2008年10月06日

ゆめ牧場オリジナルカフェ momam(モーマム)

※場所が移転しました! ⇒こちら
レポートの写真は移転前の秋葉ビル(現在のお店の向かいの場所)でのものです。
新しいお店に行き次第レポートを差し替えますが、参考までに・・・。


以前、早耳情報などでも話題になっていた、新木戸小学校隣りの秋葉緑が丘ビル(→詳細はこちら)1階に出来た成田ゆめ牧場のカフェ「momom(モーマム)」、ずーっと気になってたんですがようやく先日寄ることが出来ました!

201006-tenpo.2.jpg

ここは店頭販売のスペースが手前半分に、その奥全体がカフェ・・・(と呼ぶにはちょっとしっくりこないほどシックで、ややゴージャス感も漂うほど)の店内飲食スペースがあります。
そのカフェの外側にはちょっとしたテラス席もあって、天気も良かったこの日、足元のワンちゃんと一緒にランチを食べている方も見かけました。

201006-tenpo.1.jpg

ちなみにmomomの右隣りにはAnge(アンジュ)というセレクトショップ。オシャレな洋服満載なこのお店は2号店なんですが、私のおしゃれ好きなOLのいとこが大ファンで、佐倉の本店まで行かずにすむと喜んでました。行くとどれも可愛くて、ついつい“買い漁って”しまうくらいなんだそうで・・・。
momomの記事ですが、一応詳細を。

●Ange(アンジュ) 緑が丘店 047-411-9566
千葉県八千代市緑が丘2-2-10 秋葉緑が丘ビル1階
【営業時間】11:00〜19:00
【定休日】火曜日
【ホームページ】http://www.ange-online.jp/

201006-tenpo.3.jpg

さて、話をmomomに戻しまして、オレンジ色のテント側にある販売スペースへと入店!
窓際にはラスクやスコーンが袋詰めされたものが陳列棚に並んでいて、さらにその角には銭湯によくある飲み物用の冷蔵庫に、大きな牛乳ビンや瓶詰ヨーグルトが売られていました。
向いのレジカウンター側は、デパートのスイーツ売り場かと思うほどキレイに陳列されたスイーツ商品がずらり。

201006-tenpo.4.jpg

このmomomは普通のケーキやさんだとか、パンやさんだとか、思って入っちゃいけないんです。

この店はあくまで、『成田ゆめ牧場が誇る「Yahoo!ショッピング“うまいもの王者決定戦”パン部門グランプリ」を連続獲得しているパン』だったり、『本来なら車でガソリン代をかけてゆめ牧場まで行かないと手に入らないような搾りたて濃厚牛乳』だったり、はたまた『牧場ですら買えないネットショップ限定且つ一日20台しか作れないという幻に近いチーズケーキ』が、

何と!

いつでも!!

@来店すれば手に入る!
A価格はもちろん、送料がかからない商品代オンリー!
Bしかも隣接されたカフェでは、それらの品がお求めやすい値段で頂ける!

のです。
そんな大前提を忘れずに、商品を見ていきましょう。

さて、今日は何としても手に入れたかった噂のパン「過激な牛乳食パン」と、何かスイーツでも・・・とショーウインドーを眺める私。
・・・さ、さすが幻のケーキ達。
我が家でちょっと頂くには、あまりに高級感漂うお値段で、迂闊に手がでません。
いや待て、これをネットショップで買おうとしていると想像するんだ!

普通なら20台限定「ぐるぐるチーズケーキ」は2,800円+送料980円で、3,750円するはずなんだ!
一箱2,000円もするというのに、1日の販売記録が20,800個というバカ売れ商品「高級マシュマロ“ウシマロ”」だって、目の前で今手を伸ばせばすぐに買えるんだ!
クリスマスには3,800台が完売したというふわっふわのスポンジに包まれた、ゆめ牧場ならではの超原乳アイスの入ったロールケーキ「うし鼓」も2,500円で送料なく手に入るんだ!!

頭では、今にも定員さんに商品名を伝えているイメージ一杯だったんですが・・・だめだ、こんな散財は許されん。誰か遊びに来た時か・・・そうだ!今度帰省するときにでも、土産品としてとっておこう。

そうそう、この成田ゆめ牧場って、もとは八千代市で酪農を営んでいた方がゆめ牧場をスタートさせたんですって!「通販でしか扱っていなかった商品を、専門に扱うカフェ&物販ショップを、この懐かしい八千代の土地で新たな一歩としてオープンさせたい!」という思いでmomamが誕生したそうです。
レジカウンターの後ろ右側に、ばばーん!と大きな酪農しているモノクロ写真が飾られていますが、これこそがまさに当時八千代で過ごしたまぎれもない証拠の一枚。

だから、直接的には八千代のお土産ではないけれど、元は八千代の方のお店なんだ!と思えば、単なるお菓子以上の思い入れで相手の方に贈り物が出来そうです。

何はともあれ、本日の私には、冷蔵庫の商品あたりが精一杯です!!

