらえることは最高に心地良く、とっても安心感を得られることなんだそう。さらにその刺激は、心や体の発育を良い方向へ促してくれるそうです。
そういう親子のスキンシップの効果を活用したマッサージというのが、近年急速に注目を集めだしている「ベビーマッサージ」。これはどこかへ行って施術してもらうというより、自分が赤ちゃんにやってあげるマッサージなので、まずはお母さんやお父さんがやり方を学ばないといけないわけです。
最近は関連図書も沢山出ているし、見よう見まねでも十分出来るとは思いますが、やっぱり一度は実際に指導してもらえると安心ですよね。しかも指導してくれる方が助産師さんなら更に安心!

興味はあるけど八千代で習える場所ってあるんだろうか?と思ってましたら、ゆりのき通り沿いのエステティックサロン「プレジール」で、第2・第4火曜日限定→毎月第3水曜日10:00〜に変更(H20.9月)ですが教室を開いているらしい!しかもちゃんと助産師さんが丁寧に教えてくれるし、“毎日お疲れママへ足マッサージのご褒美付き!”というエステティックサロンならではの嬉しいおまけまで。
早速、生後4ヶ月手前のなび息子と参加してきました!

181117-1tenpo.JPG

こういう教室自体が少ないこともあってかなりの人気らしく、予約は少なくとも1ヶ月前にはした方がいいようです。ただ、お子様の急な発熱や体調不良ということで、直前にキャンセルが出る場合もあるとか。開催日前日に予約が取れる可能性もあるので、一応問い合わせてみるのも手です。

さてさて、当日はなび息子の体温も平熱!天気も晴れ!
教室は、11時から12時半までの計1時間半コース。しっかり出発30分前に授乳を済ませて、準備万端でベビーカーに乗せてプレジールまで出掛けました。
店の前まで行くと、中からスタッフさんがお出迎え。「ベビーカーはこちらへどうぞ!」と、お店の前に停めさせてくれまして、荷物となび息子を抱えて入店です。

「本日のベビーマッサージ教室を受けていただく前に、お子様の状態などを確認させていただくためこちらをご記入ください。」と、簡単な問診票を手渡されました。

181117-2tenpo.JPG

上半分に自分となび息子の名前や生年月日、住所などを記入し、下半分から始まる子供の状態についての質問に、“はい・いいえ”で答えていきます。
・熱はありますか?
・1ヶ月以内に予防接種を受けましたか?
・アレルギーはありますか?
・便秘、下痢はしていますか?
・夜泣きはありますか?
・その他(気になることがあればお書きください)
この中で、当日マッサージを控えた方が良いのは熱がある場合だそうです。熱の程度にもよりますが、助産師さんが判断してくれるとのことでした。それ以外の項目については、該当していても受講出来ないというわけではないそう。予防接種を受けたばかりの赤ちゃんには、注射した部位を強くマッサージしないように指導し、またアレルギーがある場合はオイルを使用せずに、シルクの手袋でマッサージを行うよう配慮してくれるんだとか。

票の一番下には、使用するオイルについての注意書きがありました。
『マッサージオイルには、ベビーにも使用可能とされているキャリアオイル(ピーナッツオイル・セサミオイル)を使用します。事前にパッチテストを行いますが、稀にアレルギー症状があるお子様の場合は、適切な処置をお受けすることをお勧めします。』

パッチテストもするなら安心だわ!最後の保護者のサインに名前を記入し、スタッフの方へお返ししました。
その後、プレジールにある3ヶ所の施術ルームのうち、真ん中のお部屋へ案内されました。預けた上着以外の荷物を全て持って、なび息子を片手で抱えつつ「よろしくお願いしまーす。」とにこやかに入室。

