2006年07月07日

すごいぞ!ネットワークカメラ(DoIt! 八千代緑が丘ステーション)

八千代はのんびりしてそうなんですけど、結構物騒なことが多いんですよね。
ゆりのき台の実家では以前空き巣被害に遭いましたし、周辺のお宅でも数ヶ月間で立て続けに空き巣に入られたそうです。自宅の向かいでは車の盗難被害があったり、自治会ニュースには物騒な記事や注意を呼びかける文面を目にしますし。
こういう被害に遭わないよう、クルマにセキュリティをかけたり、ジョイフル本田で売っているような“ガラスを割ると鳴り出すブザー”を家の窓に貼ってみたりと対策を施したりするんですが、特に気になる場所には「防犯カメラ」が設置できたらいいなぁと思うんですが・・・。

この防犯カメラ、実際に付けようと思うと結構アナログなんです。
ビデオテープ120分に3倍モードで録画し続けようとしても丸一日は到底撮りきれませんし、数分毎に記録していったとしてその間何かあったら取り損ねてしまうわけです。テープだから上書きしていくと劣化しますし、実際に確認作業をしようとしたときも、検索性が良いとは言えません。
その割に、安いものなら10万円以下で購入出来ますが、周囲が見渡せる可動式のものや高機能のものだったりすると軽く何十万したりしますし、万一ビデオテープを抜かれてしまった場合は、後に証拠が無くなってしまうわけです。
「設置してますよー、うちは防犯意識が高いですよー!」というアピールによる抑止効果はあるかもしれませんが、こんなにデジタル化が進んでいる時代、なんか防犯カメラもデジタル化されてないんですか??

camera_6.gif

そんな問いに答えてくれるのが、今回話題として取り上げた「ネットワークカメラ」。
ネットワークカメラと聞いてもあまり馴染みが無いのですが、最近よく「自宅のペットを外出先でもチェック出来ます」とか、「託児所に預けている子供の様子をパソコンからご覧いただけます」など、パソコン等を介して離れた場所を好きな時間に見ることが出来るサービスを耳にしませんか?こういったサービスにも利用されている機械です。
パナソニック ネットワークカメラ説明内「家族と幼稚園が近くなった!」

似た機械で「Webカメラ」なるものもありまして、これでも頑張れば同じようなことが出来るんですが、仕組みが根本から異なります。
こちらのカメラは、パソコンでチャットをするときに双方の顔を映しながら楽しんだり、テレビ会議を行うときに利用されており、ネットワークカメラよりも既に一般的になっているようです。
用途もパソコン画面の端に設置するなどして自分の顔を映し出し、それを相手に見せるということで、“防犯カメラのデジタル版”としても使えそうなイメージがありますが、このWebカメラはあくまでマウスとか、キーボードとかと同じで、ひとつのアイテムでしかないので、見る側、画像を送る側の双方がインターネットを常時接続していないといけません。カメラ自体を設置しておいても“画像を取り込んで送信する”というサポートがないと、他場所からチェックすることが出来ないわけです。
双方が同時にパソコンを起ち上げられる状況でしたらいいですが、留守中のペットの様子が見たい!とか、誰もいない倉庫の監視をしたい!なんていうケースだと、ずっと誰もいないところでパソコンを起動し続けないといけませんし、モノによっては画像の送信作業を要するものもあり、無人で利用するには難しいケースも。また、対象全域を見渡そうとしたらWebカメラを何ヶ所も付けておく必要があります。

そうしたデメリットを克服し、ブロードバンドの普及によって生まれた製品が、カメラ自体にCPUやサーバ機能を積んだ「ネットワークカメラ」なんです。
Webカメラが数千円なのに対し、ネットワークカメラ本体はベーシックなもので3〜4万円くらい(高機能なものになると10万円台のものもあります)と高いこともあって、同じようなことが出来るなら安いものを・・・とうっかりWebカメラを手に取りがちですが、機能性は全く異なるわけですね。

さて、そんな便利そうなネットワークカメラ、実際に購入して取り付けてみたい・・・と思っても、家電量販店のパソコン売り場で見かけるのは「Webカメラ」ばかりで、「ネットワークカメラ」自体を扱うお店が本当に少ない。というのも、このカメラを設置できる知識を持っていて、設定を対応してくれるお店が極端に少ないからなんだとか・・・。
とっても高機能だし、既に一般的に広く利用されてそう・・・と思いきや、実態はそうでもないらしい!

