2008年10月23日

アメイジングワールド船橋店(ビビットスクエア)

※2010年11月 料金・時間について一部修正しました

雨が降ってようが、寒かろうが、子供はお構いなし!
うちのなび息子も、勝手に靴を持ってきて外へ行こうとするし、まだ雨あがりでびしゃびしゃの砂場へ行きたがったりもします。有り余るパワーを消耗する先を探すのに、日々苦労しているのはどのお家でも一緒かと思いますが・・・先日のキャッツアイ(→レポートはこちら)に続き、またも穴場な屋内遊び場を発見!

201022-tenpo.1.jpg

この日は船橋に住むママ友達と一緒に、この夏出来たばかりの「アメイジングワールド」へ行ってきました。場所はららぽーとのお隣り“ビビットスクエア”の4階です。成田街道をひたすら車で進んでいきましたが、平日9時〜10時頃はやっぱり混んでますね・・・1時間ほどかかってしまいました。
駐車場はビビットスクエアの店舗棟屋上駐車場を利用します。ここは3時間半まで無料になっています。

10時オープンに合わせてアメイジングワールドの入口で合流!
こちらの施設は12歳以下のお子さんと家族を対象としていて、家族単位で会員登録する必要があります。既に1回遊びに来たことのあるお友達ママは登録が済んでいるので、受付にカードを提示すれば入場手続きが出来るようですが、初めての私は入口左に並ぶ登録端末で登録作業から。

201022-tenpo.2.jpg

この会員登録は、自宅からパソコンを使って仮登録することもできるようです。仮登録用紙をプリントアウトして入口で渡せば、早く中へ入りたがる子供を片手に端末前で時間をロスすることもなく、スムーズに入場できるので便利です(来る前にチェックしておけばよかった!)。
※会員仮登録ページはこちら→https://sv1.universe-plus.com/as/amazing/

さて、端末でプリントされた紙を持って受付へ。発行する際には、入力内容に間違いがないか免許証や保険証、パスポートなど本人確認ができるものを一緒に提示します。
ファミリーに対して1枚の会員証を発行してもらい、続いて会員登録料の315円(これは1家族につきかかる年会費・1年ごとに要更新)と、本日の入場料金を前払いしました。
ちなみにクレジットカード可です。

入場料金は、大人(13歳以上)は平日・土日関係なく終日一人500円というプランのほか、平日限定でランチパック980円(開店から2時間以内来店の先着50名限定)という店内飲食コーナーでのランチサービス付きのプランがあります。子供(12歳以下)は以下のようなプランが用意されています。
(2010年11月時点)
【平日 10:00〜18:00】
1時間パス/600円
1DAYパス/980円
おはようパック(1DAY)/650円 ※開店から30分以内に来店の先着50名限定
トワイライトパック(夕方16:00以降来店の場合限定)/500円
【土日祝 10:00〜18:00】
1時間パス/600円
3時間パス/980円
1DAYパス/1,280円
おはようパック(1DAY)/980円 ※開店から30分以内に来店の先着50名限定
トワイライトパック(夕方16:00以降来店の場合限定)/500円

最初に支払った分以上に滞在した場合は、帰りのレジで延長料金(1時間毎に600円・平日土日どちらも同額)を清算することになります。
店内にはご飯を食べるところもあるらしいし、一度退場すると再入場がきかないようなので(→夏休みなど混雑時には、ときどきその日限定で外での飲食可という場合がありました)、今回はお得な“おはようパック”をチョイス!

201022-tenpo.3.jpg

キャッツアイのレジャスポみたいにカードホルダーを首に下げたりする必要はなく、受付後はそのまま左側にある下駄箱で靴を置いたら入室OKです。
この室内ではベビーカーを利用することもできますが、持ち込まなくてもカートが無料で借りられるよう。お友達ママも、自分のカートは車に置いて、下の子をそのまま抱っこして登場していました。荷物も室内にある100円(利用後戻ってくる)ロッカーへ預けられるので、かなり身軽でいられます。

室内は全て柔らかい絨毯っぽい素材のマットが敷きつめてあって、天井も高いし広々!!まだ施設が新しいこともあって、子供がガンガン遊んでいる割にはどれもキレイに維持されています。
いろいろと魅力的なスペースがたくさんありそうですが、まず子供たちが真っ先に飛びついたのは、ふわふわで出来たダイナミックな遊具でした。

201022-tenpo.10.jpg

このアメイジングワールドって、どんだけ種類があるんだ?!と衝撃を受けるくらいに、あらゆるタイプのふわふわが勢ぞろいしてるんです。お馴染みのボールプールタイプのもの、ふわふわで出来た巨大なアスレチックや滑り台、お城の形をした女の子タイプなふわふわ、トンネル状になっていて探検気分が楽しめそうなタイプなどなど。
中にはサスケか?と思うような、3歳以上対象と年齢制限があるアクロバティックなふわふわがあったりと、よくもまあ!こんなに集めたもんだ!