181117-3tenpo.JPG

茶色のホットカーペットが敷かれたお部屋には、既に本日講師をしてくださる助産師さんと、受講するお母さん&ベビちゃんがいらっしゃいました。
手渡されたウェットティッシュで手を拭き、なび息子を絨毯に寝かせて・・・まだ他にもお母さんがいらっしゃるのかな?11時になりましたが、しばらくそのまま待機です。
向かいに座っているベビちゃんは、なび息子より随分としっかりしてて大きい!「今何ヶ月くらいですかー?わー、もう8ヶ月なんですかー。」なんて会話をしたりしている間に、あと2組いらっしゃいました。
すっかりお部屋は満員状態!本日は私を含めて4組の母子で受講することに。向かいのベビちゃんは8ヶ月の男の子、そのお隣りがなび息子と同じ7月生まれの間もなく4ヶ月になる男の子、紅一点の2ヶ月になるお姫ちゃま、そしてなび息子がもうすぐ4ヶ月・・・と、みんな1歳未満ですが、ベビーマッサージ自体は嫌がらなければ1歳になっても2歳になってからでも、生後数ヶ月と言わずいつからでも始められるものだそうです。逆に、産まれてからすぐに行っても大丈夫ですが、ママがまずリラックスしてやってあげるのがポイントなので、生後2、3ヶ月くらいからがいいかもしれませんね。

181117-4tenpo.JPG

「それでは始めさせていただきますね。私は普段は母乳相談員や保健センターで新生児訪問等の代替をやったりしている保健師です。
ベビーマッサージは、お母さんとお子さんをつなぐ肌と肌とのコミュニケーションとなるばかりか、免疫力が高まったり、夜泣き・便秘が治ったりと様々な効果が報告されているんです。ぜひお家でも気軽にやってみてくださいね。
今日使用するオイルは、セサミオイルといって胡麻を精製して作ったアレルギーの出にくいタイプです。ご自宅で行うときも、鉱物や香料の添加されていない植物系オイルがいいですね。例えば、グレープシード、ひまわり、スイートアーモンド、ココナツなどです。手軽なところで、オリーブオイルなんかでも大丈夫ですよ!
もしオイルを使わないときは、赤ちゃんの皮膚を摩擦で痛めないよう、絹の手袋をお母さんがはめてマッサージしてもいいでしょう。」

そんなオイルの話をしつつ、まずはパッチテストを行うところから始まりました。じゃあ赤ちゃんをバスタオルに寝かせて・・・あら?なび子さんバスタオルは?

え?バスタオル?

準備万端!とか言っておきながら、唯一の持ち物「バスタオル1枚」をしっかり忘れてきてしまったダメ母さん。学校だったら、廊下に立ってなさい!となるところでしたが、お優しいプレジールのスタッフさんが、サササっと厚手のバスタオルをお持ちくださいました。
すみません・・・。

181117-5tenpo.JPG

各自用意されたセサミオイルを少し手にとり、ベビちゃんのお洋服を少しめくって二の腕あたりと太ももらへんに、軽く塗布します。この状態で、10分程度置き、赤くなったりブツブツが出たりしないか、アレルギーテストを行うわけですが、その待ち時間を使ってちょっと助産師さんからお話がありました。

「ベビーマッサージを行う時間は10〜15分くらいです。優しく手のひら全体を使って、ゆっくりとした動作でマッサージしていきます。
使用するオイルの量ですが、摩擦で肌が痛まない程度を手に取りますが、特にお風呂前はオイルをたっぷりと使ってからお湯で流してあげると、毛穴につまった汚れまでキレイに落ちますから効果的です。
昼間は逆に適度なオイル量で、スキンシップを楽しむと良いですね。オイルもそのまま置けば吸収されます。ただ、夏場なんかは直後に日光に当てるとサンオイル状態になってしまうので、軽くお湯で流してあげるようにしてくださいね。」

また、こんな注意事項もありました。

「マッサージをすると、血液循環が良くなって体内に貯まった老廃物が出てくるために、ブワッと湿疹が出ることがあるんです。ですが、老廃物を出し切れば自然と1週間程度で治まるので、様子を見ながらマッサージを続けてみてくださいね。
また、血流が良くなるので自然と体温も上がります。熱があるときは、さらに上昇させてしまうのでマッサージは避けた方がいいですね。また、食後30分以内などは吐いてしまってもいけませんから、授乳やお食事の直後は止めてください。
あと、マッサージはあくまでコミュニケーションのひとつですから、泣いているのに無理やり続ける必要はありません。ご機嫌が戻るまで、抱っこして落ち着かせてあげてください。」