「八千代市内では、取り扱っているのは多分うちだけですよ。一番近い場所で、ネットワークカメラに詳しいお店だと千葉にあるヨドバシのPC売り場かなぁ。例えインターネット等でカメラを購入できたとしても個人で設定するのはかなり困難ですし、この近辺の電機店に設置を依頼しても、対応出来るところはまずないですね。」
そう口にするのは、八千代緑が丘駅から徒歩3分ほどにあるお店「DoIt!八千代市緑が丘ステーション」です。

07.05-tenpo1.jpg

一見すると、ヤフーBBの加入代理店だけのお店だと思いがちですが、ネットワークカメラの設置や、個人のパソコントラブルにも対応してくれるPCサポートを行っていたりと、取り扱うサービスは多種多様。

まずは「ネットワークカメラ」の実物は、どんなものなのかを見せていただくことに。

07.05-tenpo3.jpg

え?こんなに小さいんですか??
もっとごつごつ大きくて、重いものかと思っていたのですが・・・。

「実際にお店に取り付けてありますよ。」と案内してくれた先では、先ほどのカメラが専用スタンドに取り付けられていました。

07.05-tenpo2.jpg

ネットワークカメラって、意外と普及してないんですね?

「そうなんです。防犯カメラとしては従来のものよりずっと高機能で安価なんですが、マンションとかコンビニなどの店舗に取り付ける場合、大抵電気工事や内装工事業者が対応するんです。その際、お客さん側から防犯カメラのデジタル化を希望されても、設定するための専門的な知識を持っていなければ対応できないので、需要はあるのにネットワークの専門知識がないから取り付けられない。以前住宅建設業者の方が、取り付けの希望に飛び込んできたこともありましたが、通常は一般的な防犯カメラの設置しか提案しませんから、なかなか普及しないんです。」

てっきり最近の防犯カメラはデジタル化が当たり前なのかと思っていただけに、かなり意外な状況です。

「従来の防犯カメラと違って、ネットワークカメラなら250メガくらいのハードディスクに3日分の映像くらいラクラク保存できますし、上書きしたところで画質が落ちるわけではありません。何より、入手した映像がすぐさま店舗外にいるオーナーのパソコンからでも閲覧できますし、テープのようにその店の中だけに画像があるわけではないので、犯罪者がいくら証拠隠滅を図ろうとしても無駄なわけです。
また、動態検知機能が備わっているカメラを、倉庫など誰も入ってこなければ画像が変わらないような場所に設置しておけば、不審者が侵入した場合“画像に変化が生じた”とCPUが判断してその写真をメールで通知することも可能なので、すぐトラブルに対処することも出来ます。
さらに、ネットワークカメラならではの利点として、無線LAN対応のカメラなら自由に持ち運びできますので、“昼間は店内を、店員が帰宅する時間帯はレジ近くにカメラを持ってくる”なんてことも出来ますから、必要な個数も随分減らすことが可能になってきます。」

今までは防犯目的のみにしか利用しなかった画像も、ネットワークカメラだからこその使い方でオーナーの店舗管理にも使えるんだとか。例えば、画面を分割してマルチ画面にすれば同時に別店舗の状況を一度に把握することが可能なので、複数店舗のオーナーは各店をはしごしなくてもパソコンひとつで店内チェックが可能になるわけです。

こうした利便性から、企業や販売店向けの防犯カメラとしてではなく、個人の需要として“留守中のペットの様子が見てみたい”とか、“離れた場所に暮らす高齢の両親の様子が気になる”などといったニーズも高いようですが、「きっと取り付けにすごく手間がかかったり、値段もなかなか手が届かないほど高いのでは?それに取り付けてもかなりの維持費がかかったりするんじゃないか」というイメージが先行して、実際購入するというステップまで行かないというのが現状だそう。
確かに私も情報紙面などで「託児所のサービスとして遠隔カメラを導入」とかいう話題は目にしますが、そのせいか施設に設置するような企業向けのシステムといった印象がありますし、そもそも興味があったとしても“どこに行けば購入できるのか”ということ自体が分かりませんでした・・・。