体力勝負の遊具以外も、かなり充実しています。
IKEAの?と思うような子供用テーブル&チェアを囲むように、ビーズコースターやブロック、おままごとセットやお人形など室内遊び系のおもちゃが揃った一角。

201022-tenpo.8.jpg

さらに、お花や魚、野菜などテーマに合わせて設置してある小さなごっこハウスが何軒か並んでいたり、布で出来た魚を釣り竿の先にある磁石で釣り上げられる釣り堀ゾーンがあったりと、子供の想像で自由に遊べそうな場所もたくさん!

201022-tenpo.9.jpg

それらを見守れる位置に、何台ものマッサージチェアが並べられていました。これは平日無料、土日祝は1回150円(だったかな?)で利用できるそうです。子供同士で遊んでいる傍らで、ママ達は目を離すことなくゆったり出来るっていうのは有り難い!
まあ、この場所でずーっと遊んでいるわけではなく、すぐにふわふわアスレチックへ移動していってしまうので、さすがに2〜3歳児を持つ私たちは、あとを追いかけるのに座ってはいられませんでしたが・・・。

「そうそう、向こうにお砂場もあるんだよー!」
えええ??室内でお砂遊びが出来るの?!

201022-tenpo.5.jpg

ここは抗菌・浄化作用のある高級備長炭と抗菌砂で出来ているそうで、とてもきれいな砂場なんですって。砂の質も、海辺で遊ぶときのような細かく扱いやすい感じだし、全体的に湿り気があるので簡単に山やお城、プリンなどが作れる作れる!ちなみにシャベルや型などのお砂場道具は、その場に用意されていて自由に使うことができます。
裸足になって子どもたちが真ん中のテーブルで、一緒になって遊んでいる間、横のベンチで私たちはおしゃべりを楽しんでました。

201022-tenpo.6.jpg

またふわふわに戻る!と子どもたちが戻ってきたので、そのままシャワーで手足を洗って、備え付けのペーパーで拭いて。土っぽさがない砂質のせいか、変に服が汚れることもなく、パパっと払えばきれいになるのも普段の砂場とは違うところ。
夏場は屋根のない砂場は暑すぎたし、9月下旬くらいまで蚊も多かったので、つい砂場遊びから縁遠くなってしまっていましたが、久々に思いっきり楽しめました。

それから、0〜3歳児専用のコーナーへ。
それまで2人のお兄ちゃん達についていってばかりだった、8ヶ月になるお友達の姫は、自由きままにハイハイしたり、可愛い歩行器でスーイスイ!ここにはキレイに保たれた色んなおもちゃが棚に並んでいるし、絵本も沢山用意されていました。
小さめで浅いボールプールもあるので、腰が座ったベビちゃんなら十分楽しめます。

201022-tenpo.4.jpg

ちなみに、隣接してマンガ喫茶のミニミニ版のような大人向けスペースもありました。イメージ的には、ママが赤ちゃんと遊んでいる間に、パパがちょっとマッサージイスに腰掛けながら休憩?
マンガのラインナップも、ややラーメン屋や床屋さん的な香りのする感じでもありました。奥にも棚があったので、そっちには少女マンガ系などがあるのかしら??

さて、ふと気づけばもう13時!!
店内にあるカフェでちょっと遅めのランチを頂くことにしました。
白米かサフランライスかが選択できる各種カレーライス、数種類のパスタ、うどん、ホットケーキやキッズランチなどが注文できます。
今日は周りに誘惑が多いし、絶対食事に集中できなかろう・・・と察し、すぐにパパっと口にできそうな山盛りポテトフライ(300円)と、からあげカレー(750円)、そしてカレーにプラス100円で付けられるMサイズのドリンクをオーダー。
ドリンクとポテト(と、カレーに付いてたのかコーンポタージュスープも)を先に受け取り、カフェ内の席へ。

201022-tenpo.7.jpg

奥の一角にはローテーブルの席があったので、そこでゆったりと食事をとることが出来ました。普通の幼児用のイス以外にも、かわいいキッズ用ソファが何種類か用意されていて、このあたりにも普通のお店とは違うキッズパークならではの楽しさが!
その後もふわふわや、入口近くにあるゲームコーナー、駄菓子やさんなどを見たりと引き続き1時間ほど遊び、結局約4時間の滞在となりました。

201022-tenpo.11.jpg

車で八千代へ向かうや否や、なび息子はぐーぐー寝入ってました。
成田街道の途中(と、14号に入るあたり)がちょっと混みがちですが、このドライブ時間が丁度良い感じのお昼寝タイムになるので、これはこれでよし?
いつもの遊び場に飽きたらぜひぜひお試しあれ!

●AMAZING WORLD(アメイジングワールド)船橋店 047-495-0078
千葉県船橋市浜町2-2-7 ビビットスクエア4階(地図
※2010年11月時点
【営業時間】10:00〜18:00(定休日無し)
【駐車場】有り/3時間半無料
【ホームページ】http://www.amazingworld.jp/


posted by やちなび子 at 00:00 | Comment(0) |  >アミューズメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。