181117-6tenpo.JPG

それから、赤ちゃんがオイルを塗られるとこんな感じなんだ!というのを体験するべく、お母さん同士ペアになって、お互いの腕を赤ちゃんの足に見立てて軽くマッサージをし合いました。
セサミオイルは全然べたつかず、すーっと肌に馴染むようなさらっとした印象です。とても伸びがいいので、少量でも十分すべりの良いマッサージが出来そう!しかも、染み込んだ後の手はしっとりすべすべ!
「ベビーマッサージを続けると、お母さんの手もキレイになるんですよー。」
なるほど、確かにそうかもしれません。毎日の洗濯・食器洗いや、赤ちゃん用品の漂白やらで、指先はひび割れ・・・こんな手じゃお世話されるなび息子も痛いだろうに、と思っていたので、これは一石二鳥!

10分以上経ったので、それぞれベビちゃんの肌の様子をチェック。特に問題なし!ということを確認した上で、マッサージのために裸んぼさんにさせます。念のためオムツはおしりの下に敷いて・・・。
茶色の絨毯はホットカーペットになっているので、ぽっかぽか。室温も、かなり暖かめに設定されているようで、裸のままで風邪ひきそう!と心配にはなりません。

181117-7tenpo.JPG

マッサージを始める直前に、まずは手を優しくお腹に当てて「これからマッサージを始めるよ!」と気持ちを伝えます。それから、手にセサミオイルを適度にとって、足からマッサージを始めました。

「太ももを軽く掴んで、そのままグルグル回しながら足先まで10回くらいマッサージしてください。ぐーるぐーる・・・気持ち良いねー!」
助産師さんは、手元のお人形を使ってやり方を教えてくれたり、実際になび息子にマッサージをして見本を見せてくれたりします。

「ひざこぞうもぐーるぐーる、そうそう!それから、膝の裏側もしゅっしゅっとさすって・・・。ふくらはぎも、ぷるん、ぷるんと軽くつまんでみてくださいー。」

181117-8tenpo.JPG

なび息子は、初めての状況に驚いたり泣き出したりするかなー?という心配も何のその、こぶししゃぶりしたまま笑顔一杯で、とってもご機嫌な様子。足首を両手でこねこね、足裏も指の腹を使って上下にさすり、さらに足指も1本1本軽く引っ張るように触っていきます。

「おしりの下側も左右にさすってみてください。これは便秘のときにとっても効果的ですよ!それから、片足ずつ押したり引いたりしてください。ぎったん、ばっこん・・・ほーら、楽しいねー!」

181117-9tenpo.JPG

足マッサージの最後は、両方の足首を持ち上げた状態で、足全体を左右に揺らします。周りのお母さんも、ベビちゃんとの楽しいひとときを満喫しているご様子。
上手にマッサージしよう!という意気込みより、マッサージの仕方は教わるけれど、自分なりに声を掛けながらベビちゃんとの触れ合いを楽しもうとする雰囲気が強く、とってもほのぼのした空間です。始まる前は会話も弾んだお母さん同士ですが、マッサージ中はすっかり母子の世界に没頭してしまってます・・・。

「足の次は、お腹のマッサージに移りましょう。お腹をまあるくまあるく、時計回りに優しく撫でましょう。それから、片手ずつ肩からお腹に向かって斜め方向にさすって・・・、ばってん、ばってん、気持ち良いねー。」
胸も、両手で外側に向かってさすりあげてマッサージ。
なび息子の両足は、伸びきったまま、されるがまま・・・。この状態は、赤ちゃんがとっても気持ち良い証拠なんだそう。

181117-10tenpo.JPG

胸のマッサージの延長で、そのまま両脇から手の先まで掴みながらくるくるマッサージしていきます。手のひらもニクキュウを揉み揉みする感じで、親指でやさしく押します。

生まれたばかりのときは、手足も触れたら折れちゃうんじゃないかと思うほどに細くて小さかったのに、僅か数ヶ月で随分と大きくなったなぁ・・・!と、なび息子の成長に改めて感動。お風呂でも裸んぼの状態で接するけれど、風邪をひかせてはいけない!と、悠長に体をチェックしたりする機会が無かったので、マッサージをしながらお尻のもうこはんを初めてしっかり見たり、胸板?が赤ちゃんのくせに意外とガッチリしていることに気付いたりと、毎日一緒にいたはずなのに新しい発見が沢山!