201006-tenpo.5.jpg

結局持ち帰ったのは、「過激な牛乳食パン(980円)」と「ヨーグルト大(600円)」の2品。手軽なところで言えば、パステルカラーが可愛らしいハート型のモナカに、さっきの超原乳アイスが入った「ハートモナカアイス(450円)」や、集乳缶の形をした陶器に新鮮な牛乳アイスが入った「集乳缶アイス(450円)」、さらにカット売りしていた数種類のケーキなんかも迷ったんですが、次回にとっておくことに。

とにもかくにも、何が過激なのか?!でやちなびライフでもコメントし合ったくらい気になったこのパン。過激振りは含まれている牛乳の割合にありました。一切水を使わずに、『ホルスタイン』と『ジャージー』の牛乳をバランスよく混ぜたゆめ牧場オリジナル濃厚牛乳の搾りたてだけを練り込んだところがポイントらしい!

でも、何より一番驚いたのは、このパンの包みを手にとった瞬間でした。
冷たいヨーグルトと一緒にパンが隣り合わせに袋へ入っていたので、これは美味しさを損ねてしまう!とパンに触れた瞬間。

「冷た!!!!!」

うええええ??!!
なになに?『自然解凍してお召し上がり下さい』ですって?!

こんなところまでネットショップ仕様とは!

201006-tenpo.6.jpg

お店で購入したので、焼き立て(少なくとも常温)を期待していただけにかなりの衝撃を受けましたが、考えようによっては牧場で新鮮に作った状態を少しも損ねないようにすぐ冷凍してしまってるんだろう。
自宅へ持ち帰る間にまあまあ解凍してきたパン、いざ入刀!
さすが冷えてるだけあって、ポロポロパン屑が落ちるころなくきれいにカット出来ます。
カフェでもこのパンをトーストして出しているし、きっと焼いたほうが風味が増して美味しいんだろうとは思いましたが、一応まずはそのままで頂いてみました。

201006-tenpo.7.jpg

横からみたパン、あえて大きく写真を載せたんですが、分かるかしら?何層にもパンの生地が積み重なっているんです。見た目通り、食感はまるでデニッシュのよう!そんなパリパリした感じというわけではないんですが、歯のあたりが心地よくて、口には甘ーい牛乳の風味が残ります。

うん、まあまあ、面白いし美味しいんじゃん?
的な印象でしたが、焼いてみたらその感動は更なるものに。

201006-tenpo.8.jpg

中の生地が優しーい!!
バターなんて一切要らないし、トーストした途端に焼き立てパンそのままに再現されて、芳醇な香りが鼻を抜けるくらいです。
皮の部分はパイ生地のようなサックサクな食感に大変身し、中のふんわり感との相性も抜群!

こりゃ、断然トーストがうまい。

残りも全部カットしてとりあえず冷凍したんですが、切り分けてみたら思いのほか大量に。4枚切りくらい厚めにしたんですが、全部で1.5斤くらいにはなるかもしれません。
1斤で654円相当・・・。

やっぱり普段使いするには庶民価格ではないけれども、カフェで頂くと一食500円だし。家でチャレンジした方がお得といえばお得か・・・?(迷うな!ネットショップのプレミア感を思い出すんだ!!)

201006-tenpo.9.jpg

こちらがゆめ牧場の新鮮ヨーグルトです。
可愛らしいうしちゃん柄の瓶には、450gのヨーグルトが入っています。「新鮮な搾りたて牛乳の風味を生かして、長時間低温発酵にこだわった濃厚な味わい」だそうですが・・・中身はどんななんでしょう?

蓋をひねって開けてみると、そこには瓶一杯に納まった真っ白なヨーグルト。一見固めの濃厚タイプかな?なんて思ったんですが、スプーンで一回目すくって・・・ん?

2回目で確信。もしやこれは、カスピ海ヨーグルト系??

201006-tenpo.10.jpg

トュルンとした感じ、写真で伝えきれず残念です。
口当たりもつるつるしていて、なめらかですが思いのほかサラッともしています。濃厚さというより爽やかさのほうが強いかもしれません。何でしょうね?柑橘系の花から採った蜂蜜のような、フルーツ感のある甘さと風味が感じられました。

お店ではランチも数種類用意してあって、パスタプレートセットやカレープレートセットなら1,050円で頂けます。コーヒーは500円〜、牛乳なら350円〜、ケーキは350円〜、さらにモーニングなら過激な牛乳食パントーストにドリンクが付いて650円と、チャレンジしやすいメニューも沢山ありました。

“お店で携帯電話の画面を見せるだけの便利なモバイルクーポン”なんてのもあるようで、今月10月なら15時以降カフェをご利用の場合のみですが「まきばの夢(チーズケーキ)」を1ピースサービスしてくれるそう!(ホームページにQRコードが載ってました→http://www.momom.me/index.html

飛び込みで入ったら「何、この店?!」となりかねない、つっこみどころ満載なmomomですが、ぜひこだわり素材であることとプレミア物販店だというポイントを心にとめた上なら入店しても圧倒されることはないはず。
クリスマスやバレンタインデー、ホワイトデーといった特別な日のプレゼントとして、さらにはお持たせ用として、“八千代の新たな土産店”という使い方が狙い目でございます。

●成田 ゆめ牧場オリジナルカフェ momomu(モーマム) 047-480-4800
千葉県八千代市緑が丘2-1-1(地図
【営業時間】10:00〜19:00(カフェ10:00〜11:00/15:00〜17:00、ランチ11:00〜15:00)
【定休日】月曜日
【駐車場】有り
【ホームページ】http://momom.me/


posted by やちなび子 at 00:00 | Comment(0) |  >パン・カフェ・ケーキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。