ですが、今回お伺いしたDoIt!八千代市緑が丘ステーションさんでは、一番ベーシックなタイプのカメラだと工事・設定込みで6万8千円だそうです!思いのほか安いんでビックリしたんですが、結構維持費とかかかるんでしょう?
「いやいや、パソコンから見るときの電気代とかならかかりますが、ビデオテープを必要とするわけでもないですし、特に閲覧するためのサービスに加入するということもありませんので、ランニングコストはかからないんです。ちなみに、パナソニックのカメラには簡単にモニタリングできる“みえますねっと”というサービスがあったりするんですが、当店ではこれを利用せず設定しますから、月額料金はかかりません。」

そう言えば、ちょっと前にCMでも盛んに流れてましたが、携帯電話のFOMAで自宅のペットが確認できるという遠隔モニタリングサービスがありましたよね?あれもネットワークカメラみたいなものなのかしら。パソコンを使わずに手軽に確認できていいですね。

「そうですね、画像を取り込む部分は同じで、閲覧の仕方がパソコンではないということです。技術的には動画で確認するという意味で同じですが、ちょっと注意が必要ですよ。動画の扱いはパケ放題に含まれないので、うっかりガンガン見すぎてしまうと破格の請求が届いてしまいます。ですから、携帯で見る場合は写真としてダウンロードして閲覧する方法をおすすめしています。更新すれば新しい画像が見れますし、外出先から緊急でチェックする場合はそれでも十分事足りると思います。」

実際に、パソコンから店先に設置してあるカメラ画像を見させてもらいましたが、想像以上にスムーズな動きで画像も鮮明です。より高画質めにすることも、動きを優先させるモードにすることもパソコン上で手軽に調節できます。また、可動式のカメラだったので、パソコンで画像上をクリックするだけで右や左、上下に首フリさせることも、またパンさせたりすることも出来ました。

07.05-tenpo4.jpg

ちなみにこの画像は、みなさんのご自宅のパソコンからでもチェックできます(こちらをクリック)。
※アクセスする際にID及びパスワードの入力が必要です⇒ID:demo01、パスワード:222333

実際にネットワークカメラを取り付ける場合、どんな流れでお願いすることになるんですか?
「まずは設置場所をお伺いして、ご希望に応じたカメラをおすすめするなどして採用するカメラを決定します。その場所にブロードバンド回線があれば、ご希望の日時でカメラを1〜2時間程度で工事・設定して完了になりますが、回線がなければヤフー(その他でもOK)の手続きを当店で行いまして、1週間後以降にカメラを設置するという流れですね。
設置日時はお客様のご希望に出来るだけご対応しておりますので、土日でも夜でもご相談に応じております。お支払いはカード・現金・請求書扱いなどいずれも可能です。」

パソコンに特別なソフトをインストールしなくても、インターネットエクスプローラーから閲覧できる状況であれば大丈夫だそう(オペラなどのブラウザを利用する場合は、ActiveXコントロールを組み込む必要があるそうです)。
また、“ネットワークカメラ自体は手に入ったんだけど設定が出来ない”というケースでも、2万円程度で工事・設定してくれるそうですよ。

個人・企業問わず幅広く使えそうなネットワークカメラ、興味のある方は是非お店へお問い合わせしてみてはいかがですか?

余談で、ネットワークカメラから話はズレますが、こちらのお店ではパソコンサポートサービスもやっています。一般家庭に広く普及してきたパソコンですが、初心者の方は初心者なりの、使い慣れている人でも上級者なりの「困った」ってありますよね。そんなパソコンに関するトラブルを受け付けてくれるそうですので、何かあったときはご連絡してみてもいいですね。

〔トラブル例〕
⇒パソコンが起ち上がらない!
⇒ウイルスに感染しているかも?
⇒インターネットやメールが突然出来なくなった・・・。
⇒デジカメの画像を取り込みたいけど操作が分からない。

〔サービス料金 ご参考〕
⇒プリンタセットアップ 4,200円
⇒バックアップデータ作成 5,250円
⇒ウイルスチェック及び駆除 10,209円
⇒出張個人レッスン 3,150円
※別途出張基本料金5,250円

●DoIt! 八千代緑が丘ステーション 047-458-5021
(会社名:有限会社ウィンクルム)
千葉県八千代市緑が丘2-33-10 飯田第12ビル1F(地図
東葉高速鉄道 八千代緑が丘駅より徒歩3分
営業時間/10:00〜19:00(日祝定休)
※DoIt!ステーションホームページ/http://www.doitbb.com/tenpo/index.cgi?mode=details&tid=00570
※有限会社ウィンクルムホームページ/http://www.vinculum.co.jp/


posted by やちなび子 at 00:00 | Comment(0) |  >セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。