181117-11tenpo.JPG

「次はお顔のマッサージです。お顔は嫌がる赤ちゃんもいますので、無理してやらなくても大丈夫ですよ。
赤ちゃんのお顔も、エステと同じように眉間から眉、眉間から鼻、鼻からこめかみ、顎からこめかみ・・・と、リフトアップさせる感じで優しくマッサージしていってくださいね。」

181117-12tenpo.JPG

なび息子も、顔にオイルが塗られると少々慌てた様子で手をバタバタさせてましたが、何とかマッサージさせてくれました。
目に入らないように・・・と気をつけていたのに、なび息子が自分で手を顔に持っていってビービーこするので、あああ!と思ったときには時すでに遅し。しかも、そのオイルの付いた手でこぶししゃぶりまで!
口に入れても安全なオイルだけど、食べたらだめよー。なぁに?変わった味がするんでしょー。
人の心配をよそに本人はすこぶる楽しいようで、ウーアーウーアー助産師さんに話しかけてます・・・。

181117-13tenpo.JPG

さらに、うつ伏せにして背中もマッサージ。
肩から斜めにさすりおろしたり、赤ちゃんの両かかとをお尻に当てて、太ももの内側をさすったり、背骨に沿って背中全体をマッサージしたり。
はじめは調子の良かったなび息子ですが、まだ寝返りが出来ませんし、首も完全には据わってないので、だんだん頭が沈没していく・・・。ありゃ?もう苦しいの??
周りを見れば、8ヶ月のベビちゃん以外はみんな沈没状態に。

「無理せず、元に戻してあげてくださいね。背中のマッサージが終わったら、はじめと同じくお腹に手をあてて、それでおしまいです。マッサージで体が温まるので、このあとすっかり眠ってしまう赤ちゃんは多いですよ。逆に眠くてぐずぐずがはじまる子もいます。喉も渇くので、ぜひ水分を適度に摂らせてあげてくださいね。水分は、白湯でもミルクでもいいですし、果汁などでもいいですよ。」

181117-14tenpo.JPG

お洋服を着せて少しあたりを片付けた後に、それぞれ持ってきた果汁をあげたり、おっぱいをあげたりしたのですが、その間にお母さん同士がお話し合う交流タイムになったり、日頃気になることを助産師さんに聞いたり出来る時間になりました。
「へー、おっぱいが出てるママでも、今ぐらいから果汁はお出かけのとき持ち歩いてるんですね。」
「え!風邪気味のときは、体が冷えるから果汁は控えた方がいいんですか?」
などなど、果汁ひとつで色々話が広がったり。

水分補給が落ち着いたところで、2人ずつ呼ばれてママへのごほうび「足マッサージ」を受けることになりました。
マッサージの時間は10分程度なのですが、その間は助産師さんが赤ちゃんを見ていてくれるので安心して受けられます。置いていくと大泣きしてしまうので、一緒にいないと・・・という場合も、膝下までのマッサージなので抱っこしながらでも大丈夫。

181117-15tenpo.JPG

私はベビーマッサージを受けたお部屋の左隣へ、もう一人のお母さんは右隣のお部屋へ通されました。
今日は動きやすくズボン&靴下を履いて行ったので、靴下は脱いでカゴにいれさせてもらい、ズボンははいたまま膝までめくって、ベッドへ横になりました。

181117-16tenpo.JPG

「本日は、こちらのピーナッツオイルを使ってマッサージをしていきますね。まずは足をホットタオルで拭かせていただきます。」

温かい蒸しタオルで膝下から足先まで押さえるように拭き取ったあと、両足全体へ馴染ませるように、手のひらを使って軽くマッサージするようにオイルを塗っていきます。それから、右足にタオルを巻いて冷えないようにした状態で、左足のマッサージを始めました。

181117-17tenpo.JPG

足裏の側面や中央部分を親指の腹を使って、かなりしっかりしたタッチでツボ押しをしていきます。足指も、一本一本つまんで離したり、ぐるぐる回したりと、先ほどベビーマッサージで教えてもらったような動作が・・・!なるほど、こんな風にやってあげればよかったんだ。こんなに手際よく、気持ち良いようには出来なかったなぁ・・・なんて、動きを頭の中で研究してみたり。
足裏や指のマッサージでは、押されても回されても何ともない指もあれば、うわ!っと思わず表情に出そうなほど痛く感じる部分があったりと、場所によってかなり感じ方が違います。どこか体調の悪い箇所があるのかしら?

181117-18tenpo.JPG

ふくらはぎは、手のひらで包み込むように揉み解していきます。全体がほぐれたところで、ふくらはぎの側面や裏側も、指でくるくる揉み上げたりさすったりして、心地良い程度のツボ押しも。
同じように右足もマッサージが行われ、最後にタオルでオイルを拭きあげて終了になりました。通常のフットマッサージに比べて、片足5分程度ずつなのであっという間ではありますが、それでもマッサージの気持ち良さはしっかり堪能できました。こんな時間が少しでも持てること自体、子育て中のママには有り難ーいこと!

「かなり足の血流が悪くなっているようですが、冷え性ですか?」
今まで何回かマッサージを体験してきましたが、あまり言われたことの無い“冷え性”の言葉にちょっとビックリ。え?足冷えてます?

「お風呂のとき、きちんと湯船にしっかり浸かってますか?内臓脂肪も“脂”ですから、あたためるのがとても効果的ですし、せめて5分程度は入るといいですよ。」
という話に、そう言えば最近ゆっくりお風呂に入った記憶がないことに気付きました。なび息子のお風呂はなび夫さんの帰りが遅くないときは入れてもらっているのですが、その前後どちらかでぱぱぱーっと自分も入浴。そんな悠長に5分も湯船に浸かれない!
この繰り返しが、今まで無かった冷えというトラブルにつながったのかも・・・?意外な事実が、足マッサージで発覚です。
でも、当分は冷え性も仕方ないかな。

181117-19tenpo.JPG

ベビーマッサージを習ったお部屋に戻ると、すっかり熟睡しているなび息子の姿がありました。ほんのちょっぴり離れていただけだけど、泣いてなかったかな?大丈夫だったかな?ととっても心配に・・・。
「お帰りなさい。とてもおりこうさんに、すぐねんねしてましたよ!」と、助産師さん。
そうなのねー。ママがいなくても、ちゃんとおりこうちゃんにしてくれてたのねー!有難うねー!なんて、かなり一方的に再会を喜ぶ私。
時間も12時半くらい、予定通りの時間に帰り支度を済ませまして、助産師さんや他のお母さんにご挨拶しつつお店を後にしました。

この位の月齢の赤ちゃんって、どうやって遊んであげればいいのか悩みどころなんですが、ベビーマッサージは言葉がまだ伝わらなくても十分に親子双方で楽しめる、とっても良い手段!ちょっと手元にオイルさえ用意しておけば、オムツ替えのとき、お着替え前のとき、お風呂準備のときなどなど、気軽に簡単に始められます。
ぜひママの息抜きがてら、一度チャレンジしに行ってみては?!

●エステティックサロン「プレジール」 047-483-0080
千葉県八千代市ゆりのき台5-1-1(地図)東葉高速線 八千代中央駅から徒歩2分
営業時間/月火水日祝11:00〜18:00、木金土11:00〜20:00
定休日/第2日曜・第3水曜
※ホームページ/http://www.e-plaisir.com/index.html
〔関連レポート〕
2005年12月06日 エステティックサロン「プレジール」でフェイシャル体験!
2006年02月07日 まつ毛パーマ体験!エステティックサロン「プレジール」


posted by やちなび子 at 00:00 | Comment(0) | ◆閉店・サービス終了 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。